« Lubuntu 12.04 使い始めのメモ 2 消えた電源ボタンの復活 | トップページ | Lubuntu 12.04 使い始めのメモ 4 python関係のパッケージ »

2012年5月13日 (日)

Lubuntu 12.04 使い始めのメモ 3 cairo compmgrの入手。ウィンドウの透明度設定

After_compmgr

cairo-dockでcomposite managerの切り替えをするとcomposite managerがないと怒られたのでcairo composite managerは一緒にインストールされていないと気づいた。だから透明度がおかしかったのかと、前回書いたその続き。
cairo composite managerはソフトウェアセンターには見つからないので、ぐぐってみるとLubuntuの公式?ブログにデビアンパッケージがおいてある。
ここからtar.gzファイルをゲットして、解凍して、そのフォルダ内から

sudo dpkg -i *
sudo apt-get install -f

でインストールできる。はじめのコマンドでエラーになるのは普通らしい。気にせず2行目のコマンドに行くと、エラーが修正されるようだ。
インストールしても、起動していないので、システムツールズからCairo composite managerというのを起動。Cairoのコンフィギュレーション画面にいって、アドバンストモードにして、ALLのタブにいってからfakeと検索すると、フェイクトランスパレンシーを有効にするかの設定にたどり着くのでアンチェックしておしまい。
見事に透明度の扱いが正常になった。Cairo composite managerは重くなるらしいので、注意。

用語についてメモ。
LXDE:Lubuntuのデフォルトのデスクトップ環境。
Openbox:LXDEのデフォルトのXウインドウマネージャー。
pcmanfm:デフォルトのファイルマネージャ。F4を押すことで今の場所からターミナルを開いてくれるのがいい感じ。

« Lubuntu 12.04 使い始めのメモ 2 消えた電源ボタンの復活 | トップページ | Lubuntu 12.04 使い始めのメモ 4 python関係のパッケージ »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169291/45244817

この記事へのトラックバック一覧です: Lubuntu 12.04 使い始めのメモ 3 cairo compmgrの入手。ウィンドウの透明度設定:

« Lubuntu 12.04 使い始めのメモ 2 消えた電源ボタンの復活 | トップページ | Lubuntu 12.04 使い始めのメモ 4 python関係のパッケージ »

広告欄


やっつけタイムライン

広告欄

はてブ

人目の訪問です。

  • follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。現在Feedlyに122人登録頂いています。多謝!RSSを表示

    ブログランキング用 にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ ブログランキングならblogram






    Jenny Mayhem
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

IT技術注目記事

無料ブログはココログ