« 意外に簡単。Cythonのインストール・使い方覚書 | トップページ | boost.pythonをWindows 7で試す。 »

2011年7月11日 (月)

論文中のギリシャ文字など特殊文字のインサート

日本では英語で論文書くとき、アルファ(α)とかベータ(β)とかのギリシャ文字を入力するときは、まずaとかbを書いて、フォントをシンボルに変更ように教えられた。ArialとかTimes new romanで書いてきて、しょっちゅう一文字だけSymbolにすることになるのでMS-WordではツールバーにフォントのアイコンをつくってTimes new romanとSymbolを行ったり来たり簡単にできるようにしてつかっていた。これを同じことをOpenOfficeやLibreOfficeのImpressでプレゼンテーションつくるときにやろうとおもったらどうもできないっぽい。

しかし、ここでおもいだした。こんなことをする必要がそもそもないのだ。実は欧米ではSymbolのフォントなんてだれも使ってない。有名どこのTimesとかのフォントはギリシャ文字くらいは含まれているのでInsertからSpecial Characterにいって欲しい文字をクリックして入力するのが普通。

SymbolがArialとかTimes new romanに混じっている場合、後からフォントを変えようとおもうと、Symbolの所だけ直さないといけなかったりする。こんな苦労はフォントに含まれるギリシャ文字をつかっていれば起きない。

まあ、Symbolつかって論文投稿してもそれでRejectになることもないだろうし、コピーエディターの人がひっそりと直してくれるのでどうでもいい話です。

« 意外に簡単。Cythonのインストール・使い方覚書 | トップページ | boost.pythonをWindows 7で試す。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 論文中のギリシャ文字など特殊文字のインサート:

« 意外に簡単。Cythonのインストール・使い方覚書 | トップページ | boost.pythonをWindows 7で試す。 »

広告欄


やっつけタイムライン

広告欄

オススメたち

  • Librem One

    LibremOneでプライバシーを取り戻せ!VPN、eメール、チャット、ソーシャルメディア詰め合わせサービス

    follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。RSSを表示

    超安定なLinux Mintを応援中



    超かっこいいジャズピアノ岩瀬章光

    Jenny Mayhem超おすすめ

    今読んでいる

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

はてブ

無料ブログはココログ