« JupyterLabでも好きな外部エディターを使いたい! | トップページ | ElementaryOSのすゝめ。インストールから日本語入力まで。 »

2018年6月19日 (火)

やねうら王MyShogiをLinuxでビルドしてみた

Build_w_images

2018年にマイナビ出版から発売予定という「商用版のやねうら王」のオープンソース版であるMyShogiをMonoDevelopでビルドしてみました。まだまだ未完成のようで遊べる状態ではありませんが、のちのちハックしてみたい方の参考になる部分もあればと覚書を記事にしてみました。

一応Linux Mint 18(Ubuntu16.04ベース)でも最新のwineで将棋所とかShogiGUIとか動かせるのですが、メニューのところが微妙に表示がおかしい(下図)のがきになるといえばきになる・・・。

Shogidokoro_on_wine

あと級位者なのでめっちゃ深い検討とかより「ぴよ将棋程度の棋力と精度でいいので高速に検討できたらいいなぁ」という感じなのでK-Shogiで検討したらいいのではと思ったらK-Shogiは私の環境ではWINEでうまく動かない。

Win7はできれば起動したくないので「やっぱりLinuxネイティブなアプリってほしいなあ」とかおもい、ElementaryOSにはまっていたちょっと前は開発言語のValaぜんぜんしらんけどElementaryOS専用アプリなんかつくってみたいので、必要最小限の簡単な将棋ソフトでもつくってみようかなと思っていたところ、

というツイートを目にし、Linuxもありですか?と凸ったところ

というお返事をいただき、これは期待大!であり、正直私ではちょっと苦労しそうなプロジェクトなので無駄な努力せんで良かったと胸をなでおろしたのであった。

というわけで、期待なMyShogiなわけだが、おそらくまず製品版がでて、それからちゃんと動きそうなオープンソース版が公開になる感じとおもわれるのでまだまだ待たねばならぬ。C#とあるし、MyShogiのGithubを覗くとやっぱり.NET環境っぽいのでもしかしたらMonoDevelopでビルドできちゃうのでは?と思い実行してみた。

ダウンロードしたソースをMonoDevelopで開いて、F7でMyShogiのビルドをしてみると


Done building project "MyShogi.csproj" -- FAILED.

Build FAILED.

CSC : error CS1617: Invalid option '7.3' for /langversion. Use '/langversion:?' to list supported values.
    0 Warning(s)
    1 Error(s)

とか怒られる。これはMonoDevelopについてくるコンパイラーがちょいと古いのか、ライセンスの関係かしらんけど Nugetでもって最新版をおとせばよい。

メニューのProject => Manage nuget packages...からMicrosoft.NET.Compilersをダウンロードする。これはプロジェクト毎にやらんといかんらしいので、MyShogiを新たにダンロードしたりした場合これをやり直す。

Nuget_2

ぬあんとこれだけで、じつはMyShogiのビルド自体は成功してしまい、MyShogi/bin/debugにはたぶんウィンドウズ用のEXEができている。まあ本当はビルドのターゲットをLinuxにしてやらないとネイティブアプリとは呼べないのでおそらくWINEと大差ないのだけど、とりあえず変更無しでクロスビルドできてしまったのには驚いた。

とはいえ、現在Githubにあるソースには駒や盤、畳の素材がないようで、画面は真っ暗で日本語も文字化け。

Myshogi_on_monodevelop

でもメニューから対局ウィンドウ出せたりはする。

Taikyoku

なんて経緯をツイートしていたらやねさん本人から素材の提供をしてもらったのでMyShogi-master/MyShogiフォルダにimageとimage_sourceフォルダをコピーして、TheApp.cssのコメントアウトしてある箇所をアンコメントしてやってビルドすると駒の画像がでるようになった。


            // 駒素材画像の変換
            ImageConverter.ConvertPieceImage();
            ImageConverter.ConvertBoardNumberImage();

盤と畳は重ねあわせとかの部分プログラム上で合成しているらしいので、そのへんは失敗してて、駒だけになっている模様。

ちなみに実行はコンソール上で


mono MyShogi.exe

とやって実行すると起動するが、EXEをダブルクリックしたりWINE経由で実行するとうまく行かない。

というところまでは二,三週間くらい前の話で、今日最新のコードを落として再現してみたらイメージの合成に失敗してウィンドウもでてこなくなったのでなんか変更あったのでしょう。

ちなみに、ぴよ将棋の絶妙な接待ぶりは級位者の私にはとても魅力であり、検討も速いわりに、技巧10秒で検討したときとあんまり評価値変わらない。ぴよ将棋すばらしい。そしてMyShogiも期待。

« JupyterLabでも好きな外部エディターを使いたい! | トップページ | ElementaryOSのすゝめ。インストールから日本語入力まで。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169291/73709902

この記事へのトラックバック一覧です: やねうら王MyShogiをLinuxでビルドしてみた:

« JupyterLabでも好きな外部エディターを使いたい! | トップページ | ElementaryOSのすゝめ。インストールから日本語入力まで。 »

広告欄


広告欄

Amazon

  • ブログ記事にした商品のアフィ

    デジピはヤマハが音質・キータッチとも一番良いです。

    レビュー記事かいた程おすすめのワイヤレススピーカー。

    安いタブレットとして買い替えに最適

    速くKindle化して欲しい

やっつけタイムライン

はてブ

人目の訪問です。

  • follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。RSSを表示

    当ブログは超安定なLinux Mintとシンプル&スタイリッシュなElementaryOSを応援しています。







    Jenny Mayhem
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ