2018年9月 2日 (日)

ElementaryOS: ウィンドウズ10のVMをVirtioドライバでKVMに直インストール!

さてElementaryOSをインストールしたら、次はやっぱりウィンドウズ10のVMも手元にあるといいですね。ウィンドウズ10はライセンスなくてもマイクロソフトからISOをダウンロードして使いつづけられるのでウィンドウズVMとしては割といいかもしれないです。アクティベーションをしないとウィンドウズの細かいカスタマイズができない制限(例:タスクバーを上にしたいなど)がありますが、デフォルトで使い続けるのは可能のようですし、ウィンドウズアップデートもできるのでセキュリティ的にも安心。MSNにアカウント作らないといけないですが、これならウィンドウズ7を使い続ける理由がかなり減ります。

KVMのインストール

KVMでVMをつくる場合、CPUとマザーボードがKVMをサポートしてないと無理なのでまずはこれをクリアします。基本的に、kvm-okコマンドをやってOkになるようにBIOSを設定します。

素のLokiではおそらくkvm-okコマンドがないとなって

sudo apt-get install cpu-checker

をしろと言われるのでします。

で、次はこの微妙に古いUbuntu 14.04 LTS用のインストールガイドを参考にkvmをインストールします。

Lokiは16.04ベースですが、記事にもある14.04用の下のコマンド一発でインストール完了なので、記事はみなくともいいかも。

sudo apt-get install qemu-kvm qemu virt-manager virt-viewer libvirt-bin

virt-managerでGUIからVMのインストールをやっていきたいのでvirt-managerが入っています。

ウィンドウズ10のVMをvirtioドライバをつかってインストール

次はこのガイドにしたがってウィンドウズ10のVMを作ります。ガイドではコマンドラインでVMのインストールをしていますが、ここではvirt-managerでVMの制作をしてからガイドの3にもどってウィンドウズ10へvirtioドライバーの追加をします。

virtioを使わなくともウィンドウズ10のVMはつくれますが、KVMだとrawデバイスにしてもVirtualBoxより遅い感じでした。なのでKVM hypervisor用に作られたvirtioをつかって本来のパフォーマンスを得たいのですが、ウィンドウズ10のインストールディスクにはvirtioのドライバがないのが問題。しかし、上記ガイドのおかげでウィンドウズ10のインストール中にvirtioのドライバを追加する方法がわかりました。

基本的には、Fedoraが提供しているウィンドウズ用にビルド済みのバイナリがあるので、リンク先の[Stable virtio-win iso]からISOをとってきます。私が落としてきたのはvirtio-win-0.1.141.isoというファイル名でした。これをvirt-managerでウィンドウズ10のインストール開始直前にVMにCDとしてマウントして、ウィンドウズ10のインストール中にCDからvirtioのドライバをインストールしてやればよいのです。

  1. virt-managerを開いたら、File->New Virtual Machineを選び、VMの制作を開始します。

  2. 次の画面ではLocal install media (ISO image or CDROM)を選び、Forward。 01newvm

  3. 次はUse ISO imageを選び、ウィンドウズ10のisoを選択。 02newvm

  4. 適当に4GB以上のメモリとCPUコア好きなだけ割り当てる。 03newvm

  5. Select or creat custom storageを選択して、[Mange...]ボタンを押す。 04newvm

  6. プラスのボタンから新しいボリュームの制作。拙宅のインストールガイドに従った場合、/homeディレクトリは別のパーティションになっているはずだが、そうするとおそらく左側にはdefaultとDownloadsの2つのプールがあるはず。defaultは/varに置かれているのでメインのパーティションになるので、メインは貴重なSSDのパーティションだったりする場合、余裕のあるDownloadsを選択してからプラスのボタンを押して新しいボリュームを作ったほうが良いかも。 05newvm

  7. 適当にボリュームに名前をつける。私の場合、Formatをrawにした。これはIDEデバイスとしてならデフォルトのqcow2よりもrawの方が速かったからだが、今回はVirtioデバイスになるのでqcow2のままでも良いのかもしれないが試していないのでrawにしておく。ウィンドウズ10は容量結構いるので100GBくらいあげたい。あとからディスクイメージの拡張も簡単なのでケチってギリギリ20くらいでもインストールはできる。でも長く使うなら60くらいは最低欲しい。 06newvm

  8. 最後の画面で、Customize configuration before installをチェックする。ここ重要。 07newvm

  9. ここでVMの編成をインストール前にいじれるので、さっきダウンロードしたvirtioのISOをマウント(10に説明)して、さらにHDDをvirtioデバイス(11に説明)にする。 08newvm

  10. まず09の画面左下のAdd Hardwareボタンを押し、Storageを選択して、Select or creat custom storageをチェックし、virtioのISOを選択し、Device typeをCDROMにする。もともとあるCDROM 1にメディアマウントされていないっぽいのでそっちを使えばいいじゃないかと思うかもしれないが、そっちはウィンドウズ10のインストールメディアがマウントされる予定らしく開けておかないと失敗する。 09newvm

  11. IDE Disk1を選択して、Device busをIDEからVirtIOに変更しておく。 10newvm

  12. これで準備完了なので左上にある[Begin installation]を押してウィンドウズ10のインストール開始。

  13. ここからは適当に指示に従って、このガイドのステップ3にある Where do you want to install Windows?の画面まで進める。

  14. バスをIDEからVirtioに変更したので仮想HDDがウィンドウズ10からは見えなくなっているので、左下[Load driver]のボタンを押して、ウィンドウズ10にVirtioのドライバーを追加する。ここでパスは上記ガイドにあるようにviostorフォルダからWindows 8.1を選びamd64を選ぶ。ウィンドウズ10なのに8.1?と思うがそうなのだ。

  15. これでHDDが見えるようになったはずなので選択して、あとは流れでコルトナの声にびっくりしながらインストールをすすめればOk。

ちなみに

VM上では左のCtrl + AltでマウスがHostのOSへ帰ってくるので、全画面とかにした場合は、この状態で画面中央上にマウスを持って行くと全画面から脱出するアイコンが出てくる。

メモリとCPUコア数にもよりますが、VirtioにするとKVM上でのウィンドウズ10は結構パフォーマンスよい気がします。GPUパススルーとかもやってみたいですが、結構そう。

2018年8月 3日 (金)

Letter from home、September15thなどなどのピアノアレンジが素晴らしい件

ユーチューバーが弾いてみた動画をたくさんあげているこのパットメセニーの曲。弾きやすいし、かっこいいし、是非暗譜していつでも弾ける曲として脳内にストックしておきたい曲です。

弾いてみた動画のなかでもこのアレンジは弾きやすさとカッコよさの両方でかなりイケていると思われるので、紹介です。

scribdに楽譜をあげていたようですが、現在はアクセスできない状況。推して知るべしですが、やっぱ楽譜ないと不便。

というわけでスクリーンショットをとって楽譜に仕上げてみました。まあ怒られたら消します。

Letter_from_home

こちらはEscherさんという方のバージョン。これもまた良い。

で、ピアノアレンジではなく、オリジナルのライブパフォーマンスはこちら。いやー、パットメセニーうめぇ。

そしてこちらはSeptember 15th。こちらも弾きやすそう。

これNicola Moraliという方が採譜、アレンジ、演奏したものらしいですが、素晴らしいクオリティーで、しかも私でもわりとすぐ弾けそうなので貼っておく。ライル・メイズはほんとに仕事のお供としてすんばらしい。2ヶ月くらい毎日聴いてても飽きない。

1980年の9月15日はビル・エバンスの命日らしくこの曲はトリビュートらしいです。マイルスが死んだ時にチック・コリアがスタジオ入って一気にChick Corea Akoustic Bandのアルバム作ったりとかそういうの鬼気迫るような集中力でるんだろうなぁ。

September 15th Pat Metheny & Lyle Mays, Piano solo Sheet Music transcription and arrangement by Nicola Morali on Scribd

そしてこちらはLyle Maysソロの方。ピアノソロではないし、難易度も高いが、すげーかっこいい。

«ElementaryOSのすゝめ。インストールから日本語入力まで。

広告欄


広告欄

Amazon

  • ブログ記事にした商品のアフィ

    デジピはヤマハが音質・キータッチとも一番良いです。

    レビュー記事かいた程おすすめのワイヤレススピーカー。

    安いタブレットとして買い替えに最適

    速くKindle化して欲しい

やっつけタイムライン

はてブ

人目の訪問です。

  • follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。RSSを表示

    当ブログは超安定なLinux Mintとシンプル&スタイリッシュなElementaryOSを応援しています。







    Jenny Mayhem
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ