« サーファーによる大統一理論はどうなった? | トップページ | PythonでMatlabライクな環境を構築してみる その1 »

2010年10月11日 (月)

高機能で軽いかも フリーのオフィスソフトOxygenOffice3.2をつかってみた。

追記)時は流れ、OxgenOfficeのWikiが変なことになって、あんまりメンテが良くないかんじなのでLibreOfficeを入れましょう。オラクルさんのOpenOfficeは使ってないのでわかりません。オープンソースの開発者はFreeでOpenで在り続けるLibreOfficeの方に移っているのでLibreOfficeの方がたぶんいいでしょう。

気づけばPowerpoint2007のUIにもなれてきた今日この頃ではありますが、家で仕事するためにわざわざ2007をインストールしようとは思わないし、PowerPointって視覚的効果がじみだなぁとも思ったりする。

最近よくみかける3Dの視覚効果。例えばTransition(次のスライドへ移ること)で画面がなめらかに3Dで回転したりするやつ(上のビデオ参照)。いったい何のソフトつかっているのか気にはなっていたけども、アップルのiWorkとかで出来るっぽいがアップルはどうも肌に合わない。。。

てなわけでWindowsで使えるいいフリーソフトないかなっ!となるんだけど、OpenOfficeってJavaのせいかなんか遅いし(追記:Ubuntuで使ったらやたら速かった。一番下参照)Powerpointがあるパソコンに入れてまで使おうとは正直おもわない。別にOpenOfficeのように総合的なものじゃなくてプレゼンテーションソフトだけでいいので、なにかフリーでいいものはないかBingで検索してみたが、どうもこのレビューによると結局OpenOfficeが無難なようだ。

そういえばちょっと前にスラドのこの記事を読んでさらになにがなんだか分からなくなったがOpenOfficeにはいろいろ派生版があるのを思い出す。(つーか記事中なんでオラクルが出てくるのかと思っていたらSunがOracleに買収されてたのか。)

まとめると、どうやら本家はOOoで、派生版には Go-oo、 OOOPとかOxygenOfficeとかあるらしい。Go-ooというのは本家より機能が多くさらに起動や操作が早いらしい。OxygenOfficeというのはそれにいろいろとテンプレートやフォントなどを追加したものらしい。てなわけでOxygenOfficeってのがなんか良さそう。

OxygenOfficeのサイト
http://sourceforge.net/apps/trac/ooop/wiki
http://sourceforge.net/projects/ooop/

最新版は3.2.1.4。さすがに300MB以上あるとダウンロードかかるなぁ。インストールもCompleteを選んだら結構かかる。

日本語版もあったけど最新版のダウンロード数が6月からの3ヶ月で226と少ないのでユーザーの存在感をあげるべく日本語版をダウンロードしたかったが、結局は翻訳を信用していいのか迷って英語版をダウンロードしてしまった。でも英語版でもダウンロード数は2600ちょっとだったし、よく考えれば本家の翻訳ほとんどそのまま使えるはずだしOKだったのかも。とはいえ本家も英語版つかってたから想像の範囲。

さて初回起動は確かにちょっと早いのかなぁという感じ。本家アンインストールしてから入れたのでちゃんと比較はしてないけど印象としてはもっさり感が多少ましかも。まあはっきり分かる程度ではなかったかも。

しかしCntl+Mで次のスライド追加!とおもったらこのショートカットはないらしい。本家はどうだっただろうか。。とおもいHelpからUser's Manualを開いてみたらWriterが起動してしばらく応答しない。Manualがでかいからだろうけどスクロールできるようになるまで10-20秒かかったきがする。結局Manualにはショートカットキーのリストはない。Tools->CustomizeからKeyboardのタブいってCntl+Mをしらべると何もアサインされていない。ちなみにCntl+Dでスライドの複製もない。しょうがないのでCntl+Mを選らんでInsertのカテゴリーからSlideを選んでModifyでアサインした。Cntl+Dも同様にInsertのDuplicate slideで設定した。これでまあ大体普通に使えるな。

期待していた3DのTransitionはOxygenOfficeで確かに出来るらしいけどこの機能はLinux版のみ!らしい。こちら参照
どうやら利権の関係でWindowsではOpenGLをOpenOfficeから使えないようだ。<-勘違い、どうやら単にWindowsに機能を移植する予定がないようで非常に残念。Ubuntuデュアルブート環境にしてしまうのが一番らくそうな気がしてきた。追記)最近、家ではUbuntuメインになってしまった。起動がやたら早いし、Wineで最小限必要なウィンドウズのソフトが動くようにすると本当にウィンドウズ起動しなくなった。apt-get使わなくてもUbuntu Software CenterからGUIのみでなんでも揃うし。なによりUbuntu上ではOpenOfficeはかなりサクサク動く。Go-ooは現在開発終了でLibreOfficeにマージされているのでRC1を入れれば3DのTransitionを堪能できます。

« サーファーによる大統一理論はどうなった? | トップページ | PythonでMatlabライクな環境を構築してみる その1 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169291/37173462

この記事へのトラックバック一覧です: 高機能で軽いかも フリーのオフィスソフトOxygenOffice3.2をつかってみた。:

« サーファーによる大統一理論はどうなった? | トップページ | PythonでMatlabライクな環境を構築してみる その1 »

広告欄


やっつけタイムライン

広告欄

はてブ

人目の訪問です。

  • follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。現在Feedlyに122人登録頂いています。多謝!RSSを表示

    ブログランキング用 にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ ブログランキングならblogram






    Jenny Mayhem
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

IT技術注目記事

無料ブログはココログ