« 西大伍 代表初選出!!! | トップページ | 中国製のフリーのウェブブラウザ Maxthon 使ってみた。 »

2011年5月28日 (土)

64-bit版Windows 7で32-bitのソフトが遅い時、XP互換モードが有効

新しいノートパソコンかって64-bit版Windows 7にしてからいままでより遅くなっているソフトが結構ある。

64ビットっていったい何なんだろうか。64ビットなんて研究とか特殊な用途以外は誰もいらないんじゃないかと思ってしまう。

いろいろとぐぐっても5-10%くらい早くなる場合が多いが、劇的に早くなる用途はビデオのエンコーディングとかに限られているようだ。ドライバー、ソフトの64ビット対応は遅々として進まない。PythonもCPython自体は対応したけど、Numpyとかたのライブラリーが追いつかない。MATLABはちゃんと対応していてさすがだけど、2007bみたいな古いバージョンだとmexのコンパイルが標準ではできなくなってしまったし、まだまだいろいろと苦労させてくれる。現在Visual C++ 2008 Express editionでmexのコンパイルできるように格闘中。まだ成功せず。

例えばLibreOfficeがもっさりと遅いので、ためしにXP互換モードで起動したら普通のスピードになった。他にもIgor Proのバージョン6とかWindows 7に対応する前のバージョンのを使うときは互換モードが有効なようだ。ようはProgram Filesにあるのは64ビット対応済みだけどx86の方に入ったのは全部互換モードを試してどっちが速いか確認したほうがいいみたいだ。昔のソフトを立ち上げるとAeroを切ることになるので最初からWindows 7 basicのテーマを選んでAeroなしにしてしまった。

互換モードやり方:

LibreOfficeのアイコンを右クリックして、プロパティをよぶ。
互換モードのタブをひらいて、最初のプルダウンメニューからXPを選んでチェックボックスもチェックする。

« 西大伍 代表初選出!!! | トップページ | 中国製のフリーのウェブブラウザ Maxthon 使ってみた。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169291/40171544

この記事へのトラックバック一覧です: 64-bit版Windows 7で32-bitのソフトが遅い時、XP互換モードが有効:

« 西大伍 代表初選出!!! | トップページ | 中国製のフリーのウェブブラウザ Maxthon 使ってみた。 »

広告欄


やっつけタイムライン

広告欄

はてブ

人目の訪問です。

  • follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。現在Feedlyに122人登録頂いています。多謝!RSSを表示

    ブログランキング用 にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ ブログランキングならblogram






    Jenny Mayhem
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

IT技術注目記事

無料ブログはココログ