« Python GUIツールキット個人的な比較のまとめ | トップページ | Pygmentsのインストールなしでシンタックスハイライト »

2013年2月11日 (月)

matplotlibが最近どんどん使いやすくなっている。

トップページにいってもリンクが見つからないのでいつも探しまくらないと見つからないmatplotlibのリリースノートですが、最近非常にアクティブに開発されていてさらに便利になってきています。

じつはこれを上からずっと眺めていくとMPLでなにができるのかざっとわかって初心者・MATLABからの転向派にもいいと思います。合わせてギャラリーも見たほうがいいか。

とくに最新版の1.2.0では気の利いた機能が追加されています。Python(x,y)はまだ1.1.0止まりなのでまだ試していない方も多いかもしれませんが、1.2.0は先取りしてインストールする価値がありそうです。

個人的にすごいなぁと思った最近の変化をピックアップ
  • Python 3サポート ようやくですか。
  • Locator interface plotが内部的にやっている「軸のtickの数を制限しつつ適切な間隔を求める」処理をユーザーが使えるようにしたインターフェイス。
  • histにスタックオプションが! stackedというキーワードが追加されhist(x, 10, normed=1, histtype='bar', stacked=True)という感じでstacked histogramが得られる。サンプルはここ。xのところのデータは[data1, data2, data3]の様にnumpy arrayをリストにして渡せばいい。../../_images/histogram_demo_extended_04.png
  • tight_layout tight_layout()とするだけでsubplotが多いFigureでありがちなxlabelが下のplotのtitleとかぶってしまう等の問題が解決。Jae-Joon Leeさんによるパッチ。
    ../_images/whats_new-2_00_00.png../_images/whats_new-2_01_00.png
  • gridspec 複雑なレイアウトのサブプロットをするときに使う。これもJae-Joon Leeさんによるパッチ。使い方はちょっと前に書いた記事で。
    ../_images/demo_gridspec01.png
  • Axis spine placement 軸の配置の自由度が上がりました。MatlabでいうBOX OFFがずっと出来なかったMPLでですが、とうとうサポートされています。BOX OFFよりも自由度が高いです。上下左右がオン・オフでき、さらにちょっとデータから離れたところに軸を置くスタイルも可能なようです。
    ../_images/whats_new_99_spines.png
などなど紹介しきれません。リリースノートはじっくり読む価値有りです。

« Python GUIツールキット個人的な比較のまとめ | トップページ | Pygmentsのインストールなしでシンタックスハイライト »

Python」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169291/49336189

この記事へのトラックバック一覧です: matplotlibが最近どんどん使いやすくなっている。:

« Python GUIツールキット個人的な比較のまとめ | トップページ | Pygmentsのインストールなしでシンタックスハイライト »

広告欄


やっつけタイムライン

広告欄

はてブ

人目の訪問です。

  • follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。現在Feedlyに122人登録頂いています。多謝!RSSを表示

    ブログランキング用 にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ ブログランキングならblogram






    Jenny Mayhem
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

IT技術注目記事

無料ブログはココログ