« 有料ゲーム・アプリが「実質タダ」に!Amazon undergroundを試してみた | トップページ | numpy.loadでpickleファイルを簡単に読み込み »

2015年8月29日 (土)

グールドがモーツァルトを重厚に弾いてバッハにする動画

グールドって割りとモーツァルトが好きじゃないのを公言していますが、それでもなぜかレコードも出したり演奏している映像も残っていたりするのです。私もモーツァルトは苦手なのでグールドが苦手な気持ちがわかるようなきがするのですが、それでも相当なエネルギーを費やしてレコーディングしたのは、なぜなのか気になります。

この曲の出々しはallegroだと思うのですが、グールドなりにアレグロっぽく頑張っているようにも聴こえますが、どうしてもカクカク、重厚、暗い演奏になっています。テンポもなんでこんな遅くしたのだろうか。近所のピアノの先生に私が弾きましたといってテープを聞かせたら絶対に100個くらい駄目だしされる演奏です。まあ突き抜けてるのでとっても面白いですけど。

参考までに他のもっと標準的な演奏も聴いてみましょう。

内田光子さんの演奏。今回色々な演奏をYoutubeで見て廻ってついたコメントを読んでいたらモーツァルトならUchidaだろうという感じでかなり評判が良かったので聴いてみたら確かに素晴らしい。エゴがないというか、正しい演奏をきちっとやっている感じです。

大御所なので安心してきけると思ったホロヴィッツですが、なんか内田さんの演奏とは正反対に妙にロマンチックな演奏で、テンポが大げさに揺れたりして好き嫌いが別れそうな演奏でした。私は内田さんのが一番好きです。ルービンシュタインならどう弾くのかなぁとおもったけど見つけられませんでした。

ランランという人もコメントによくでてきて有名っぽいので、貼ってみる。中国で有名なピアニストらしいですね。割と普通な演奏がベースだけど所々けっこう自己主張がある解釈でちょっとびっくりすることが多いけど、音色はいいなぁ。テンポ遅めというのも大胆。

Maria João Piresというピアニスト。全くしりませんが、まともです。コロコロとかる~いモーツァルトの音色が出ていますね。

ここまで聴いて、改めてグールド聴くと、「うわっ」ってなりません?モーツァルトがバッハになる魔法使いです。

« 有料ゲーム・アプリが「実質タダ」に!Amazon undergroundを試してみた | トップページ | numpy.loadでpickleファイルを簡単に読み込み »

ネタ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169291/61370713

この記事へのトラックバック一覧です: グールドがモーツァルトを重厚に弾いてバッハにする動画:

« 有料ゲーム・アプリが「実質タダ」に!Amazon undergroundを試してみた | トップページ | numpy.loadでpickleファイルを簡単に読み込み »

広告欄


やっつけタイムライン

広告欄

はてブ

人目の訪問です。

  • follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。現在Feedlyに122人登録頂いています。多謝!RSSを表示

    ブログランキング用 にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ ブログランキングならblogram






    Jenny Mayhem
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Amazon

IT技術注目記事

無料ブログはココログ