2019年12月 7日 (土)

トランプが何やってるか説明する時期が北 その2

昨日半分程度翻訳した「トランプが何やってるか説明する時期が北 その1」の続きをやっていきます。

 


世紀のウソ

大統領は軍の最高司令官であるのにも関わらず、米軍はCIAやNATOから直接命令を受けて動いているので、トランプは米軍をなにもコントロールすることができません。ディープステートとはワシントンとペンタゴンに居座る自分たちの意向にしか従わない政府高官達のことです。もし大統領は軍の最高司令官だと思うなら、なぜトランプがシリアやアフガニスタンから撤退しろと命令するたびに軍は無視したり増援したりするのか説明してください。この記事の執筆時には米軍とNATO軍はクルド人地区から引き上げイラクへと到達し、より武装強化してシリアの石油パイプラインへと舞い戻りました。トランプはまだまだディープステートの掃除をしなければペンタゴンが言うことを聞くようにはならないでしょう。トランプは激怒して軍が言うことを聞かない!と抗議するべきではありますが、これは危険です。なぜなら4億人の銃で武装した市民がディープステート・軍産複合体が政府の上に居座って自分の利益を追求していると知ったら内戦が勃発しかねないからです。そして民主主義とは一体何なのか?と人々は質問することになるでしょう。全体主義から人々の独立を守るのが銃なのです。

一世記以上ものあいだアメリカ軍やそのスパイ機関(CIA)がどれほど苦労して偽旗作戦を遂行してきたかを考える必要があります。その苦労によって民主主義の促進の名の下、人道の名の下、地球環境の名の下に彼らの国家介入が美しく正当化されるのです。1898年にはアメリカ海軍は自軍の戦艦メイン号を爆破することで米西戦争(スペインとの戦争)へと突入する口実を作り、1915年にはルシタニア号事件で第一次世界大戦へと参戦する。1941年には日本を追い詰めて真珠湾攻撃へと誘導し、10日前に攻撃計画を傍受しながらハワイ基地へは通達しなかった。北ベトナムのトンキン湾事件ではベトナム軍の哨戒艇が攻撃してきたことを口実にベトナムへ上陸する口実を作った。1991年にはイラク軍が介護施設を破壊していたと捏造し、クエートに侵攻した。2003年には大量破壊兵器をでっち上げてイラクに侵攻、1789年以来のアメリカ合衆国憲法修正条項を反故にするため911テロを演出してアフガニスタンへと侵攻、テロに対する宣戦布告を行った。このような偽りの美徳の仮面は、アメリカ市民の意見を統制するために必要であり、市民には自分達が正義の味方で民主主義の伝道師であると信じていてもらう必要があるのである。

撤退したはずのアメリカ軍がシリアに再侵入していると知った時、トランプはどのように反応しまたでしょう?トランプは全てのインタビューで繰り返し繰り返し「我々はシリアの油田を保護化に置いた。」と述べ、さらには「エクソン・モービルを送ってシリアの石油を管理してもらうのもいいんじゃないか?」とまで言っている。ネオコンやシオニストや銀行家たちはよだれを出して狂喜したが、世界の人々は憤慨した。怒った人々はトランプは副作用だけを求めてあえて口に苦い良薬を飲み込んでいるのを理解しないからなのだ。この薬の箱には小さな文字で但し書きが書いてある。「この薬は世界各地やアメリカ本土で憤慨した人々からの非難によってアメリカ軍やNATO軍を撤退させ得る副作用があります。」トランプは世間の注目を集めることでNATO軍がシリアに留まることが非常に難しい状況を作ったのだ。明らかに政治的に間違った石油利権丸出しの発言を丹念に繰り返しバッシングを受ける不可思議な姿をみれば、彼の真意が見えて来るでしょう。トランプは百年積み上げた西側諸国の偽りの美徳を一言で暴いてしまったのです。

トランプは歴史的特異点

トランプはアメリカ歴代大統領の内で、国民のために働こうとした4人目の大統領です。他の41の大統領は単に税金をあちこちに廻して、結果一部の私的銀行へと迂回するのが仕事でした。一人目の大統領はアンドリュー・ジャクソンで、彼はロンドン金融センターやロスチャイルドを名指しで非難して第二合衆国銀行を閉鎖したために射殺されました。そして次はアブラハム・リンカーンで、彼はロスチャイルドからの24%の利息での融資を断り、兵士への給与を支払うためにグリーンバックという国家発行の新紙幣を発行した後に殺害された。そしてジョン・ケネディは銀行と軍産複合体の利益構造に手を付けて暗殺された。そして現在、ドナルド・トランプが「権力を人々に取り戻す」というスローガンで現れたのである。

多くのビジネスマン同様にトランプは銀行がもつ強すぎる経済への影響力のため、大の銀行嫌いである。ヘンリー・フォードの唯一の著作「国際ユダヤ人」を一読すればフォードがどのくらい国際銀行家を嫌っていたかよく分かるでしょう。トランプの事業も「晴れの日には傘を貸して、雨の日には取り上げる」銀行によって苦しめられたのです。私企業である国際銀行がほぼ全ての国々の中央銀行を影から支配して、紙幣の創造から利率のコントロールまでに多大な影響力を持つことは、短命な任期しかない政治家の権力を遥かに超えます。2000年までに彼ら国際銀行家たちはあとちょっとで地球征服達成の夢が叶うところまで到達しました。しかし、2つほどの障壁が残りました:プーチン大統領と4億丁の銃で武装したアメリカ市民です。そこへオレンジ色の顔をしたドナルドの登場です。これが250年も続いた銀行家の世界支配から人々を救う最後のパズルのピースなのです。

トランプの交渉術と戦略

トランプは就任間もなくはナイーブで直接的なやり方を試している。まずはマイケル・フリンやスティーブ・バノンなど支配層に反対する人物を側近に添えて、同盟国の全てに難癖をつけ、関税を引き上げつつ、2017年と2018年のG7会議では同盟国を直接侮辱している。世論の反応は凄まじく、ロシア疑惑はこの反グローバル主義に諸凸盲信する危険な大統領を止める唯一の方法なんじゃないかと思えたほどだ。予想できるように、直接的なアプローチはうまく行かず、フリンやバノンは取り除かれ、トランプは透明性を保った方法ではにっちもさっちも行かないことを痛感する。トランプは権力にとどまり生き長らえつつも、地球上でもっとも危険な人たちを無力化する方法を探し出さなければならない。頭を使う時だ。

これがトランプの稀有な才能が世界にお披露目になる瞬間である。トランプは戦略と方法を大転換して、素人くさい決定や馬鹿げた提案をツイートしまくるようになった。表明的にはとんでもなく危険で馬鹿馬鹿しい発言ではあるが、トランプはこれらの表現をそのままの意味では使用していない。その代わりに、発言が触れ回る間に自然に起こる人々の気付きという二次的効果だけを期待しているのだ。トランプは人々が自分を馬鹿だと信じ込むことには意に介せずであり、二次的効果がもたらす結果だけを欲していた。ツイッターではピエロ役を演じたり、素人のフリをしたり、狂信的に振る舞ったり、単に馬鹿を演じたり、知らんぷりを決め込んでいる。トランプは意図的に政治的に不適切な発言をすることでアメリカの醜悪な面に人々の注意を向けているのだ。

この新しいアプローチの最初のテストはNATOによる北朝鮮の侵略を止めることであった。トランプは金正恩をツイッターでロケットマンと煽って、北朝鮮を核攻撃して更地にしてやろうと脅した。トランプはこのような政治的に明らかに不適切な発言をこれでもかと繰り返し、人々が「ああ、こういう独断的な理由で他国を侵略するのって悪いことなんだ」と腑に落ちるまで数週間吠え続けた。しかし、この副作用でNATOが身動きとれなくなった。そしてトランプはロケットマンに会いに行く。公園を仲良く談笑して歩いて新しい友好関係の始まりを印象づける映像をお届けしつつ、お互いとくに交渉することもないので実質的な交渉の成果もないのにお互い満足して帰った。多くの人が、これはノーベル平和賞に値するのではないかと考えているが、それはノーベル平和賞はキッシンジャーやオバマのような戦争犯罪人に授与されるものだということを知らないのだ。

そうしている間にベネズエラ情勢がおかしくなる。トランプは彼得意の戦術を一歩進めて洗練させ、誰も自由な独立国家の侵略を支持することが不可能なように反面教師を演じて世論を誘導する。トランプはネオコンの中でも最悪なエリオット・アブラムス(80年台にイラン・コントラ事件で偽証罪になった)と戦争仕掛け人である悪名高きジョン・ボルトンを担当に据える。さらにトランプは明らかに頭の悪そうな操り人形であるのが明らかであるフアン・グアイドをベネズエラの大統領として勝手に認識する。そして、トランプはベネズエラを瓦礫にすると脅してみせ、全世界があまりにおぞましいトランプの外交方針に呆気にとられる間にブラジルとコロンビアは軍を引き上げてベネズエラに介入する気は全く無いと言わせることに成功する。このトランプの粗治療は40の衛星国がアホを晒してグアイドを支持してしまうというコメディーを残して早々と立ち去る。トランプにとってベネズエラにはチェックリストに済マークつけて、リストの次の事項に進む時だ。

そしてイスラエルへの思わぬ2つの贈り物を献上が来る。エルサレムを首都と認め、さらにはゴラン高原の支配権を承認したのである。ネタニヤフ首相はあまり頭の切れが良くないようで単純に喜びはねた。そして全世界がトランプをシオニストだと批判した。しかし、二次的効果はいつも中の悪い中東諸国が反イスラエルで団結したのだ。歴史的に友好関係であるサウジアラビアですらイスラエルを公に批判するほどである。トランプの2つの贈り物は、結局イスラエルの背中をグサッと刺したのである。しかもNATOは中東に居づらい状況になっており、撤退が近いために、イスラエルの将来はあまり輝かしくはないのである。

現実が浸透するにつれて

これだけではない。トランプはNATOや米軍をコントロール手段がなく、打てる手は限られている。トランプがロシア、トルコ、中国、イラン、ベネズエラなどの国々に経済制裁を課しているのは一見すると手厳しいようではあるが、実際の効果としては米ドルによって国家を従属させる目的で作られたスイフト経済システム(Swift)の枠組みから押しのけてしまっており、これらの国々は米ドル支配の構造からすり抜け始めている。ロシア、中国、インドは米ドルを介さずに互いの国の貨幣を通じて国際取引する枠組みを構築することを強要されている状況なのだ。世界の両極化はもはや公然の周知であり次の経済制裁を通じてより多くの国々を米ドル支配から開放するだろう。これによってヨーロッパでは大手銀行が破産するだろう。

トランプがいる政治的な竜巻の中でも、トランプは独特の子供じみた傲慢さをもったユーモアを披露する余裕を見せる。バグダディが殺害される瞬間を見守る特別対策本部のトランプの様子は明らかに作り物であり、ビン・ラディンの殺害シーンを見守るオバマとヒラリーを揶揄するためのものだ。トランプは彼が入れるはずもない場所で、クソ真面目な顔つきの将軍達と膝を突き合わせた特別対策本部でわざとらしく写真をとってみせてオバマ・ヒラリーを笑っているのだ。さらにトランプは偽物のISISリーダーを見破るのに犬がバンツの匂いを嗅いで判定した様子を真面目に詳細を語るというジョークも付け加えている。さて、これでトランプが何者かわかっていただけたところで、皆さんはこれからのショーを楽しむことができるようになったことでしょう。

「我々はシリアの石油施設を確保した。」この短い発言でトランプは80年前に「戦争とは組織犯罪である」を著して世界を揺るがしたスメドレー・バルター将軍と肩を並べたと言っていいでしょう。石油利権を掠め取るのは民主主義や正義の促進ほどは美徳のある行為とは言えません。驚くことに911の真相の科学的な詳細や気候変動問題の欺瞞に詳しい独立系ジャーナリストやアルタネイティブ系の分析家ですらトランプについてはまるで頓珍漢な認識をもっているのには驚かされます。この三年間、主要メディアはトランプは精神的に問題があるとほぼ地球上の全員を確信させたかのようです。

まだトランプの使命を疑っているのなら、質問です。アメリカの明らかな帝国主義傾向は単なる偶然で説明できることでしょうか?まだロシア疑惑が原因でCIAやFBIやメディアや議会、連邦準備制度理事会、民主党と一部の共和党員がトランプを弾劾しようと頑張っているとお思いですか?メディアのメッセージの真逆が真実であることが世の中往々にしてあるものです。トランプは大統領執務室に足を踏み入れた男のなかで、もっとも気概がある人かもしれません。そして、もっとも野心的でポリティカル・コレクトネスに欠ける大統領であることは間違いありません。

結論

2020年から2024年にかけて世界は大きく変わるでしょう。トランプの任期の終了は面白いことにプーチン大統領の任期とも重なります。こんな偶然はまたとないでしょうし、この二人はいまやらなければ二度とチャンスがないことも百も承知なのです。二人は協力してNATOとSwift制度を終結させ、ヨーロッパ連合を瓦解する必要があります。テロリズムや気候変動問題は問題の火付け役とともに消え去るでしょう。トランプはCIAとペンタゴンの沼を干からばせ、連邦準備制度理事会を手中に収める必要があります。習近平とナレンドラ・モディ印首相とともに私企業世界銀行家に借金を一セントですら返済しないことで世界経済システムのリセットを起こし、自国の貨幣制度へと移行することで旧銀行はドミノのように瓦解するでしょう。オバマのような税金で銀行を助けるような操り人形はもうたくさんです。これが達成されたらば、夢のような平和と繁栄が世界を待っていることでしょう。我々の血税は軍の拡大や利子の返済ではなく、国の発展に使用されるようになることでしょう。

ここまで読んでまだトランプが理解できないのなら、あなたは無理です。あなたはもう真実を覆い隠す絨毯が剥ぎ取られていることに気づけない馬鹿で、トルドーやマクロン、グアイドとかのような支配層に便利な道具に過ぎないというわけです。


 

という訳でちょっと長いですが、なかなか説得力もあって程よく歴史をなぞってわかりやすい分析と思います。Qアノンとかはまったく無視しているあたりが新鮮ですが、陰謀論を出来るだけ廃して一般人にも受け入れられるような分析というのは需要あると思いますし、なんか田中宇さんっぽいスタイルですね。

私としても大筋同意なんですが、私はロッド・ローゼンスタインが黒幕だと思っているし、たぶんジェームス・コミーすら早々に寝返ったか二重スパイ状態でQに協力していたと見ているし、そうじゃないと流石にトランプ一人ではこんなにうまくことが運ばないと思うのですね。軍もトランプがアフガニスタンやイラクに電撃訪問したときの様子からしても大部分はQとともに統率できていると思うし、この辺は意見が割れる。軍の支持あってのトランプでしょう。

ジェームス・コミーいなかったらトランプ大統領は誕生していなかったはず。彼が投票直前にヒラリーの私的メールサーバーの再調査を発表してなかったらヒラリー大統領だった。

 

2019年12月 6日 (金)

トランプが何やってるか説明する時期が北 その1

ツイッターのTLに流れてきて読んでみたら非常に良かった記事をざくっと訳しますね。シルバインさんSylvain LAFORESTという方の記事だそうですが、まったく知りませんでしたが鋭い分析とわかりやすい文章で非常におすすめです。

このOrientalReview.orgというサイトは政治系ブロガーが集まって情報を発信するサイトだそうで2010年からあるそうです。大手新聞社のサイトなどとは違ったまあ個人ブログの集まりです。似たようなものでZeroHedge.comが有名ですが、たまにこれを普通のメディアが経営しているニュースサイトだと勘違いしていると思われる方がいますが、同一ドメインにいい記事集めたほうがグーグルからの検索結果で上位に来やすくなるので、ブロガーが集まってサイト運営することはよくあります。

ではシルバインさんの記事の翻訳に移ります。

 


トランプの行動を理解する良い時期が来た。謎めいた彼の行動を解読してみよう。このむちゃくちゃな大統領は皆さんが思っているよりもよっぽど明確な外交方針と国政方針を持っている。しかし、彼の目標を達成する道のりは険しく、権力の座を維持するのはもちろん命の保証すら怪しいので、トランプの戦略は非常に微妙で練り込まれていて、ほぼ誰にも理解することが不可能なのだ。彼の目標はあまりに野心的であるのでA地点からB地点まで到達するのに人類の理解を超えているような変態的経路を辿らなければならないのだ。ほぼすべての独立系ジャーナリストやアルタネイティブ系、西側メディアと一般人もまず理解できていなと言って良い。

トランプの戦略は薬を比喩にして説明すると簡潔で割と正確である。薬というのはある病気を治すようにデザインされているが、大抵は副作用が伴うものだ。トランプの場合、副作用目当てに薬を服用している感じだ。そしてその副作用が彼を暗殺から救うコツでもある。記事の終わりまでには、この比喩がほぼすべてのトランプの行動を説明することに気づくだろう。一度分かると、あなたはこの過去に前例が全く無いような、稀有な大統領のなせる技を堪能することができるだろう。

はじめに、トランプの使命の説明し易い部分から解明しよう。トランプは過去のアメリカ大統領が全く手を付けなかった問題、もっとも悪質な非人道的問題に手をつけているのであり、一般人はあまりに現状認識が現実から乖離しているためその問題の認識すらできないのである。メディアや教育システムは少数の超資本家によって牛耳られており、我々一般人は勝者によって捻じ曲げられた人類の歴史を学び、真実の真実を知らないし、現在の世界の現状認識も全く間違っているのだ。トランプは大統領選挙へ出馬を表明してから”フェイクニュース”という言葉を流行らせることに成功し、メディアというのは必ず嘘をつくのだというメッセージを投げ続けた。このフレーズはもはや世界中で誰でも知っているようになった。しかし、あなたが知っていると思っていることのほぼ全てが嘘っぱちであることを知ることがどれだけショックであるかあなたは知っているだろうか?メディアは政治や歴史問題でのみ嘘をつくのではありません。経済、食べ物、気候、健康などなんでもあなたの認識は都合よく歪められているのです。

例えば、もしケネディ暗殺の犯人は謎ではないし、真珠湾攻撃の兆候もアメリカは知っていたのは裁判で明らかになっているし、二酸化炭素の温室効果説はデタラメであり、貨幣経済というのは一般人が銀行から借金することによって無からお金が発生するものだし、911テロはアメリカ内部の犯行であったことが科学的に100%証明できるなんてことを言ったらあなたは驚きますか?こんな話、主要メディアやPBSドキュメンタリー、大学教授から聞いたことありますか? アメリカ大統領過去の44代はこれらの隠蔽された事実に対処することなく去りました。45代大統領トランプは知っています--隠蔽された事実についての無知から人々を開放することが自由を取り戻す第一歩なのだと。それに向けて主要メディアを名指ししてメディアは”病的な嘘つき”であると批判するのです。

まずはこれをはっきりさせよう。支配者階層から見たらトランプは一般が信じるようなキチガイでも何でもなく、むしろ彼らの支配構造に対する脅威であると思われているのである。だから就任後からトランプはナルシストであるとか、人種差別主義、性差別主義、気候変動問題否定派であると批判され、過去のいかがわしいゴシップや精神的問題などでメディアは攻撃し続けた。大体60%ほどのアメリカ人は主要メディアを信頼しなくなったとはいえ、それでも多くの人がトランプは大統領にはふさわしくない器量であるとか、ややおかしな性格であるという印象を持っている。国内ならまだしも、アメリカ国外となればトランプのイメージはもっとひどいものになる。もちろんトランプ自身もそういった印象を改善しようと何か対策を立てるわけでもない。むしろツイッターではっきりと議論を呼びそうな問題発言を繰り返し、思慮が浅く即断する馬鹿のフリを決め込んで、非論理な行動を繰り返し、毎日のように嘘を並べ、非難決議や経済制裁をお祝い事でバックから飴玉を投げつけるような調子でボンボンと繰り出すのだ。ここで、主要メディアが繰り返すウソを明らかにしてみましょう。トランプの行動はメディアが言うような病的なナルシストであるというよりも自傷行為に近いのです。ナルシストなら周りからちやほや褒めて貰いたいはずでしょう?トランプは全く他人が彼を好きになってくれるかどうかなんて気にしていないのです。つまり真逆です。

トランプの目標は彼が好きな「人々に権力を取り戻す」というモットーに現れています。なぜならアメリカは一世期以上もの間、少数のグローバル主義の銀行家、軍残複合体、多国籍企業によって牛耳られているからです。これを達成するには、海外でのアメリカが関わっている戦争を終結させる必要があり、NATOとCIAを解体し、中央銀行の支配権を取り戻し、同盟国との縁を切り、銀行の国際決済システム(SWIFT)を解体し、メディアの信用を聚落させプロパガンダを終結し、ディープステートのスパイ行為を無力化し、三権分立や国際関係を立てに抵抗する政府内の的を無力化する必要があります。簡潔に行って、トランプはNew World Orderとそのグローバル主義的理想を破壊する必要があるのです。そんな計画は巨大であり危険です。しかし、トランプは孤独ではありません。

トランプのテクニックや戦略について語る前に、世界で本当は何が進行していたのかを知る必要があります。

 

偉大なるロシア

 

初代ロシア皇帝ピョートル一世以来、ロシアの歴史とは国家の政治的、経済的な独立を国際的銀行や覇権主義から保つことへの断固とした意志の顕示といえます。そして、他の同様に独立を保ちたい国々を助けてもいるのです。ロシアはアメリカをイギリス帝国(ロスチャイルド)から二度手助けしています。一度目は独立戦争を表立って支持したときであり、そして二度目はロスチャイルドが資金援助して企てた市民戦争の時です。ロシアはナポレオンもナチも撃退していますし、どちらも国際的な銀行から独立国家を弱体させる目的で資金援助が出ていたのです。独立がロシアのDNAなのです。ソビエト連邦の解体の混乱の10年にも及ぶ西側諸国の経済的侵食が続くなか、プーチンが権力の座について以来、ロスチャイルドの侵食は食い止められ、駆除されました。それ以来、プーチン大統領は1944年以降にイギリス帝国に取って代わったアメリカ帝国(New World Orderの現状の本体)を攻撃・牽制することに注力します。イギリス帝国とアメリカ帝国の違いはほんのわずかで、どちらも中央銀行を支配構造に持ち、資本家のメンバーがちょっと入れ替わり、イギリス帝国軍がNATOに変わった程度です。

トランプが就任するまで、プーチンはNew World Order勢力と一人で戦っていたようなものでした。New World Order勢力は石油に固執します。なぜなら石油が世界経済を回している血液からです。石油は金よりも1000倍も価値があるのです。貨物船、飛行機、軍隊も石油がなくてはどうしようもありません。プーチンはグローバル主義に対抗するために世界でも最高水準のミサイル攻撃・迎撃システムを構築しました。そのためロシアがシリアやベネズエラ、イランのような独立産油国を保護することができるようになりました。国際銀行家やアメリカの影の政府はいまだにシリアにこだわっています。なぜならシリアでの勝利なくてはイスラエルの覇権はありえず、中東の石油を統一管理する夢が潰えるのです。シリアの戦争は人道問題なんかではないのです。石油がすべてです。

世紀のウソ

大統領は軍の最高司令官であるのにも関わらず、米軍はCIAやNATOから直接命令を受けて動いているので、トランプは米軍をなにもコントロールすることができません。ディープステートとはワシントンとペンタゴンに居座る自分たちの意向にしか従わない政府高官達のことです。もし大統領は軍の最高司令官だと思うなら、なぜトランプがシリアやアフガニスタンから撤退しろと命令するたびに軍は無視したり増援したりするのか説明してください。この記事の執筆時には米軍とNATO軍はクルド人地区から引き上げイラクへと到達し、より武装強化してシリアの石油パイプラインへと舞い戻りました。トランプはまだまだディープステートの掃除をしなければペンタゴンが言うことを聞くようにはならないでしょう。トランプは激怒して軍が言うことを聞かない!と抗議するべきではありますが、これは危険です。なぜなら4億人の銃で武装した市民がディープステート・軍産複合体が政府の上に居座って自分の利益を追求していると知ったら内戦が勃発しかねないからです。そして民主主義とは一体何なのか?と人々は質問することになるでしょう。全体主義から人々の独立を守るのが銃なのです。


疲れたので、続きはまた後日。まだ半分くらい。

追記)書きました。こちらからどぞ。

トランプが何やってるか説明する時期が北 その2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

«Q関係のスレまとめ。時事問題雑感。

やっつけタイムライン

オススメたち

  • Librem One

    LibremOneでプライバシーを取り戻せ!VPN、eメール、チャット、ソーシャルメディア詰め合わせサービス

    follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。RSSを表示

    超安定なLinux Mintを応援中



    超かっこいいジャズピアノ岩瀬章光

    Jenny Mayhem超おすすめ

    今読んでいる

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

はてブ

無料ブログはココログ