« インタラクティブ松木安太郎ビンゴつくった。 | トップページ | Ask Toolbarがマルウェアの認定からあっさり外れる »

2015年6月15日 (月)

WHOの査察によると1-2週間でMERSは沈静化するらしい。

日本のメディアのフィルターを通さず、彼らが情報を得ている生の英語ニュースを翻訳してみようのコーナーです。

香港の新聞サウスチャイナ・モーニング・ポストの15日付の記事ではWHOの査察団として一週間ほど香港から韓国を訪問していた二人の専門家の帰国後のコメントを報告しています。
査察団のメンバーである香港大学のウイルス学の専門家であるMalik Peiris教授、また中国大学(香港の大学です)の呼吸器学の専門家であるDaniel Hui Shu-cheong教授によると

Peiris said the South Korean authorities had been "co-operative" and there had been "full transparency".

Hui said the team was satisfied with the measures taken by the Koreans but added: "It may take another week or two to confirm if the virus is under control."


ということで、訳すと「韓国の関連機関は協力的であり、情報は完全に透明性があった。ウイルスがコントロールされた状態であると確認されるまであと1-2週間はかかるかもしれない。」という感じです。感染の初期には救急病院が混雑し過ぎていたり、患者が病院を転々して良い医者を探す習慣があることなどが感染の拡大を招いてしまったが、現在取られている措置に関しては他の査察のメンバーも満足しているということらしいです。

香港といえばSARSを経験しているので、コロナウイルス感染症には一番経験があり、この分野で権威があると言えますし、感染疑いがあった韓国からの旅行者が検査・隔離を拒否したときの香港の人々の反応も非常に激おこだったことを考えると、韓国への見方は非常に懐疑的になるでしょうから、この報告はなかなか信憑性があるように思います。

追記。この査察団の韓国側の代表の一人であるチョン・ヘグァン成均館大学予防医学科教授が18日に韓国の国会で証言した内容によると「MERSが6月中に終息するのは難しいと思う」であり、「7月中に終息したら、非常に成功的と言えるだろう」ということで、もっと掛かりそうです。

BBCによるとWHO事務局長補の福田敬二さんもコメントで

"At present the mission has found no evidence that there is ongoing transmission within the community."

とあるので、一致しています。ただし、規模が大きいのでしばらくは感染例の報告が続くと予想されるともいっています。

福田さんがしゃべっている映像を見つけたので貼っておきます。CCTV(中国中央電視台)のニュースですね。

ニュースでは、ウイルスが変化して感染しやすくなった兆候も確認できなかったし、中東で起こった院内感染と同じパターンが見られたということで、韓国でとくに拡大したのは上にもあるようなよいお医者さんを見つけるために複数の病院を訪れる習慣や、混雑しすぎている救急外来の状況が疑われるということですね。ウイルスに変化がなさそうだというのはとても重要な発見ですね。つまり感染率は低く、致死率が高い中東のウイルスと同じものが流行しているということです。現在、韓国のケースで致死率が低いのは早期発見して、対応すれば致死率も下げられるということかもしれません。色々とポジティブな発見が多い調査になったようですね。

CNNのニュースによると77歳で喘息もちのおばあちゃんKim Bok-soonさんがMERSから回復したという報告があります。このCNNの記事によると今までで死亡したケースは10件ほどあり、すべて他の症状をすでに持っていたということです。感染例が145くらい報告があるので、致死率にかなり違いがあります。感染率も致死率も実は低いものが、なぜか広まって10人も死者が出てしまったという感じなのかも知れません。他の報道だと死者は15名です。

また、dailymail.co.ukによると

A hospital in Slovakia is testing a South Korean man in a suspected case of the deadly respiratory disease, which has killed 15 people in South Korea since May. The 38-year-old man, who is being held at a hospital in Bratislava, is feared to be suffering from Middle East Respiratory Syndrome (MERS). It would be the first case of the killer disease to reach Europe in the current outbreak, the largest outbreak of the disease outside Saudi Arabia.

とあり、韓国籍の38歳の男性がMERSに感染した疑いからBratislavaというスロバキアの都市の病院で看護されているそうです。もし感染が確認されると、今回の韓国発の流行がヨーロッパに到達した初めてのケースになるそうです。

ヨーロッパも中東との人の行き来は多いので、ドイツ・トルコなどで感染例はちらほらあるようですが、いづれも初期の対応がよく広がったケースはありません。なのでメディアも割りと落ち着いている感じです。ちゃんと対処すれば収まるはずの病気なので、当たり前の対応を早め早めにしっかりと行っていくことが重要でしょう。

追記。ロイターから続報がありました。スロバキアのケースは検査が陰性で、おそらくMERSには感染していないということです。

韓国のケースは初期段階で後手に回った感じがありますが、WHOの報告を信じるならば現在の対応は適切なようなのですぐに沈静化に向かうでしょう。

« インタラクティブ松木安太郎ビンゴつくった。 | トップページ | Ask Toolbarがマルウェアの認定からあっさり外れる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169291/60383928

この記事へのトラックバック一覧です: WHOの査察によると1-2週間でMERSは沈静化するらしい。:

« インタラクティブ松木安太郎ビンゴつくった。 | トップページ | Ask Toolbarがマルウェアの認定からあっさり外れる »

広告欄


やっつけタイムライン

広告欄

はてブ

人目の訪問です。

  • follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。現在Feedlyに122人登録頂いています。多謝!RSSを表示

    ブログランキング用 にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ ブログランキングならblogram






    Jenny Mayhem
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Amazon

IT技術注目記事

無料ブログはココログ