« Planned Parenthoodの予算カットを認める判決 | トップページ | 国勢調査に国籍の確認の質問をねじ込みそこねたトランプやーいやーい。 »

2019年6月23日 (日)

不法移民を送還する準備はいかが?

半信半疑でも覗いてしまうEyeTheSpyがまた思わせぶりなツイートをしています。今週末と来週には嵐が来る。かなりはっきり見える嵐だと。同じく半信半疑で観察中らしい樹林さんは違法移民のことかな?と見ているようですが、それは私も納得。

 

でも今まででは送還しても簡単に帰ってきてしまうのが問題だったはず。ちょっと前にも赤ん坊を殴って頭蓋骨損傷させて殺した事件で捕まったヒスパニック系の犯人が調べてみると過去に5回送還されていたとかニュースになったばかりです。そういうニュースはよく聞きます。メキシコ国境との壁も400マイルくらい建設し、今も毎日0.5マイル伸ばしているとはいえ全長は1954マイル(654マイルほどの自然のバリアを引いたら1300マイル)あります。メキシコが本気で止めてくれないと無理なわけです。違法移民の送還をする準備は出来ているのでしょうか?

という訳で、メキシコとの新合意についてのFoxNewsの記事を読んで見ましょう。

トランプが合意の内容が書かれているっぽい紙をちらつかせながらインタビューに答えたのが6月11日。

 

メキシコは45日の間に新合意を実行する体制を整えなければならない。

The supplementary deal’s release comes a week after Trump announced that the two countries had reached an agreement to prevent U.S. tariffs on Mexican imports in exchange for Mexico taking tougher measures on migrant flows

で、整わないとメキシコからの輸入に大きな関税がかかってしまう。

 

Mexico will take “unprecedented steps to increase enforcement to curb irregular migration, to include the deployment of its National Guard throughout Mexico, giving priority to its southern border.”

メキシコ全域に、とくにメキシコの南部の国境(グアテマラとか)に重点を置いて違法移民の流入を抑制する対策を取る。

The U.S. will also expand its “Remain-in Mexico” policy of returning asylum applicants to Mexico while their claims are processed. The U.S. committed to accelerate asylum claims while Mexico said it will “offer jobs, healthcare and education according to its principles.”

さらにアメリカ国境ではメキシコからアメリカに難民申請する場合、メキシコ側にとどまって申請しないといけない。アメリカは難民申請の処理のスピードをあげて、メキシコは難民への人道支援を提供する。

大体そんな感じですか。つまり、新合意を実行に移すまで45日の猶予がある訳で、新合意が6月11日だから45日後の7月26日までは送還しても最悪今までどおりかもしれない。で、今は22日で合意から11日。微妙だな。

ただメキシコからアメリカへの難民申請について準備が終わっていれば可能ではあるのでEyeTheSpyさんが言うように違法移民の大量逮捕から強制送還は一応ありえるかな?

違法移民はメキシコ経由でくるけど世界中から来ているらしいので、その場合送還先はどこになるのだろうか?

 

追記)

なるほど。メキシコ側との新合意は素晴らしいが、そもそもアメリカ側の法整備に問題があって、子供連れで難民申請に来た場合は捕まえてもすぐに保釈しなければいけなくって、後日裁判所にいって送還になるか留まっていいかの判決を聞きに行く制度なんだけど逃げたら当然裁判所なんかに出頭しないわけで、子供連れなら結局スルーしてこれるのが現状。そのためビジネスになっちゃっていて国境付近で格安で子供をレンタルしたりもできるらしい。これを治すには民主党の協力が必要。民主党は絶対妥協しないのもわかっている。で、選挙違反も皆がして下院を譲歩しているのが今。つまり徹底的に民主党とメディアの嘘を国民に晒すショーが目的のようだ。

トランプとしてはICEによる2040家族の違法移民の一斉逮捕をちらつかせることで民主党を交渉のテーブルに引き出したのでしめしめ。民主党は形だけでも審議に応じなくてはいけない。下院は民主党が多数派でねじれているから多分下院では合意無理。民主党が無茶苦茶いっているのを印象付けるような状況をできるだけ作るのだろう。当然パターンとしては二週間後でもまだ45日までさらに19日あるので、またもう一回くらい延期だろうね。メディアと民主党の顔を潰すのが目的なら回数多いほうがいいから。2020年からは多分ねじれも修正になって国民の支持もはっきりしてバンバン改革していきそう・・。それまではシープルさん達をおもりしながらてれてれと競歩しながらですよきっと。DECLASは恐らく限定的にロシア疑惑関連だけ狙い撃ちが近々あってもおかしくはないけども、急ぐ必要もないと思われ・・。

追記2)

 

追記3)

7月1日にトランプは「7月4日の後には、沢山の人々がアメリカ国内から送り出されるだろう。国内にちょっと滞在できたけどもとの国に戻ることになる」と発言。二週間の期限は7月6日だから一番早くて7月6日に送還始めることになる。でも今週はもう議会休みらしいから再開するのが7月8日だし、少なくともそれまでは待って法改正を要求するだろうと予想。で、なんだかんだで更に数週間延期する。なぜなら大統領は譲歩しているが下院が抵抗しているというのを見せつけるのが目的だから。

なんにしてもEyeTheSpyさんは時期を決めて煽るだけ煽って逃げるパターンが多いのでShill決定。Shillの見本みたいなやつだったなぁ。くそう・・。Eriさんが正しかったみたいだわ。

 

この記事によるとこの大規模の逮捕のリークはケビン・マクアリーナン国土安全保障長官代行acting Homeland Security Secretary Kevin McAleenanがしたと見られており、19日水曜日にメキシコ国境へと政府の専用機でワシントンポストの記者と移動した後、21日金曜日のワシントンポストに場所、規模を含む詳細が記事になった。マクアリーナンは数カ月に渡って今回の作戦に抵抗してきたと報じられており、作戦の詳細は数人しか知り得ないものであったらしい。EyeTheSpyの上記のツイートで違法移民について匂わしたのは22日で土曜日。ワシントンポスト読んだだれでも言える内容であったことになる。

« Planned Parenthoodの予算カットを認める判決 | トップページ | 国勢調査に国籍の確認の質問をねじ込みそこねたトランプやーいやーい。 »

MAGA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Planned Parenthoodの予算カットを認める判決 | トップページ | 国勢調査に国籍の確認の質問をねじ込みそこねたトランプやーいやーい。 »

やっつけタイムライン

オススメたち

  • Librem One

    LibremOneでプライバシーを取り戻せ!VPN、eメール、チャット、ソーシャルメディア詰め合わせサービス

    follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。RSSを表示

    超安定なLinux Mintを応援中



    超かっこいいジャズピアノ岩瀬章光

    Jenny Mayhem超おすすめ

    今読んでいる

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

はてブ

無料ブログはココログ