« Jリーグの勝ち点をpylabでプロットしてみたら無駄に美しかった件。 | トップページ | Jリーグの勝ち点をpylabでプロットしてみた2。 »

2011年9月 2日 (金)

pylabのimshowをMatlabのようにカクカクなピクセルで表示

Test

pylabを使っていると、デフォルトの設定がMATLABと違うこともあり、度々ドキュメンテーションを見に行かなければいけない。
pylabのimshowはデフォルトではblurがかかって滑らかな表示になって、写真などのイメージを見る場合はこの方がきれい。しかし、研究に使うとなると正確さが一番なのでMATLABのようにピクセルの形がみえるような表示が好ましい。ま、設定できるだろうとおもいつつも、なかなか調べずにいた件をようやく調べたのでメモ。

ドキュメンテーションによるとinterpolationというパラメーターを指定すればいいらしい。

imshow(data)
だと左のようになる。
imshow(data, interpolation='nearest')
だとMATLABのようになる。

from pylab import *
data =randint(0,255,(15,5))
subplot(121)
imshow(data)
subplot(122)
imshow(data, interpolation='nearest')

追記) site-packages\matplotlib\mpl-dataにあるmatplotlibrcファイルを書き換えて、デフォルト設定を変更することもできる。これは楽。
295行目あたりにあるimage.interpolationを
image.interpolation  : nearest
のようにnearestに書き換える。行頭のコメントアウトの#を削除するのを忘れずに。(まめちき:アメリカでは#はパウンドと呼びます。シャープではない。)

« Jリーグの勝ち点をpylabでプロットしてみたら無駄に美しかった件。 | トップページ | Jリーグの勝ち点をpylabでプロットしてみた2。 »

Python」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169291/41462719

この記事へのトラックバック一覧です: pylabのimshowをMatlabのようにカクカクなピクセルで表示:

« Jリーグの勝ち点をpylabでプロットしてみたら無駄に美しかった件。 | トップページ | Jリーグの勝ち点をpylabでプロットしてみた2。 »

広告欄


広告欄

Amazon

  • ブログ記事にした商品のアフィ

    デジピはヤマハが音質・キータッチとも一番良いです。

    レビュー記事かいた程おすすめのワイヤレススピーカー。

    安いタブレットとして買い替えに最適

    速くKindle化して欲しい

やっつけタイムライン

はてブ

人目の訪問です。

  • follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。RSSを表示

    当ブログは超安定なLinux Mintとシンプル&スタイリッシュなElementaryOSを応援しています。







    Jenny Mayhem
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ