« Juliaやってみよう。一日目。GRでプロット。 | トップページ | Juliaやってみよう。三日目。MATLABコードを翻訳してみる。 »

2017年7月13日 (木)

Juliaやってみよう。二日目。Juliaのアップデート、IJulia

さて、昨日に引続き、今日もちょこちょこやっていきます。

今日は、Juliaをv0.5からv0.6にアップデートして、それからJupyter notebookのJulia用であるIJuliaで遊んでみます。

Juliaをアップデート

ウィンドウズなので、Ubuntuのようにapt-getする訳にはいきません。

sudo apt-get dist-upgrade julia

スタートボタンからJuliaを見に行くとUninstallerがありました。たぶん旧バージョンを残したまま、新しいのをインストールすることもできるっぽいですが、べつにまだ始めたばかりで旧バージョンでしか動かないようなコードもないので、今回はまっさらにアンインストールして、最新版をインストールでいいか。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Julia-0.6.0

インストール先にバージョン名が入っているので、旧バージョンと混在できるのでしょう。あとはウィンドウズのPATHの設定で切り替えるのだと想像。Pythonもそんな感じ。Condaならコマンドで切り替え。

IJuliaのインストール

公式サイトにあったIJuliaのチートシートをみながら使ってみる。

using IJulia

するとPkg.add("IJulia")しろと怒られる。Pkg.status()してみると、パッケージなにもはいっていない。昨日のv0.5は多分以前ちょっとだけIJuliaを起動してみた残骸だったと思い当たる・・。

おとなしく

Pkg.add("IJulia")

してみる。依存性とか勝手に入ると想像した通り、色々とインストールされた。

JupyterがPythonに依存するあたりで、condaがJupyterを最新版に保っていたりとしている感じに見える。結構かかった。

あとは昨日のplotライブラリのGRも追加してみる。

Pkg.add("GR")

うむ。問題なく終了。

IJuliaの起動

using IJulia

したいところだけど、Jupyterって起動したときのcmdのパスから起動するので、まずは適当なパスにcdしたい。

公式サイトのドキュメンテーションみるとFile Systemの項目にcdというコマンドがある。

cd("C:\\projects\\julia\\test1")

なんて感じで大丈夫だった。バックスラッシュは二重にしてエスケープするかフォーワードスラッシュにしないとだめ。あと、cdの後にスペースいれて

cd ( "path" )

なんてやるとエラー。なるほど。あとダブルクォーテーションじゃないと怒られる。PythonならシングルでもOKだし、括弧の前にスペースあっても大丈夫だと思う。この辺のルールは厳密な方が、みんなの書くコードが統一されて読みやすくなっていいと思う。Pythonで多くの人々がこの恩恵を思い知ったのでJuliaにも引き継がれているのかな。

pwd()

とすると現在のワーキングディレクトリが表示される。

using IJulia

してから、

IJulia.notebook()

もしくは単に

notebook()

でJupyter notebookのJulia用、IJuliaが起動。

おお、homedir()で出てくるC:\Users\ユーザー名で起動したぞ。

Pythonだと起動した時のパスでJupyter立ち上がった気がするが、IPython notebookのときの記憶だし、最近は違うのだろうか。

IJuliaのnotebookサーバーの終了の仕方もよくわからない。PythonならcmdにCtrl+C送ればよかったが、juliaのコンソールだとだめっぽい。しょうが無いのでコンソールごと終了。

notebookコマンドにパスを渡して起動してみたい。プロンプトにはてなマークを入力するとプロンプトが

julia>

から

help?>

に切り替わって、そこでnotebookとするとドキュメンテーションがでてきた。なるほどdir=で指定するのね。

Notebook_help

ちなみにエクスプローラーのアドレスをマウスでドラッグして、Juliaのコンソールに落とすとドロップされる。

スタートメニューに追加されているJupyter notebookのショートカットからだとCtrl+C効くけどJuliaのコンソールは相変わらず受付ない。でもHelpにコンソールを終了すれば良いとも書いてあるので、まいっか。

さて、JupyterのHomeの右上にあるnewボタンからJulia v0.6を選択して、ノートブックを作成。Untitledをクリックしてタイトル変更。

Ijulia_gr

適当にプロットしてみた。inlineやんないとプロットが別ウィンドウに出てきた。セミコロンで出力抑制とかPythonだな。つーか、よく考えるとlinspaceを0から始めて100要素なら99で終わるべきだった・・・。

要素ごとの階乗でスペースしてドットしてハットするのは数学っぽくっていいね。numpyだと x ** 2 とやるので、xがベクターだと知らないとスカラーに見えてしまう。

まあなんとなくわかってきたぞ。今日はここまで。

« Juliaやってみよう。一日目。GRでプロット。 | トップページ | Juliaやってみよう。三日目。MATLABコードを翻訳してみる。 »

Julia」カテゴリの記事

Python」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169291/71124823

この記事へのトラックバック一覧です: Juliaやってみよう。二日目。Juliaのアップデート、IJulia:

« Juliaやってみよう。一日目。GRでプロット。 | トップページ | Juliaやってみよう。三日目。MATLABコードを翻訳してみる。 »

広告欄


やっつけタイムライン

広告欄

はてブ

人目の訪問です。

  • follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。現在Feedlyに122人登録頂いています。多謝!RSSを表示

    ブログランキング用 にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ ブログランキングならblogram






    Jenny Mayhem
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

IT技術注目記事

無料ブログはココログ