« PythonでMatlabライクな環境を構築してみる その4 | トップページ | Dell Vostro 1400 Vista再インストールしたらBluetoothが使えない 解決法 »

2010年11月10日 (水)

PythonでMatlabライクな環境を構築してみる その5

iPythonを色々とカスタマイズしたいところだけどもとりあえずはmatplotlibのインストールを終わらせてMatlab気分を味わうことを優先。

公式ページ: http://matplotlib.sourceforge.net/
Sourceforgeのダウンロードサイト: https://sourceforge.net/projects/matplotlib/files/matplotlib/matplotlib-1.0/

matplotlib-1.0.0.win32-py2.6

をダウンロードして例のごとくインストーラーの保存用のフォルダーへ移動してから起動して,導入先も初期パスでOKなのでNext連打する。

いつものように C:\Python26\Lib\site-packages に新しいフォルダー(matplotlib)が出来て導入終了。テストに移る。テストはipythonを-pylabモード(ipythonがmatplotlibを認識してmatlabに似た使い勝手になるらしい)で起動してmatplotlibのhistコマンドを使ってみてうまくいけば問題ないとしよう。どうやるのが一番良いのかは分からないが,いまのところこれでうまくいった。

1 ipython.batのショートカットをデスクトップに制作。
2 プロパティーから起動オプションへ - pylabを追加(C:\Python26\Scripts\ipython.bat -pylab)

これでショートカットから簡単にipythonを-pylabオプションで起動。このオプションの動作としてはfrom pylab import *が起動時に行われているらしく起動に結構時間がかかるのでめげずに待つべし。(小生はフリーズしたと思ってしばらく悩んでしまった)

Welcome to pylab, a matplotlib-based Python environment.

と出てきたら成功!
後は

hist(rand(100))

としてみて,にょきっとプロットが出てきたらテスト成功。まじでMatlabみたいに使える!結構感激。

« PythonでMatlabライクな環境を構築してみる その4 | トップページ | Dell Vostro 1400 Vista再インストールしたらBluetoothが使えない 解決法 »

Python」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169291/37603523

この記事へのトラックバック一覧です: PythonでMatlabライクな環境を構築してみる その5:

« PythonでMatlabライクな環境を構築してみる その4 | トップページ | Dell Vostro 1400 Vista再インストールしたらBluetoothが使えない 解決法 »

広告欄


広告欄

Amazon

  • ブログ記事にした商品のアフィ

    デジピはヤマハが音質・キータッチとも一番良いです。

    レビュー記事かいた程おすすめのワイヤレススピーカー。

    安いタブレットとして買い替えに最適

    速くKindle化して欲しい

やっつけタイムライン

はてブ

人目の訪問です。

  • follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。RSSを表示

    当ブログは超安定なLinux Mintとシンプル&スタイリッシュなElementaryOSを応援しています。







    Jenny Mayhem
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ