« 不二精機株式会社のパスタレシピがものすごく本気な件 | トップページ | タビス・ラッド氏による「Pythonで音声プログラミング」 »

2013年3月31日 (日)

海外から日本限定のアンドロイドアプリをゲットしてみた(逆も応用可)。

Limited_2

Android端末を海外で買って現地から使うと、日本で公開されているアプリが結構ダウンロードできなかったりします。メーカーとしては日本語のアプリじゃ、コストをかけて英語でサポートするほどは海外では売れないだろうという判断だと思いますが、海外に住んでいる日本人なんかは切り捨てですよね。

新しい記事有料ゲーム・アプリが「実質タダ」に!Amazon undergroundを試してみたもオススメです。

ルート化してリージョン設定を変える方法があるっぽいのは見たことがあったけど、そこまでして欲しいソフトもないし、まあいっかと思ってたのですが、重い腰を上げてやってみました。ところが二重三重な罠に見事にはまってしまい、いろいろ紆余曲折しました。(Nexus 7ルート化、Market Enablerでドコモのフリ、しかしGoogle Play仕様変更の罠に気づく、AppBrainのFast Web Installerがリンク切れの罠、「つながるもん」でIP日本のフリ、グーグルアカウント新規登録でようやくでした。)

ルート化に違法性は?

まずは、一応勘違いしていないか、違法性をチェックしてみた。ヤフー知恵袋の質問によるとまあ、ユーザーの責任において行うことはユーザーの権利ということでよさそうだ。ルート化すると端末のメーカーからの保証は期待できなくなるが、技術的にはルート化からもとに戻すこともできるので、メーカーとしてはルート化の痕跡を見つけたりできるかは不明。。。(実際ルート化している端末ではパズル&ドラゴンズが起動しなかったが、工場出荷時にもどすことで起動しました。)当たり前ですが、理解できる範囲で自己責任でお願いします。。。

VPNでIPを変更してGoogle Playへ接続

Market Enablerが使えなくなったというこちらのブログ記事によると2013年2月辺りにあったGoogle Playの仕様変更で、端末上の設定情報の代わりに、IPアドレスで地域の判定する仕様になったようです。おかげで、以前使えていたルート化して、Market-Enablerを使う方法は使えなくなったようです。しかし、VPNをつかってIPアドレスを切り替えることで対応できるようです。

ちなみに日本のAndroidマーケットでは入手できないアプリをroot化せずにインストールする方法で紹介されている方法も試してみましたが、Fast web installerというアプリが配布終了らしく、リンク切れでダウンロードできませんでした。

私の場合、Nexus 7を海外から使い、日本限定のアプリをダウンロードしたいのでインターネットVPNサービス「つながるもん」で日本のIPでGoogle Playに接続しました。「つながるもん」は、今のところベータサービス中ということで無料でつかえました(追記:半年以上たった12月現在でもまだベータですね、なんか怪しいなぁ)。(追記2 raspberry piで日本にVPN用の自前サーバーを立ててみました。

アメリカ・イギリス限定のアプリを日本から使いたい場合、こちらのフォーラムで発見したtunnelbearというマスコットのくまがかわいいサービスがあり、アメリカ・イギリスのVNPサーバーを月500MBまで無料でつかえます。

追記)筑波大学がVPN GATEという無料のVPNを開放しているという情報をここに見つけました。あとで試してみます。 あとは老舗のプロバイダインターリンクが提供している月額1000円からのセカイVPNというもの良さそうです。自分で建てたraspberry piのハマチサーバーが激重なのでまともな企業のサービスを利用してみようかなという気になってきました。

では、いよいよ、VNP経由でGoogle Playに接続してみましょう!!!!ガンホーのパズル&ドラゴンズが、ダウンロード出来なかったのを覚えていたので、パズドラを検索!!・・・え?!見つからないな。公式サイトからリンクを辿ってようやくページにたどり着くと、「このアイテムはお使いの端末が登録されている国ではインストールできません。」とのこと。どうやらGoogle Playに一度登録した端末の地域設定を後から変更することはできないみたいです。ぐぬぅ。

グーグルアカウントを新規作成して、端末を新規に登録し直す

このフォーラムを読むと、グーグルアカウントを新規作成すると、そのアカウントに端末が新たにひも付けされるらしいです。このときのIPアドレスが日本なら地域設定が日本になることが期待できるわけです。Nexus上からGoogle Playを開き、メニュー→アカウント→アカウント追加から新しいグーグルアカウントを登録したら成功!ダウンロードできました!お母さん、やったよ!!!

当方は、Google Playの仕様変更に気がついた時には、すでにルート化して、Market-Enablerつかってドコモ化(下記参照)してある状態かつIPアドレスも「つながるもん」で日本のアドレスになっている状態でした。しかし、ルート化とMarket-Enablerでもって端末のキャリアをNTTドコモにしておくのが本当に必要かはわかりません。IPアドレスだけでいいのかもしれませんが、万全を期す意味で、以下の手順でルート化し、Market-Enablerでドコモ化してから、アカウント追加した方が無難とおもいます。ダメだったらもう一個アカウント作ればいいだけなので、試せばいいんですが、試してません。

ちなみにGoogle Playをパソコンで開いた時に、サイトの下の方に「ご注文と設定」というメニューがあり、ここから設定のタブへ行くと、端末一覧がみれて、ここでどの会社として登録されているかがわかります。

ただしパズドラを起動するにはもう人悶着あったりします(下記参照。)。

ルート化に向けて、Nexus Root Toolkitのダウンロード

今回の目的に必要かどうかは不明ですが、ルート化もせっかくメモったので記事に入れときます。Nexus Root Toolkitは、Nexusシリーズのアンロック、ルート化、バックアップをするツールを集めたウィンドウズアプリです。Nexus以外では使えませんので注意。

  • ウィンドウズで使うソフトなので、パソコンでダウンロードして、起動します。
  • 最初のダイアログでは、上のプルダウンメニューからNexusの機種を選び、下のプルダウンメニューからAndroidのバージョンを選ぶ。
  • NexusをUSB debuggingモードにする説明がでてくるので、もし設定してなかったら設定して、さらに機内モードにしてインターネットを切ってから、USBを繋ぐ。デバッグモードの設定のやり方はこちらを参考に。
  • Initial SetupからUSBドライバの確認をする。Step3のテストが通ったら、OK。ダメならStep1から必要なドライバのインストールをする。
  • 必ずBackup + Restoreからバックアップ画面へ行き、バックアップをとる。(注意:ルート化はアンロックされた端末でのみ可能なので、アンロックが先だが、アンロックは、端末を工場出荷時の状態にしてから行われるため、データは全消去される。とは言え、Google Playで購入したアプリは、ルート化後にGoogleアカウントにログインすると自動的にダウンロードされます。)
  • バックアップ画面の下3つ(Virtual SDcard, Network Configuration, Make Full Backups)はアンロック、またはルート化されていないと使えないので、その他のメニューから電話帳など必要なもののバックアップをする。
  • ようやくアンロック。再起動してブートローダーに行くか聞かれるのでYes。当方はInitial Setupwすっ飛ばしたので、一度目はUSBドライバの設定がFastbootが未対応だと起こられた。おそらくドライバの自動インストールが間に合わなかったためと思われる。次のダイアログで再試行するか聞かれたので、Yesで、二回目には成功して、端末の方にUnlock bootloader?と聞いてくるダイアログがでた。ボリュームキーで選択して、電源ボタンで決定。
  • 再起動するのをじっと待つ。起動したらUSB debuggingをもう一度設定し直す。
  • やっとこさルート化。何度か再起動するのでじっと待つ。
  • SuperSUとBusyBox Installerがインストールされているはずなので、動作確認。最初にSuperSUが起動できるかチェックしてからBusyBox Installerを起動。上に2つあるメニューの/system/binを/system/xbinに変更。下のインストールボタンでインストール開始。
  • 成功!

Market-Enablerでリージョン設定変更

  • Android端末で設定→ユーザー設定→セキュリティから提供元不明のアプリのインストールを許可をする。
  • Android端末からMarket-Enablerのダウンロードページに行き、ダウンロードして、実行。
  • 右のSet Customタブからgsm.sim.operator.numericの値を変更する。ドコモは44010。SU権限を聞いてくるのでGrant。リストはこちらのスレッドにあった。逆にアメリカのアプリが欲しい場合は、T-mobileとかを真ん中のタブから選ぶ。

パズル&ドラゴンズはルート化端末上では起動しませんの罠

チート対策で、ルート化していると起動しないようなプロテクトがかかっているのだそうで、頑張ってインストールはできたものの起動しませんでした。

ルート化した環境でも一時的にsuを隠して、ルート化されていないように見えるようにする方法がありますが、[パズル&ドラゴンズ] root環境下でプレイするには??を参考に試しましたが、私の場合、うまくいきませんでした。とくにルート化にこだわりはないので、Nexus Root Toolkitでパズル&ドラゴンズのバックアップを一応とってから、Nexusを工場出荷時にもどし、再度グーグルアカウントに端末からログインした結果、自動でパズル&ドラゴンズを含めたアプリがダウンロードされて、パズドラも見事起動しました。

まとめ

確認でしていないので、推論の域をでませんが、おそらくVPNで日本のアドレスからGoogle Playにいって、アカウントを新規登録したのが決定的だったのではないかとおもいます。これによって、このアカウントでNexusがドコモの端末として一度登録されたので、これはどうやっても変えることができません。こちらのIPが日本であろうがなかろうが、端末がドコモでなくなろうが、このアカウントでは日本仕様のGoogle Playしか使えなくなっているわけです。実際、アカウント登録後に、パズル&ドラゴンズのアンインストール・再インストールを何度もやりましたが、Market-enablerもVNPも使用せずにダウンロード可能でした。

応用で日本からアメリカなどの限定アプリをダウンロードする場合、VPNでアメリカのサーバーへ接続し、グーグルアカウントを新規登録するだけでいいのかもしれません。Makert-EnablerでキャリアをT-mobileとかにする必要もあるかもしれませんが、これはアカウント制作時の一度だけでいいはずです。

あ゛ー疲れた

« 不二精機株式会社のパスタレシピがものすごく本気な件 | トップページ | タビス・ラッド氏による「Pythonで音声プログラミング」 »

Android」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169291/51039817

この記事へのトラックバック一覧です: 海外から日本限定のアンドロイドアプリをゲットしてみた(逆も応用可)。:

« 不二精機株式会社のパスタレシピがものすごく本気な件 | トップページ | タビス・ラッド氏による「Pythonで音声プログラミング」 »

広告欄


やっつけタイムライン

広告欄

はてブ

人目の訪問です。

  • follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。現在Feedlyに122人登録頂いています。多謝!RSSを表示

    ブログランキング用 にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ ブログランキングならblogram






    Jenny Mayhem
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

IT技術注目記事

無料ブログはココログ