« 英語版Vista32bitでATOKを使う | トップページ | TiddlyWiki便利すぎ。 »

2009年2月26日 (木)

JabRef2.4でpluginを使ってみる。

Version 2.4からPlug-inが使えるようになったJabRef。目玉はOpenOfficeのWriterで使えるReference挿入のPlug-inとRIS FormatでもExportできるようになるPlug-inの2つかな。

使い方は,JabRefの本体のあるフォルダのなかにpluginsという名前のフォルダをつくって,そこにダウンロードしたPlug-inのjarファイルを置けばいいだけ。

次の起動から認識されて,RIS のExport filterは何の設定もいらずに,普通にExportしようとするとRIS が選べるようになっている。ZoteroにJabRefのエントリーをImportする時に便利。

OpenOfficeのPlug-inは,まずOpenOfficeのWriterを先に起動しておき,JabRefを立ち上げる。で,Plug-inからOpenOfficeのPlug-inを起動する。初めて使うときは,まずStyle fileを指定しないといけないので,サンプルをここからダウンロードしてくる。

で,メニューからSelect style fileに行き,Pathを指定してやる。

これで,準備が出来たのでConnectを押して自動でOpenOfficeへのPathを認識させる。

あとは,Document内の好きな場所をクリックしておいて,JabRefへもどり引用したいReferenceを選択状態でCiteのボタンをおせばOK.

Style fileはテキストエディターでいじることで,自分の好きなStyleにカスタマイズ可能。これは基本的にJabRefのLayoutファイルと同じ感じでカスタマイズ出来るので,JabRefのヘルプを参考にしていじる。

文章中の位置で番号をつけるかどうか,番号じゃなく名前と年形式にするかなどもこのStyle fileで決める。

途中で,Citationを消してもSynchボタンを押せば,簡単にUpdateされる。いまのところかなり快適。

Zoteroでも似たようなことが出来るらしいが,JabRefの方が好みなので試してない。

« 英語版Vista32bitでATOKを使う | トップページ | TiddlyWiki便利すぎ。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169291/28370849

この記事へのトラックバック一覧です: JabRef2.4でpluginを使ってみる。:

« 英語版Vista32bitでATOKを使う | トップページ | TiddlyWiki便利すぎ。 »

広告欄


やっつけタイムライン

広告欄

はてブ

人目の訪問です。

  • follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。現在Feedlyに122人登録頂いています。多謝!RSSを表示

    ブログランキング用 にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ ブログランキングならblogram






    Jenny Mayhem
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

IT技術注目記事

無料ブログはココログ