« エンドツーエンドで暗号化のオンラインストレージTeamDriveを自宅Synologyで運用 | トップページ | Dell XPS 13 (L322X)のCPUファンが異常にうるさい件が解決。 »

2014年12月30日 (火)

海外からもダウンロードできるおすすめ日本製Androidゲームのまとめ

Happy holidays!

いやー、世間はクリスマス休暇まっただなかですが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

ホリデーシーズンということで、家でゆったりするのにおすすめなAndroidのゲームを紹介します。

とはいってもニッチなテーマで勝負な当ブログなので、日本国外からでもダウンロード可能なものに限定なお勧め日本製ゲーム特集です。

日本のゲームパブリッシャーは国内市場に注力していて、英語圏の市場で国内版そのままのゲームを提供しても失敗すると考えているようで、ぜんぜん海外進出してくれません。市場をどんどんとられていると思いますがガラパゴス上等でいくのでしょうね。iモードのときと同じことが起こっているわけですね。

大手で多少海外にゲームを提供しているのはスクエニ、セガ、ケムコ、コナミくらいでしょうか。ケムコ以外はごく数本しかなく本気度は低いです。

実は、海外からファミ通で紹介されているAndroidの人気ゲームをダウンロードしようとPlay Storeのボタンをクリックすると、98%の確立で

このアプリはお使いのどの端末にも対応していません。

というメッセージを見る羽目になります。これはIPアドレスで国外と判断され、ダウンロードに制限があるためと思われます。

そんなわけで、意地になって書いた記事、「海外から日本限定のアンドロイドアプリをゲットしてみた(逆も応用可)。」が当ブログの人気記事になっていたりするわけですが、がんばって手に入れたパズドラがいまいち面白さを理解できず、すぐにやめてしまいました。

Without further ado, いよいよお勧めゲームの紹介です。

個人製作・オープンソースなど

2048

ここで紹介しているのはGabriele Cirulli氏によるバージョン。2048を有名にしたのはこの人のリメイクなので。 これもはまって「2の倍数がプログラマー心をくすぐる「2048」が面白い件。パズルゲームの著作権?」という記事と「2048を攻略してみる。」なんて記事も書いています。

Andor's Trail

しょぼいグラフィックを補う秀逸なストーリーが魅力なPRG。個人開発。以前紹介記事安藤さんってだれ?アンドロイド用オープンソースRPG「Andor's Trail」を書いてます。

Pixel Dungeon

いわゆるルーグ系。しかも、オープンソースPixel Dungeon攻略中。

NOeSIS-嘘を吐いた記憶の物語-

サークル クラシック ショコラ制作のノベルゲーム。長編で、引き込まれるストーリーが秀逸。「絵だけ二人で、他はほぼ全て一人で制作」しているそうです。絵柄からして、ホラーなのかとかとおもったらそうでもない(怖い場面もあったが)、えっちなのはいけないと思いますとおもったら別にきわどいシーンとかはなかったと思う。しかし、説明しても嫁には軽蔑のまなざしを受けたので注意。

NOeSIS02-羽化-

こちらは続編。前編同様にハイクオリティーです。こっちのほうがちょっと怖い場面もあるが、ホラー嫌いな当方でも的にはおkだった。

Logging Quest 2

放置系のPRG。個人開発。過去に攻略記事「Logging Quest 2 (仮)を攻略してみる。」を書いてます。

Inflation RPG

異常にレベルアップしていくRPG。個人開発。

脱出キングダム

シリーズが他にもあってどれもおもしろい。個人開発。

DungeonDiary

これも放置系なRPG。個人開発。阿弥陀くじ的なゲームシステムがよくできていると思う。おっさんとしては着せ替えに抵抗が。嫁には(略)。

ShinjukuDungeon

実際の新宿駅を徘徊するというゲーム。個人的には実際の構内がイメージしづらかったので、記憶はほとんど頼 りにならなかったが、マップは忠実にできているそうだ。個人開発。

武器投げRPG 空島クエスト

個人制作。面白そう。でも、なんとダウンロードできない。。。個人制作なのに。。。とおもったら、英語版が別にありました。個人制作でも海外進出できるじゃないですか、大企業。。。

ファミ通の【個人開発ゲームを斬る】には個人で開発されたゲームが紹介されていて、大抵は海外からでもダウンロード可能。お勧め。

洋げー

洋げーならダウンロードに困ることはありませんね!海外在住の方なら英語だって大丈夫でしょう。しかし、洋げーとなると沢山ありすぎるので、ここで有名どころを網羅してもしょうがないので、やや隠れた名作的な位置づけのものを紹介。

ヒーローズチャージ (Heroes Charge)

uCoolというゲーム会社による、Brave Frontier RPGによく似た感じのありがちな操作が簡単なスマートフォン向けなRPGですが、ストーリー性は弱いものの、ゲームの完成度が高いし、やりこみ要素も多いし、フリーで遊んでても十分に楽しめます。日本語訳もなんじゃこりゃ的なクオリティーが多いAndroidゲームの中ではかなりまとも。

Hungry Shark Evolution

Future Games of Londonによる洋げーですが、面白いです。以前「Hungry Shark Evolution今更攻略中。」という攻略記事も書いたほどにやりこんでしまいました。

国内ゲームパブリッシャー編

ドランシア

ゲームのタイトルとぴんと来たひとはロマンシアをPC-8801とかで遊んでいた方でしょうか。懐かしいですねぇ。。。このゲームはタイトルから察するにロマンシア風な横スクロールで、ドラクエ的なRPGの要素をいれたゲームということでしょうか。まだ、あまりやってないのですが、面白そうです。

URARA-WORKS有限会社さんのゲームは他にも沢山あるようなので、いろいろあさってみるとよいでしょう。

Brave Frontier RPG

実は大して遊んでいないんですが、ダウンロードできるというだけでもすごく珍しいので、紹介。有名タイトルなのでやりこめばきっと面白いとおもわれるが、いまはヒーローズチャージ に忙しいので後回し中。

メルクストーリア -癒術士と鈴のしらべ- (メルスト)

こちらもBrave Frontier同様にまだ遊んでません。ダウンロードできますよという案内のみ。

« エンドツーエンドで暗号化のオンラインストレージTeamDriveを自宅Synologyで運用 | トップページ | Dell XPS 13 (L322X)のCPUファンが異常にうるさい件が解決。 »

Android」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169291/58416926

この記事へのトラックバック一覧です: 海外からもダウンロードできるおすすめ日本製Androidゲームのまとめ:

« エンドツーエンドで暗号化のオンラインストレージTeamDriveを自宅Synologyで運用 | トップページ | Dell XPS 13 (L322X)のCPUファンが異常にうるさい件が解決。 »

広告欄


やっつけタイムライン

広告欄

はてブ

人目の訪問です。

  • follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。現在Feedlyに122人登録頂いています。多謝!RSSを表示

    ブログランキング用 にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ ブログランキングならblogram






    Jenny Mayhem
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Amazon

IT技術注目記事

無料ブログはココログ