« ATOK2009の英語入力モードを英語キーボードで簡単に切り替える | トップページ | JabRef2.4でpluginを使ってみる。 »

2009年2月17日 (火)

英語版Vista32bitでATOKを使う

エントリー前後するけど、一応。

メインマシンのラップトップDell Vostro 1400は32-bit 英語版Vistaで使用中。で、MS-IMEはやっぱり好きになれない。

昨年、ATOK2008が月額料金で使えるようになったのを機に、試用版をインストールしてしばらく使い続け、問題なかったので使用期限ちょいまえに購入に踏み切った.

一応サポート外の扱いだけれども、それから半年以上使って全く問題なし。ATOK2009への自動アップデートも問題なく行われて、強化された英語入力モードが使えるようになった。

« ATOK2009の英語入力モードを英語キーボードで簡単に切り替える | トップページ | JabRef2.4でpluginを使ってみる。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169291/28148132

この記事へのトラックバック一覧です: 英語版Vista32bitでATOKを使う:

« ATOK2009の英語入力モードを英語キーボードで簡単に切り替える | トップページ | JabRef2.4でpluginを使ってみる。 »

広告欄


広告欄

Amazon

  • ブログ記事にした商品のアフィ

    デジピはヤマハが音質・キータッチとも一番良いです。

    レビュー記事かいた程おすすめのワイヤレススピーカー。

    安いタブレットとして買い替えに最適

    速くKindle化して欲しい

やっつけタイムライン

はてブ

人目の訪問です。

  • follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。RSSを表示

    当ブログは超安定なLinux Mintとシンプル&スタイリッシュなElementaryOSを応援しています。







    Jenny Mayhem
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ