« Google driveを自分でポータブル版にしてUSBドライブでつかうつもりが断念。 | トップページ | RaspberryPiにAndroid4.4プリインストールして箱つけたようなCuBox-i »

2014年10月18日 (土)

エボラから生き延びた3歳児が看護婦さんにプロポーズ

3-Year-Old Ebola Survivor Proposes To Nurseがとっても面白いというか、ほっこりしたので、紹介。

シエラレオネの病院にエボラに感染して、お母さんと兄弟で入院した3歳の男の子の話で、お母さんとは一週間くらいでなくなってしまうんだけど、男の子はなんども吐いてしまって、看護婦さんにシャワーしてもらって、着替えしてもらっているうちに2週間で回復。別の病院に移って、お父さんがくるのを数日を他のエボラから回復した患者さんとまっている。

お父さんは公共の交通機関がほぼ止まっているのでなかなかこれない。そうしているうちにお母さんをうしなった少年は看護婦さんになついてしまう。で、ある日看護婦さんに向かって

少年:「いつか俺の嫁になってください。」

看護婦さん:「はい。」

というエピソード。

看護婦さんはすげー。エボラ患者が吐いちゃったら、とっても怖いとおもうけど毎日掃除して、シャワーしてあげたりして、子供をあやして、しまいにはプロポーズも受け入れる。

なんでテキサスでは二次感染・三次感染も?となっているのかわからなくなる。やっぱどっか手順に穴があったんだろうなぁ。アフリカの病院の訓練度は高そうだ。

なかなかアフリカの病院ではどういう風になっているのか想像できなかったけど、いろいろと具体的に想像できるようになるいい記事だとおもいました。

ちなみにちょっと前に読んだ、この記事を思い出しました。

« Google driveを自分でポータブル版にしてUSBドライブでつかうつもりが断念。 | トップページ | RaspberryPiにAndroid4.4プリインストールして箱つけたようなCuBox-i »

ネタ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

見栄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169291/57710338

この記事へのトラックバック一覧です: エボラから生き延びた3歳児が看護婦さんにプロポーズ:

« Google driveを自分でポータブル版にしてUSBドライブでつかうつもりが断念。 | トップページ | RaspberryPiにAndroid4.4プリインストールして箱つけたようなCuBox-i »

広告欄


やっつけタイムライン

広告欄

はてブ

人目の訪問です。

  • follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。現在Feedlyに122人登録頂いています。多謝!RSSを表示

    ブログランキング用 にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ ブログランキングならblogram






    Jenny Mayhem
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

IT技術注目記事

無料ブログはココログ