« 村上春樹はなぜノーベル賞候補なのか。 | トップページ | フィリップス BT3500(Bluetoothスピーカー)を買っちゃった »

2015年10月10日 (土)

matplotlibで軸に大小の目盛り(主目盛、補助目盛)をつける

日本語でmajor tickとminor tickのことをなんて言っていいのかわからないので変なタイトルですが、プロットしたx,y軸につける等間隔の刻みのことです。(目盛りであってるか。メモリと最初書いたので変な気がしてしまった。主目盛、補助目盛というようです。)

デフォルトではマイナーチックはオフだそうなので、自分でオンにしてやらなければいけないようです。

公式のサンプルコードmajor_minor_demo1.pyはimport matplotlib.pyplot as pltのネームスペースでの例なので、私がよく使うpylab環境で同じことをするときの覚書です。

マイナーチックをつけるだけならMultipleLocatorをセットするだけでよく、

from pylab import *

で、MultipleLocatorもFormatStrFormatterもインポートされているようなので、現在アクティブなaxisをgca()でとってきて

gca().xaxis.set_minor_locator(MultipleLocator(5))

という感じでオーケーでした。MultipleLocator(5)ならばマイナーチックは5刻みです。

メージャーチック20でマイナーチック5の例

Minor_ticks

from pylab import *

fig = figure(facecolor='w')
ax = subplot(111)
ax.plot(arange(100)**2)
ax.xaxis.set_minor_locator(MultipleLocator(5))
draw()

上の例ではデフォルトに頼っていますが、

ax.xaxis.set_major_locator(MultipleLocator(20))

とするとメジャーチックも確実に指定できます。

« 村上春樹はなぜノーベル賞候補なのか。 | トップページ | フィリップス BT3500(Bluetoothスピーカー)を買っちゃった »

Python」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169291/61973414

この記事へのトラックバック一覧です: matplotlibで軸に大小の目盛り(主目盛、補助目盛)をつける:

« 村上春樹はなぜノーベル賞候補なのか。 | トップページ | フィリップス BT3500(Bluetoothスピーカー)を買っちゃった »

広告欄


やっつけタイムライン

広告欄

はてブ

人目の訪問です。

  • follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。現在Feedlyに122人登録頂いています。多謝!RSSを表示

    ブログランキング用 にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ ブログランキングならblogram






    Jenny Mayhem
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Amazon

IT技術注目記事

無料ブログはココログ