« DropboxPortableAHKのパブリックベータ版が一般公開された模様。 | トップページ | Tiddlywiki5でfaviconを設定してみる。 »

2014年6月 9日 (月)

Pixel Dungeon攻略中。

Pixeldungeoun

Pixel DungeonというローグライクなRPGがかなり面白いので、紹介です。

このゲーム、個人開発ゲームなので今どきちょっとしょぼいグラフィックですが、短い時間で遊べるので空き時間に調度良く、絶妙にきつめなゲームバランスのおかげでハマってしまいました。

ゲームは全部英語ですが、遊ぶのには問題ないでしょう。開発者の方はハンドル名がwatabouさんというなんか日本人みたいな名前だったり、ゲームにTenguとかいう中ボスがでたり、手裏剣があったり、いろいろ日本好きなようです。フリーでしかも広告もなしという太っ腹なゲームを公開して、サポートも厚いwatabouさんをちょっと応援ということで、日本語の情報が全然見つからないPixel Dungeonの攻略記事を書いてみました。(ピクセル・ダンジョンで検索したらいっぱいあったΣ( ̄ロ ̄lll))

無料・広告なし・オープンソースなPixcel Dungeounのダウンロードはこちらから。

ゲームシステム

ルーグ系のゲームに慣れている場合は、常識なことばかりかもしれませんが、そうでないとゲームシステムを理解するまでちょっとわかりにくいので、簡単に説明。主に専用のウィキサイト(英語)の情報の訳出・要約です。

基本操作

  • タップしたところへ自動的に最短距離で移動し、敵やアイテムもタップで攻撃・取得する。
  • マッピングは自動でされているので、画面をドラッグしてスクロールしたり、二本指でつまんでズームを変えてマップを確認できる。
  • 斜め歩きでドアの前のトラップをあっさり回避できたりする。逃げるときも斜めのほうが速い。
  • 右下にある飛び道具スロットの矢は一度クリックして、敵をタップして使う。外れた場合、回収可能。
  • アイテムのインベントリ画面で矢・手裏剣・斧・杖を長押しすると右下の飛び道具スロットにセットされる。魔法使い以外でも杖をセットできる。よく使うのはここにセットする。
  • 魔法の杖は、インベントリ画面からでも使える。たくさん使い分けるにはこれしかない。
  • キャラクタークラス

    • 戦士
      • とにかく攻撃力があるので、最初のボスまでは簡単でおすすめだが、腹が減りやすいので後半で苦労するかも。Strengthのポーションを見抜く事ができる。
    • 魔法使い
      • 接近戦が苦手だが、ミサイルの杖をもってスタートする。杖の回復が早い。Identityのスクロールを見抜く。しかし、序盤は接近戦が多いのでキツいとおもう。
    • 盗賊
      • バランスがよくっておすすめ。戦士より序盤がキツいが、進むごとに楽になる。Shadowsの指輪+1を持ってスタートするので、敵に気づかれにくい。サプライズアタックが得意。「調べる」しなくても隠れたドア・トラップを近づくと見抜いたりする。飢餓に強い。Magic Mappingのスクロールを見抜く。
    • ハンター
      • 3番目のボスを戦士・魔法使い・盗賊のいづれかで倒すと使えるようになる。

    ポーション

    色違いのが12種類ある。ゲームが始まった時点で色と効果はシャッフルされるので、基本的に使ってみるまでわからない。一度使ったポーションは次からは効果が表示されるので自分でメモとる必要はなし。

    効果を推測するには、とりあえず遠くにThrowで投げてみると、害がない場合はメッセージに無害に砕けたとかいうのが出るのでわかる。害がある場合、火が付いたり、有毒ガスだったりするので遠くに投げるべし。

    序盤は失うものもないので、死ぬ覚悟でとにかく飲むのも手。その場合でもLiquid Flameだった場合を考えて水辺を選んで飲む。私は飲みまくります。

    また、あるレベルで扉や本棚を燃やして、先に進まないといけない場合、同じベレルに出てきたポーションに必ずLiquid Flameが含まれる。同じようにピラニアがいる階には必ずInvisibilityポーションがある。トラップで埋まった部屋の場合、Levitationで中に浮くなど、必要なポーションはその階に出てくるのが基本。なので、さきに階の探索を済ませて、目星をつけてから飲む・投げるの判断をする。

    • Toxic Gas
      • 有毒ガス。敵も自分もダメージになるので遠くの敵に使う。
    • ​Experience
      • レベルがひとつ上がる。レベル上がった直後に使いたい。
    • Strength
      • 強さ+1
    • Liquid Flame
      • 引火性溶液。敵や、自分、木製のものなんかに投げるけると燃える。
    • Frost
      • 凍らせる
    • Healing
      • HP全回復
    • Invisibility
      • 敵から見えなくなる。攻撃するともとに戻るので逃げるときや、ピラニアの間をかいくぐるときに使う。効果は短い。
    • Levitation 
      • 宙に浮く。これは床にあるトラップを回避できる。効果は短い。
    • Mind Vision
      • 壁の向こうなどの敵が一時的に見えるようのなる。
    • Paralytic Gas
      • 麻痺性ガス
    • Purification 
      • 有毒ガス・麻痺性ガスの効果を無効化する。
    • Might 
      • 強さ+1 HP+5

    スクロール

    これも12種類あって、読みにくい変な名前が付いているが、効果は毎回シャッフルされるので覚えても無駄。ポーションほど有害なものは無いのでどんどん使って効果を確かめる。ポーション同様、その階で必要なスクロールはその階で手に入るらしい。

    • Identify
      • スクロールやポーション、武器・防具などを鑑定できる。一度使おうとするとキャンセルしても消えてしまうので注意。
    • Upgrade
      • 武器・防具・魔法の杖・指輪などを強化できる。
    • Terror
      • 敵が逃げ出す。逃げている敵を攻撃してしまうと逃げなくなる。
    • Magic Mapping
      • その階のマップがわかる。二本の指のジェスチャーで拡大/縮小ズームができる。
    • Remove Curse
      • 装備中の呪われた装備から呪いを消し去る。
    • Recharging
      • 持っているすべての魔法の杖の使用可能回数を回復する。普段は時間がたつとかってに回復するが、魔法使いで始めると回復が早い。
    • Challenge
      • 大声で敵を呼び寄せる。顔が嬉しそう。
    • Teleportation
      • 同じ階のどっかに飛ぶ。敵に囲まれたりしたら便利。
    • Psionic Blast
      • 目に見える範囲の敵にダメージと失明の効果。自分も一時的に(3から5ターン)失明する。
    • Lullaby
      • やたら軽快な曲で、敵を寝むらせる。
    • Weapon Upgrade
      • 装備のアップグレード
    • Mirror image
      • 分身の術。勝手に動く分身が敵を倒してくれる。

    魔法の杖

    攻撃用6種類と非攻撃用7種類の13種類がある。

      攻撃用

      Disintegration以外は接近戦で使うと、自分もダメージを受けるので離れた敵にのみ使う。

    • Avalanche
      • 石の雪崩でダメージ
    • Disintegration
      • レーザーみたいな攻撃で、敵を突き抜ける。沢山の敵を突き抜けるほどダメージがでかい。
    • Magic Missile
      • 魔法のミサイル
    • Firebolt
      • 魔法の炎。本棚燃やしたりと色々と便利。
    • Lightning
      • 稲妻。水辺で使うとダメージが1.5倍になる。
    • Poison
      • 数ターン毒で体力を奪う。なぜか骸骨にも効く。

      非攻撃用

    • Amok
      • 敵が混乱して、近くにあるものを攻撃する。
    • Blink
      • 近くにテレポートできる。
    • Flock
      • 羊がでて敵をブロックできる。あまり使えない。。。
    • Regrowth
      • +の形に5タイル分の草を生やして、そこを踏み込んだ生き物を足止めする。
    • Slowness
      • 動きを一時的に遅くする。強い敵に非常に有効。
    • Telekinesis
      • テレキネシスで、床の罠を駆動したり、扉の開閉、草刈りできる。
    • Teleportation
      • 敵をテレポートできる。ピラニアに使うと水辺からでると死んで怪しい肉になるので有効。

    同じ階の扉しか開かない。

    お金

    お店は6階、11階、16階などに出てくる。それまで使えない。

    それでは、以下、多少ネタバレ注意な攻略情報になります。

    序盤の攻略

    公式Wikiサイトにスタートガイドがありますが、もちろん英語です。多少ネタバレ注意。

    序盤はすぐに死ぬけど、死んでも簡単にやり直せるので気軽にリスクをとっていきましょう。

    コツがわかってくるとちょっとづつサバイバル出来る確率が上がり、何回か一回深く潜れるようになります。それでも、ミスをするとあっさり死んだりするので、最初のボスを倒したあたりからの緊張感は手に汗握る感じでいいです。

    序盤を切り抜けると、結構ゲーム時間が長くなりがちですが、いつ中断しても自動でセーブされているので、ゲームを切り上げるのも簡単です。

      戦闘関係

    • レベルが上がっても攻撃の命中率と回避率が上がり、HPの上限が5増えるだけでStrengthパラメータはかわらない。これはポーションで上げる。
    • 2番目のボス「天狗」を倒すとTome of Masteryという本がもらえて、次のゲームからも同じ職業で始めると本を持っている状態で初められる。本を使うと2つの能力の違うサブクラスを選べるようになる。本を読むのは時間がかかるので敵のいない場所で使う。
    • 戦闘の基本は、敵に囲まれないよう、一匹ずつ戦う。一本道に誘ったり、扉の向こうへ逃げる。扉を開けて敵に見つかったら、自分から近づかず、扉の向こうへ逃げて、できれば扉を閉めて待ちぶせて、時計アイコンで時間を進める。
    • 武器は自分のStrengthパラメータ以内で最高のものを使う。それ以上のものは命中率が減って、敵に攻撃される回数も増える。
    • 鎧は、戦闘中と移動中で使い分ける。戦闘中は、Strengthパラメータを無視して、一番強い鎧を装備する。あまりに自分の攻撃が命中しなくなったら重すぎるので注意。移動中・逃亡中は、Strengthパラメータ以内のものに切り替えて、移動の速さを最適に保つ。
    • 敵がドアを開けて出てきた瞬間に攻撃すると、不意をつくいてダメージが大きく攻撃が100%成功するサプライズアタックが発動する。敵が麻痺していたり、魔法の草で足止めされている場合もサプライズアタックになる。
    • 装備品アイテムドロップ

      キャラクターのレベルが高いと出てくる装備品も良いものが出てくる。ダンジョンの生成は初めて訪れたときに自動で生成されるっぽく、レベル1のまま、二階に降りてしまうと、宝箱などから出現するアイテムが弱い確率が高くなる。基本的に今いる階の数より一つ上のキャラクターのレベルで降りるのが目安らしい。

      装備品強化

      ポーションで強化するのは武器か防具か指輪か。議論が別れるところ。公式Wikiサイトの書き込みをみるといい防具(plate armor)を見つけてからひたすら防具を強化するという意見が多い。攻撃はミスになる確率が高いが、防具の効果は必ずあるからというのが主な理由で、十分に強化するとダメージが0になることが多いので、攻撃受ける回数が増えても構わないという考え方らしい。最低限+4まで強化しないとクリアは難しいらしい。

      床の上のトラップ

      これは色で効果がわかる。いらない装備品などを投げつけても作動できるので、ガスとかのは遠くから投げつける。中でもオレンジのファイヤートラップは、ゲーム序盤でカニから出てきた怪しい肉を投げつけて調理するのに重宝する。

      Mystery meat

      怪しい肉はカニ、ピラニアを陸揚げするなどで、手に入る。そのまま食べると毒や麻痺などの危険があるので、できるだけ加熱か凍らせて調理してから食べる。調理には、肉を遠くに投げる。FrostのポーションまたはLiquid Flameを投げつける。または、上記のようにオレンジトラップに投げる。燃えているドア・敵などに投げつけるなどなど。

      落とし穴

      一番上のスクリーンショットにあるような、部屋の中にある落とし穴は、落ちると下の階の隠し部屋に行けます。食べ物とか多少のごほうびがあったりします。出口がない場合、Searchして見つけます。ただし落下のダメージもくらうので、上階で穴があった位置を覚えておいて、普通に階段で降りてから探したほうが良いかも。落ちないと行けない部屋もあるらしいような記述をWikiでみた気がする。

    « DropboxPortableAHKのパブリックベータ版が一般公開された模様。 | トップページ | Tiddlywiki5でfaviconを設定してみる。 »

    Android」カテゴリの記事

    ゲーム」カテゴリの記事

    コメント

    ご指摘ありがとうございます。単なる打ち間違いで深い意味はありませんでした。記事を訂正しました。

    国内でも海外でもローグライクと読まれていますが
    ルーグライクと言うのには何か意味があるんですか?

    コメントを書く

    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

    (ウェブ上には掲載しません)

    « DropboxPortableAHKのパブリックベータ版が一般公開された模様。 | トップページ | Tiddlywiki5でfaviconを設定してみる。 »

    広告欄


    やっつけタイムライン

    広告欄

    はてブ

    人目の訪問です。

    • follow us in feedly

      かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。現在Feedlyに122人登録頂いています。多謝!RSSを表示

      ブログランキング用 にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ ブログランキングならblogram






      Jenny Mayhem
    2017年2月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28        

    Amazon

    IT技術注目記事

    無料ブログはココログ