« 国勢調査に国籍の確認の質問をねじ込みそこねたトランプやーいやーい。 | トップページ

2019年7月22日 (月)

気象操作ってあんの?科学者「未来に実現を向けて研究中」

 

皆さんは気象操作って現代の科学技術でどのくらい可能になっているのか考えてみたことはありますか?科学技術系の記事が好きな方ならもしかしたら未来に向けて割と真面目に研究されていることを知っているかもしれません。

今回紹介する動画は私の好きなチャネル「Universe inside you」からの気象操作の実態、最前線についてまとめた動画です。

私はどっぷりオカルト系の話題が好きなのですが、そうでない方もこういう突飛もない主張を専門家になったつもりでダメ出ししながらみると割と楽しいですよ。

私の感想は記事の最後にかきます。

で、この動画は残念ながら英語の自動字幕しか今のところ無いのですが、よく調べてあって陰謀論好きな人も嫌いな人も楽しめる動画なので頑張って日本語訳を付けました。大体私がやると20分の動画に6−7時間かけて翻訳してタイミング合わせして完成なんですが、この動画は40分近いので総作業時間は15時間を越えたと思います。頑張ったのでぜひ見て欲しいんですが、チャネル主さんに4日前に翻訳を投稿したもののの反応なしで、このまま採用されずに流れてしまっては悲しいので字幕だけここに投稿しておきますので、動画と合わせてご覧ください。

 

0:00:00.020,0:00:05.660
2013年、サウスダコタ州では大規模な吹雪があり20万頭もの牛が

0:00:05.660,0:00:13.700
降り注いだ特大の氷の玉が鼻を凹ませ、窒息死した。

0:00:13.700,0:00:19.860
サウスダコタ州では雪が降ったにも関わらず、周辺の州の気温は不思議なことに32度にも達していた。

0:00:20.220,0:00:27.380
2013年と2017年、ペルーでは何十万頭ものラマやアルパカが

0:00:27.480,0:00:32.040
異常な氷点下の気温により死亡した。

0:00:32.040,0:00:36.520
ペルーは赤道に接する国である。

0:00:37.860,0:00:44.740
その後、野球ボールほどの氷が世界各地で降り注いだ。

0:00:44.740,0:00:49.600
アメリカ、セルビア、オーストラリアや南アフリカ。

0:00:49.840,0:00:57.620
あまりの大きさで飛行機に損傷を与え、緊急着陸もあった。

0:00:58.500,0:01:03.880
このような異常気象は何か根本的に間違っていることが起きていることを

0:01:03.880,0:01:06.480
自然が教えてくれているのかもしれない。

0:01:06.960,0:01:17.220
その他にも雷雨や吹雪にトルネードにハリケーン、そして氷吹雪にほこり荒らし

0:01:17.220,0:01:24.420
ヒートドーム現象に干ばつに水上竜巻そして
炎のトルネードまで。

0:01:24.420,0:01:30.280
科学者達は過去150年の間に上昇した大気中のCO2が

0:01:30.280,0:01:35.360
グリーンハウス効果を作っており、地球の温暖化に寄与していると警告している。

0:01:35.680,0:01:40.140
それにも関わらず、全く正反対の極端な寒冷化の現象も多数観測されていることは

0:01:40.140,0:01:43.340
温暖化の仮説に矛盾しているように見える。

0:01:43.600,0:01:48.900
気球温暖化について多くの疑問と不信が蔓延しているもの当然の結果であろう。

0:01:49.720,0:01:51.980
一体なにが起こっているのだろうか?

0:01:52.760,0:01:55.880
もし、一般に信じられている気候のランダム性から

0:01:55.980,0:01:57.540
一歩踏み込んで考えてみると、

0:01:57.880,0:02:03.240
なぜ温暖化にも関わらず極端に寒冷な天候が起こっているのかわかるでしょう。

0:02:03.340,0:02:08.880
あなたはこのビデオをみて学ぶことに驚くかもしれません。とくにあなたのその目で空に確認できることが

0:02:08.880,0:02:11.700
動かぬ証拠であることに驚くでしょう。

0:02:11.920,0:02:16.520
気象操作の技術は遠い未来での現実に向けて研究されているのではなく、

0:02:16.520,0:02:19.800
今まさに使用されているのです。

0:02:20.040,0:02:26.380
気象操作の研究は地球温暖化やそれによって消えていく海岸線を守るために行われていると言われているが

0:02:26.380,0:02:31.720
しかし、気象兵器は我々の大気、土壌、海洋を汚染するためにも使われているのです。

0:02:31.720,0:02:40.500
彼らは全ての声明を傷つけ、こうした常軌を逸した特大な嵐などを、より頻繁に起こしています。

0:02:40.820,0:02:49.820
そして私達が半信半疑でいたり、否定したり、警鐘を鳴らすものを退けたりしている限り

0:02:49.820,0:02:55.920
残党ながら、地球の持続可能性はあなたの認識が間違っていると混乱させ、

0:02:55.940,0:03:05.520
現状維持バイアスを保とうとする非常に権力をもった少数の人間の慈悲にすがるしか無いことになります。

0:03:05.520,0:03:12.160
このチャネル「ユニバースインサイド」では人々の意識を高め、目覚めさせ、力を与える事を目指しています。

0:03:12.160,0:03:19.260
これから聞くことは異論相違のあることでしょう。こういう意見もあると知っていただければ結構です。

0:03:19.260,0:03:26.180
あなたはあなたが探求している事実に矛盾する意見や”証拠”を押し付けられた体験はありますか?

0:03:26.320,0:03:31.840
もし真実なら強制する必要なんてそもそもあるのでしょうか?

0:03:31.840,0:03:35.580
真実なら強弁する必要がないのでは?

0:03:35.680,0:03:43.780
ジョージ・オーウェルは言いました。詐欺が蔓延する世の中では真実を語るのは革命的な行動に値する。

0:03:44.900,0:03:48.900
私達にといっしょに新しい現実認識を作りましょう。

0:03:49.240,0:03:55.080
目の前で起こっている気象操作を明らかにしながら

0:03:55.500,0:03:57.700
なぜそれが秘密にされて来たのか?

0:03:57.700,0:04:03.060
そして恐ろしい我々の人体や環境への影響を確認しましょう。

0:04:03.660,0:04:10.620
そして権力を我々普通の市民へと取り戻そうと努力している仲間たちへと加わる必要を見出しましょう。

0:04:10.780,0:04:18.680
そして地球温暖化に立ち向かいつつも、人類や環境を傷つけるのではなくサポートできる方法を探しましょう。

0:04:18.700,0:04:25.700
この「悪魔に呪われた世界 --暗闇の中のろうそくとしての科学」という本で、カール・セーガンは言いました。

0:04:26.360,0:04:31.500
私には自分の子供や孫の世代のアメリカの悲観的な未来予想があります。

0:04:31.840,0:04:36.540
その頃には技術的パワーはひとにぎりの人に独占されており、

0:04:36.540,0:04:41.940
一般人の利害を代表する人々のだれもがそれらの技術の独占がもたらす弊害を理解も想像もできなくなった時

0:04:42.000,0:04:49.140
一般人が自分達を守るために、権力者に異議のある質問が出来ないほど科学の専門化・細分化が進んだ時・・・

0:04:50.860,0:04:57.020
もし気象兵器はただのSFのアイデアだとおもっても、あなたは自分を責める必要はありません。

0:04:57.200,0:05:02.700
マスメディアがほとんど語らないのには理由があるのです。

0:05:02.700,0:05:06.760
見過ごしたかもしれませんが、中国発のこんなニュースがあります。

0:05:06.760,0:05:10.760
(新聞の見出し)「中国はアラスカほどの大きさの地域で気象操作の実験を行う予定。」

0:05:10.760,0:05:18.600
西側メディアやウィキペディアでの気象操作に関する一般向けの情報の欠落のせいで、

0:05:18.600,0:05:22.840
あなたは気象操作の技術は相当最近の技術なんだろうと印象を持つかもしれません。

0:05:22.840,0:05:32.160
実際は最初の人口降雨の特許は100年以上前の1891年に申請されています。

0:05:32.160,0:05:38.040
そして人口の雲にパターンを発生させる技術も100年以上前の1927年に申請。

0:05:38.760,0:05:49.140
1947年には雲の素を撒く技術が申請され、これは人口降雨に使われます。

0:05:49.140,0:05:59.440
1952年までは気象操作技術は好ましい技術の進歩として大々的にメディアで報道もされていました。

0:05:59.440,0:06:10.040
しかし、1962年にリンデン・ジョンソンが大統領になり「気象を操るものが世界を操る」と宣言して以来、

0:06:10.040,0:06:13.920
気象兵器はメディアから消え去りました。

0:06:13.920,0:06:20.440
当然ながら多くの一般人は気象操作が戦争中に兵器として使われたことを知りません。

0:06:20.440,0:06:28.060
1960年代のポパイ計画のような気象兵器を伴った軍事計画は人々には気づかれませんでした。

0:06:28.180,0:06:33.640
ポパイ計画ではベトナムでモンスーン時の台風を悪化させる目的で大量の雲を人工発生させました。

0:06:34.180,0:06:39.620
CIAのナイルブルー計画ではキューバのサトウキビ産業に打撃を与えようという試みがなされました。

0:06:40.600,0:06:48.960
ケン・カルディラという気象科学者は気象戦争についての学会での議論では

0:06:49.120,0:07:00.620
人工津波によって海岸線を破壊する方法や雲に病原菌を含ませる方法などが議論されたことを暴露しました。

0:07:00.920,0:07:12.080
気象兵器の有用性は非常に大きく、原子を分離した化学的功績に匹敵するとも言われている。

0:07:12.720,0:07:18.620
デイン・ウィギントンは気象操作に関する情報の透明性を求めて徹底して闘っている。

0:07:19.520,0:07:31.620
気象操作は国の情勢を不安定にしたり、占領を強制するための支配者の道具であると警告している。

0:07:31.620,0:07:39.100
そして、自国が気象兵器によって戦争状態にあることを自覚することすらなく降伏させることも可能なのだ。

0:07:39.840,0:07:47.820
原爆とは違い、気象兵器は秘密裏に使用することが可能であり

0:07:47.820,0:07:52.940
自然現象がもたらした悲劇であるように見えます。

0:07:53.300,0:07:57.980
気象兵器とは人を欺くものであり、
狡猾に知らぬ間に進行するものである。

0:07:58.620,0:08:04.880
国連は1977年から気象兵器を国際的に禁止に しようとしたのも不思議ではありません。

0:08:05.540,0:08:12.240
しかし、このように都合の良い気象兵器を簡単に手放す国があるものでしょうか?

0:08:12.240,0:08:20.660
ただ勝利をえるだけではなく、秘密裏に行えるため攻撃を仕掛た国の名誉が傷つくことすらないのです。

0:08:20.660,0:08:26.480
実際、だれかが気象兵器を論じると必ず馬鹿にされるのはなぜでしょう?

0:08:26.480,0:08:34.180
これだけ明白な証拠があって、明らかことをいっているだけなのに?

0:08:34.180,0:08:44.700
気象操作は地球工学を含みます。地球工学とは定義上、大規模で意図的な地球環境の操作であり、

0:08:44.700,0:08:53.280
地球温暖化の影響に対抗するために行われるものである。

0:08:53.900,0:09:02.400
あるひとにぎりの人々によって地球温暖化に対抗する最善策はエネルギー源を切り替えることではなく、

0:09:02.400,0:09:08.980
太陽光の地表への照射を減らすことであると決定されました。

0:09:09.200,0:09:14.720
これは原理的には火山の噴火後に大気に浮遊する火山灰が太陽光を反射し地球を冷やす事によく似ています。

0:09:14.720,0:09:21.220
このように太陽光を反射して地表を冷やすにはいくつもの方法が考えられますが

0:09:21.520,0:09:29.980
どういうわけか「成層圏へのエアロゾル注入法(SAI)」が選ばれました。

0:09:30.420,0:09:39.420
このSAIは専門化によるともっとも効果的な方法であると言われています。

0:09:40.020,0:09:48.560
簡単な説明として40年前の1980年に放送されたアメリカのニュースを見てみましょう。

0:09:48.740,0:09:56.340
飛行機雲などの雲による覆いがいかに地球温暖化対策として有効か説明しています。

0:09:57.160,0:10:03.380
つまり飛行機でエアロゾルを撒くことが効果的であることは長らく知られていたことなのです。

0:10:03.380,0:10:08.000
このような技術の情報はエアロゾルを使った方法が信用できるものであるという印象を与えます。

0:10:08.000,0:10:17.140
地球温暖化は何百万人もの人々に影響を与える最大の国防問題ですから。

0:10:19.500,0:10:24.340
しかしここでSAIを別の角度から見てみましょう。

0:10:24.340,0:10:30.300
一体なにがエアロゾルの成分として巻かれているのだろう?

0:10:30.300,0:10:34.480
2013年に我々は答えを得ました。

0:10:34.480,0:10:41.040
アメリカでもっとも権威のある地球工学科学者であるデイビッド・キースは

0:10:41.040,0:10:46.860
スティーブン・コベールの番組に出演し、自著である「気象操作の提案」を紹介した説明が、

0:10:46.860,0:10:56.960
密かに行われてきた気象操作に関してもっとも核心に迫った一般向に明らかにされた情報かもしれません。

0:10:56.960,0:11:04.740
「醜い方法だけど実際に成層圏20km付近に硫酸を撒くことで地球温暖化に対抗できるんだ」

0:11:04.800,0:11:09.720
「え??まってよ。大気に何か撒くの?」

0:11:10.340,0:11:13.700
「大気に”汚染物質”をスプレーすることで地球温暖化を食い止めることができるんだよ。」

0:11:13.720,0:11:14.440
「Ok...どうやって?」

0:11:14.520,0:11:20.340
「改造した旅客機で硫酸を成層圏に一年に20000トンほど撒くんだ」

0:11:20.760,0:11:24.540
「そして毎年少しづつ撒く量を増して、長年に渡って行うんだ」

0:11:24.550,0:11:28.780
「そうすればCO2の排出量を気にすることがなくなるんだ」

0:11:28.800,0:11:35.020
「いつかCO2もカットしますよ、きっと。でもそれまでは大気を硫酸で満たしていないといけないのですか?」

0:11:35.020,0:11:40.140
「人々はこの方法を議論する事をかなり恐れているかもね。だってCO2削減努力が遅れるかもしれないし。」

0:11:40.140,0:11:43.000
「そうですね。そして大量の硫酸・・」

0:11:43.300,0:11:49.620
「アメリカでは現在、年間50千万トンの硫酸を撒いていて、これは大気汚染です。それで世界中で年間約100万人が死亡します。」

0:11:49.620,0:11:53.340
「そしてもっと硫酸撒いたほうがいいんでしょ?」「そう。1%多く撒くといい。」

0:11:53.580,0:11:57.420
「1%ってことは、1万人多くの人が亡くなる訳ね」「計算してみるといいね!」

0:11:57.420,0:12:01.420
「空に撒いた硫酸はその後どうなるの?そのまま漂ってるの?」

0:12:01.500,0:12:05.460
「いえ。雨になって降ってきます。でもとても微量です。」

0:12:05.620,0:12:08.360
「これって後になってしっぺ返し食らう可能性ってないの?」

0:12:08.380,0:12:12.180
「これは実はかなり古くからある疑問だけど、ジョンソン大統領が調査してからはだれも調べてない」

0:12:12.180,0:12:22.480
「飛行機の後ろの飛行機雲ってもしかして全部がそういう硫酸が含まれてたり?」「まずあり得ないね。」

0:12:22.680,0:12:31.400
「え?その議論を合衆国が市民に伝えてないってことは私には限りなくあり得そうに思えるんだけど(喝采)」

0:12:31.680,0:12:36.520
"広告業で真に天才であることは、あなたに解決策と一緒に解決すべき問題も売りぬけることだ"

0:12:36.740,0:12:41.060
つまり、この世界的に有名な気象学者が言うには

0:12:41.060,0:12:49.420
いまよりもっと硫酸と金属ナノ粒子を大気中に散布することで

0:12:49.640,0:12:53.220
太陽光からの熱を効果的に反射することができるというのだ。

0:12:53.220,0:12:58.560
それにより数万人もの人が亡くなるが、CO2の排出量削減に対策ができて

0:12:58.560,0:13:03.740
化石燃料を使うのを停止できるまで時間を稼ぐことができるというのだ。

0:13:03.860,0:13:13.840
もしあなたが決められるとしたらあなたが吸う大気、土壌や水を汚染してまで

0:13:14.040,0:13:24.180
BPやエクソンやシェブロンなどの石油会社が数十年長く稼げることを許しますか?

0:13:24.220,0:13:33.380
この金属ナノ粒子が持つ人類や地球への影響については後でさらに述べます。

0:13:33.380,0:13:44.240
その前に、地球工学の専門化はSAIは将来に向けて検討中であるかのように強調するのに気づきましたか?

0:13:44.240,0:13:48.300
しかし我々は40年前のニュースでSAIはすでに上手く実施できていると報道されたのを見ました。

0:13:48.300,0:13:54.740
それならなぜ将来の計画と今だに言い続ける専門化がいるのでしょうか?

0:13:54.740,0:13:59.560
それが目の前ですでに行われていることが明白なのに?

0:13:59.560,0:14:04.960
ナチス労働党のプロパガンダの天才であるヨーゼフ・ゲッベルスは言いました。

0:14:04.960,0:14:11.740
「もしあなたが十分に大きな嘘を、長くいつづければ、人々はいつか信じるんだ。」

0:14:11.740,0:14:17.760
「しかるに、疑いをもった少数をいかなる措置を持ってしても封殺することが権力側にとって最重要である」

0:14:17.760,0:14:29.280
「真実はウソにとっての天敵である。つまり真実は権力にとっての最大の的である」

0:14:29.280,0:14:35.520
気象操作の研究は一般に知られるようになった1980年より前に遡れる。

0:14:35.520,0:14:41.860
1978年にアメリカ上院に提出されたこの書類は

0:14:41.860,0:14:50.320
人工降雨の研究は1947年に始まり、実験には多大な環境破壊をともなったと記載がある。

0:14:50.320,0:14:55.380
しかし研究はもっと遡れると聞いたら信じられますか?

0:14:55.680,0:15:04.540
リチャード・E・バードという軍人はAloneという本に自身の北極での体験を記している。

0:15:04.540,0:15:14.620
そしてこの本のカバーにはエアロゾルの散布パターンが見える北極の空が描かれている。この本は1938年に出版された。

0:15:14.620,0:15:20.240
第一次世界大戦後に気象操作の研究は北極で行われた。

0:15:20.680,0:15:28.200
バードは度々暗号めいたメッセージで大衆に重要な情報を提供することが知られている。

0:15:28.200,0:15:34.880
これはインナー・アースについてのビデオでも過去に紹介した。ユーチューブはそのビデオをなぜか検閲している。

0:15:34.880,0:15:38.640
インナー・アースは再投稿を近々する予定です。

0:15:39.080,0:15:45.500
出版社はなぜか再出版された時に本のカバーを後に変更している。

0:15:45.500,0:15:49.480
これは80年も前の話でした。

0:15:49.480,0:15:58.500
一般的な説明である気象操作はごく最近になって使用の可能性が検討されているという認識はまやかしである。

0:15:58.600,0:16:06.660
気象操作の始めの研究が行われて以来、人類は冥王星の外まで衛星を飛ばし、動物をクローニングし、

0:16:06.900,0:16:14.740
AIを作り、音速ジェット機を作り、インターネットや携帯電話などなどをつくりだした。

0:16:15.320,0:16:26.220
しかしながら、気象操作に関してはまるで進歩が進んでいないというのでしょうか。それってありえる?

0:16:26.220,0:16:35.140
勲章を授与したCIA捜査官であるケビン・シッフが書いた本「フロームザカンパニーオブシャドーズ」には

0:16:35.140,0:16:39.220
気象操作の暗い現実が暴露されている。

0:16:39.220,0:16:45.920
大量のエアロゾルが人口密集地に散布されており、電磁波の照射アンテナネットワークによって

0:16:45.920,0:16:54.840
大気を操作する仕組み・・。何十年もの間、こうした技術は研究され実用されてきたというのだ。

0:16:55.360,0:17:02.420
これらの技術が如何に効果的であり、如何に複雑でそして人体へ害があるかをみると

0:17:02.420,0:17:07.080
一般大衆へ情報が非常に制限されていることはまったく不思議でないことがわかる。

0:17:07.520,0:17:14.480
iまたカール・セーガンは著書「 demon haunted world science as a candle in the dark」において

0:17:14.920,0:17:21.020
人類の歴史で最も悲劇的なことの一つは、人々は長い間欺かれた時、

0:17:21.029,0:17:24.440
欺かれたことを認めること自体を拒否しがちということだ。

0:17:24.440,0:17:30.240
そうなるともう真実を追求することに興味を失うのです。ウソに飲み込まれてしまったのです。

0:17:30.480,0:17:36.320
真実を認めることがあまりにも辛い現実になってしまうのである。

0:17:36.560,0:17:44.600
もし一度でも嘘つきに権力を明け渡してしまうと、普通はまず帰ってこないものだ。

0:17:44.600,0:17:49.420
欺きの一つを見てみましょう。いわゆる「飛行機雲」です。

0:17:50.680,0:18:00.620
霧は晴れる。雲は動く。しかし現在の飛行機雲は数時間も消えずに残っている。

0:18:00.620,0:18:06.700
そしてゆっくり拡散して最後にはうっすらとした膜状に広がる。

0:18:06.700,0:18:12.980
成層圏での気温と湿度をちょっと考えるとこれが非常にありえないことであることがわかる。

0:18:12.980,0:18:22.060
飛行機雲はある日は空を覆って次の日には気象の変化を伴わずに消え失せたりする。

0:18:22.060,0:18:25.740
ドキュメンタリー「What in the world are they spraying」において

0:18:25.740,0:18:31.180
エドワード・グリフィンは普通の飛行機雲とSAIの違いを説明している。

0:18:31.180,0:18:34.560
SAIは別名ケムトレイルとも呼ばれる。

0:18:34.600,0:18:44.000
ユーチューブによって陰謀論と認定されているケムトレイルという単語を使うと厳しい検閲を受ける。

0:18:44.520,0:18:52.900
ジェット燃料の飛行機雲は普通の水の結露であって、決して画像のように途切れ途切れになったりはしないものだ。

0:18:54.500,0:19:01.440
またシッフ氏が暴露したようにケムトレイルは金属ナノ粒子が入っているので

0:19:01.660,0:19:05.900
ケムトレイルには伝導性がある。

0:19:05.900,0:19:12.740
地上での協力なマイクロ波アンテナネットワークであるNEXRAD

0:19:12.760,0:19:20.020
(NEXRADはnext-generation radar networksの略)をつかいケムトレイルの拡散した大気を操ることができる。

0:19:20.340,0:19:25.940
NEXRADを使用した場合、不自然に規則正しい縞模様が現れる。

0:19:25.940,0:19:35.460
これは金属ナノ粒子への電磁波の働きのため磁石が反発するようにして起こる。

0:19:35.500,0:19:42.060
1940年代までは長く滞在する飛行機雲は存在しなかった。

0:19:42.060,0:19:52.300
今日ではSAIに使われる軍用機は肉眼では見えにくいが、SAIの雲は非常に明瞭に見える。

0:19:52.660,0:19:59.400
近年ではSAI技術は民間の航空機にも搭載されており

0:19:59.660,0:20:03.740
今では空に見かけることは珍しくなくなった。

0:20:04.100,0:20:09.220
散布機構の特許はここで確認できるとおり。

0:20:09.400,0:20:14.140
ノズルはこういう感じいろいろタイプがある。

0:20:14.200,0:20:24.900
SAIバレストはこの様にテスト飛行で使われる乗客を模した水のバレスト重しとは全く構造、大きさが異なる。

0:20:25.800,0:20:35.040
SAIのバレスト(右)とビール樽にもみえる乗客シミュレーション用の水タンクとの違いに注目して下さい。

0:20:35.300,0:20:39.720
もしケムトレイルがただ水蒸気が凝結した水滴であると考えるのなら

0:20:39.720,0:20:45.720
エンジンのタービンに入る空気の90%は燃焼室に入ることもなく出ていくことも知っておきましょう。

0:20:46.120,0:20:50.660
燃焼室が熱を作るために水蒸気の凝結を起こすのですから、

0:20:51.140,0:20:58.040
ジェット燃料が燃えることで飛行機雲ができることは実は複数の条件が重なった時、稀にしか起こりません。

0:20:58.380,0:21:07.520
もし自動車のエンジンで暖められた空気が飛行機雲のように噴出したら、道路は全く前が見えないでしょう。

0:21:08.140,0:21:12.760
近年ではケムトレイルの証拠・証言を見つけることはとても困難になってきています。

0:21:12.920,0:21:17.140
航空会社はとても厳重な機密保持契約を結ぶためです。

0:21:17.720,0:21:24.200
しかし、ウィキリークスは政府から数百億円もの補助金を航空会社が得ていることを明らかにしています。

0:21:24.500,0:21:28.960
当然、航空会社は政府に言われたことなら何でもすることでしょう。

0:21:29.460,0:21:34.740
もし全体像がつかめていれば、個々の木を眺めても森が簡単に理解できることがあります。

0:21:35.340,0:21:44.400
これは異常な気象現象が移った衛星写真には、綺麗に揃った波状のパターンが見えます。

0:21:46.820,0:21:52.460
いかに専門家がSAIは将来に使用の可能性を検討している段階であると強調しても

0:21:52.920,0:21:56.920
真実は我々の目の前にあります。SAIは現実に今行われているのです。

0:21:57.200,0:22:00.380
そしてSAIは長年に渡って実は行われてきているのです。

0:22:00.800,0:22:05.300
前述した大気分析の専門家ケン・カルディラは

0:22:05.300,0:22:09.900
200以上ものSAIを用いた実験が行われてきていることを認めています。

0:22:09.900,0:22:13.620
そしてこの実験の対象になる一般人には事前の同意も取られていません。

0:22:14.300,0:22:20.980
スミソニアンマガジンの記事では飛行機雲による太陽光反射による冷却効果は

0:22:21.280,0:22:26.880
偶然の産物であると擁護しているもののケムトレイルを認めています。

0:22:27.640,0:22:41.800
これは大衆を地球工学の実態について少しづつ啓蒙しようという国連やキース達の意図かもしれません。

0:22:42.820,0:22:48.140
我々はこんな三目並べのような空模様が普通の日常であると思い始めているが

0:22:48.540,0:22:54.380
実は、アメリカはケモトレイルの存在を認めていないにも関わらず、

0:22:54.500,0:22:58.780
2019年の3月、アメリカとサウジアラビアは

0:22:59.140,0:23:10.880
エアロゾルのもつ太陽光反射の影響の理解を促進する国連の努力に協力することを拒否している。

0:23:12.060,0:23:15.780
アメリカとサウジの二カ国はどうやら独自の目的を持っているようで

0:23:15.780,0:23:21.840
この非常に強力なエアロゾルによる気象操作には興味がないようだ。

0:23:22.800,0:23:29.300
さて、ここまでの状況が理解できた皆さんには空の様子に注意を向けることをお勧めします。

0:23:29.300,0:23:35.960
ケムトレイルがどの様に形を保持しながら、何時間もかけてゆっくり拡散、霧状のシートを形成する様子を。

0:23:35.960,0:23:39.280
この薄霧は確かに地球温暖化を遅らせるのを助ける可能性もあるのかもしれない。

0:23:39.680,0:23:49.300
そして時にはマイクロ波によって形成された異常に整った線状の雲やその他のパターンを見つけるでしょう。

0:23:50.280,0:23:54.160
もしあなたが上空で起こっていることを追求することに興味がないとしても

0:23:54.160,0:24:01.040
気象操作を否定する強行なプロパガンダの存在に気づかずにはいられないことでしょう。

0:24:03.400,0:24:07.660
それではこのようなエアロゾルの噴霧は異常気象にどのような関係があるのでしょうか?

0:24:07.660,0:24:12.380
気象操作の話題は今日では一般から消し去られてしまっているので

0:24:12.540,0:24:16.420
全ての気象現象は異常気象も含めて普通に起こりうることと思うのは自然なことです。

0:24:16.420,0:24:21.000
しかし、地球はすべて遮るものもなく繋がっていることを思い出すならば

0:24:21.400,0:24:25.280
気象操作は完全に切り離された現象ではありえないと気づくでしょう。

0:24:25.640,0:24:27.940
ある位置の気象は全ての部位につながります。

0:24:28.440,0:24:36.960
もし局所的に異常な気温があった場合、その隣接地域ではその逆の温度変化があっても不自然ではない。

0:24:36.960,0:24:45.740
これまでに見てきた情報源によると、国際的な電磁波発生装置のネットワークの存在し、

0:24:46.200,0:24:51.640
それらは降雨や乾いた大気の分析をコントロールするために実際に使用されている。

0:24:52.020,0:24:58.700
一般向けの解説によるとNEXRADの基地局ネットワークは単に気象状況を観測するために使われるという。

0:24:59.200,0:25:04.220
しかし、気象操作をしている基地局のレーダーチャートのリーク画像は全く違う様子を伝える。

0:25:04.640,0:25:09.320
それによると実際はマイクロ波が基地局から放たれていることがわかる。

0:25:09.560,0:25:20.060
気象操作中には基地局から同心円状に広がる信号が未修正のレーダーに示されていることが動かぬ証拠です。

0:25:21.500,0:25:30.800
つまり、これらの高出力マイクロ波送信基地局は、金属ナノ粒子を効率的に影響を与えます。

0:25:30.940,0:25:38.980
キース達が言うようにアルミニウムやバリウムなどの金属ナノ粒子はマイクロ波のエネルギーで帯電します。

0:25:39.200,0:25:43.980
そしてそれは周りの分子も巻き込みエネルギーは一気に熱に変換されます。

0:25:44.040,0:25:50.840
この電離層は一気に最大で一万度まで加熱され、強烈な風を作りだしコリオリの力によってスピンし始めます。

0:25:51.660,0:25:56.840
そしてそれは同心円状の高気圧や低気圧のドームを形成します。

0:25:57.240,0:26:04.640
ヒートドームが形成された地域は熱射が起き、その周辺では雪や雨が降ります。

0:26:05.400,0:26:13.380
ちょうど磁石が鉄を動かすように、雨や乾燥した大気も自由にオン・オフできるのです。

0:26:14.200,0:26:23.460
同様に雪が欲しい時には、chemical ice nucleation(化学的氷晶核形成法)と呼ばれる方法が使われる。

0:26:23.460,0:26:28.360
これは嵐を伴い、よく異常に発達したひょうを形成する。

0:26:28.720,0:26:32.720
この氷の玉はほぼ純粋な水で出来ているのです。

0:26:34.240,0:26:38.880
気象操作の技術が本当にこんな気色悪い気象現象をつくりだしているのでしょうか?

0:26:38.880,0:26:45.500
これらのことを可能にする特許は誰でも自由に見ることができます。どうぞご自分で確認をしてください。

0:26:46.420,0:26:51.300
気象操作が行われ熱い乾燥大気や降雪をつくりだした地域の外側では

0:26:51.380,0:26:56.940
その埋め合わせに全く反対の気象現象が起こるのです。

0:26:57.500,0:27:04.360
飛躍が大き過ぎると感じる場合、アメリカ政府が2015年に気象に関する政府機関の職員に対して

0:27:04.360,0:27:08.540
言論統制の命令を出したのは偶然でしょうか?

0:27:08.540,0:27:16.840
対象は国立気象局(NWS)、海洋大気庁(NOAA)、商務省の職員が含まれます。

0:27:17.660,0:27:26.020
SAI地球工学の最もショックなことの一つは、金属ナノ粒子の人体への影響が全く考慮されていないことです。

0:27:26.340,0:27:32.860
純粋なアルミニウム結晶は自然には発生しません。通常アルミは他の元素と結合した化合物の状態です。

0:27:33.160,0:27:38.480
おかしなことに、今では純粋なアルミニウムの結晶は世界中に検出されています。

0:27:38.480,0:27:42.680
淡水や海洋、そして非常に高い山の頂上ですら検出できます。

0:27:43.300,0:27:49.340
SAI技術の使用によるアルミニウム汚染を知った上で、その人体への影響を調べると驚愕するでしょう。

0:27:50.220,0:27:58.920
ルッセル・ブレイロック博士は現代の人々に見られる金属毒性について警鐘を鳴らしている脳外科医です。

0:27:59.600,0:28:04.800
彼は患者さんの脳にアルミニウムが検出される量が年々、多くなっていることに気づきます。

0:28:04.800,0:28:14.480
特に脳の疾患のアルツハイマー病や筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病、多発性硬化症などの患者に多い。

0:28:15.260,0:28:21.420
ブレイロック博士によるとこれは単に老人が増えているからでは説明はつかず、

0:28:21.900,0:28:28.860
むしろアルミのような毒素が原因であり、ワクチンにもアルミが含まれているが、

0:28:28.880,0:28:31.480
誰も真実を語らないと付け加えた。

0:28:32.380,0:28:41.660
博士はまたアルミニウム、バリウム、ストロンチウムが混合されると特に毒性が高まり、

0:28:41.660,0:28:47.520
その影響は、主に記憶力の喪失を含む認知機能の障害である。

0:28:47.520,0:28:55.040
金属粒子の直径が小さい程、脳血栓関門を通り抜け脳に侵入し易くなり、一度到達すると留まってしまいます。

0:28:55.520,0:28:57.640
これはブレイロック博士だけの主張ではありません。

0:28:57.640,0:29:03.840
神経学者達はかなり以前からアルミニウムがアルツハイマー病と相関が高いことを突き止めています。

0:29:04.500,0:29:15.840
SAIが認知機能障害や免疫機能不全の蔓延に寄与している可能性に気づいたブレイロック博士は、

0:29:15.840,0:29:19.460
以下の様な発言をしています。

0:29:20.080,0:29:23.960
SAIの危険な化学物質を噴霧している飛行機のパイロット達が、

0:29:23.960,0:29:30.240
自分の家族達の健康と命を危険に晒しているんだということをしっかり認識することを祈っている。

0:29:31.440,0:29:35.800
だれが化石燃料を燃やし続けているためのコストを賄っているのだろうか?

0:29:36.220,0:29:42.040
私たちの環境におけるもう一つの毒性源が、私たちの死んだ海と水域で蔓延しています。

0:29:42.600,0:29:49.120
他にもいろいろな要素があり得るものの、地球工学では次のような単純な原理を説明している。

0:29:49.360,0:29:52.660
海水中の鉄を増やすと、藻類が繁殖する。

0:29:52.660,0:29:59.200
藻類は大気中から海水に引き込まれたCO2を同化するので好ましいとされます。

0:30:00.220,0:30:07.120
しかし、繁殖しすぎた藻類は今、貴重な淡水や海水を破壊しています。

0:30:07.300,0:30:10.200
まるでプラスチックの問題だけでは足りないというように。

0:30:10.960,0:30:14.580
金属による毒性は現在は土壌にすらも見られます。

0:30:14.820,0:30:23.580
つまり穀物や樹木の栄養の一部として取りこまれた金属が植物・動物のすべてを金属毒性に晒しているのです。

0:30:25.240,0:30:34.100
自然環境破壊には多々の要因がありますが、この狡猾で目に見えない汚染は長い間蓄積して、

0:30:34.100,0:30:40.440
環境を致死的なまでに汚染します。ちょうど放射能が生き物に害を与えるのににています。

0:30:40.440,0:30:47.020
そして、これはSAI地球工学のもたらす災厄の一つに過ぎません。

0:30:47.560,0:30:53.260
メディアをつかった多大な情報操作の努力がなされており、

0:30:53.260,0:31:02.520
この空に広がる線状の雲のパターンが単なる水蒸気に過ぎないのだと教え込まれるのは単なる偶然でしょうか?

0:31:03.760,0:31:12.920
考えてみましょう。十分過ぎるほどの科学的な証拠が政府や研究者の間、そして国連においてもみられ、

0:31:12.920,0:31:17.360
地球工学が過去、そして現在も使用されてきていることを示しているのですから。

0:31:17.600,0:31:25.400
もし地球工学の技術の透明性が確保されているとしたら、ニュース番組は一体どんな感じになるでしょう?

0:31:25.720,0:31:32.200
天気予報は実際のところ”予想”ではなく、以下の感じなのかもしれません。

0:31:32.620,0:31:36.720
本日、オハイオ州で雲の素の散布を実施しました。

0:31:36.960,0:31:39.800
それによって、異常気象が起きるでしょう。

0:31:40.060,0:31:43.180
トレドの周辺数百キロメートルの範囲では嵐になり、

0:31:43.380,0:31:48.620
そして、その範囲外では3日間ほど乾燥が続くでしょう。

0:31:50.100,0:31:54.360
そのような透明性はもちろん期待できませんので、

0:31:54.360,0:32:03.800
気象操作に関する情報が一般に共有されないことには不道徳な理由があるといえるでしょう。

0:32:05.960,0:32:13.480
多くの機密同様、気象操作に関する情報は注意深く検閲されています。

0:32:13.700,0:32:22.500
もし見たことがなければ、ディスカバーマガジンの2017年12月13日号を検索してみましょう。

0:32:22.740,0:32:27.560
または地球工学の危険性についてYoutubeを検索してみましょう。

0:32:27.700,0:32:33.980
今日の時点では検索結果は、地球工学の支持者の記事、ビデオだけをみるでしょう。

0:32:34.600,0:32:39.760
自らと家族を多大な危険に晒しながらも、真実を暴露した内部告発者達もいます。

0:32:40.320,0:32:49.320
そんな中でもこの若い軍の女性パイロットは彼女が関わったミッションが市民に与える影響を知った時に

0:32:49.980,0:32:57.620
ぞっとして、いま上空で起こっていることを知らせるのは私の義務であると思いました。

0:32:59.360,0:33:07.220
大衆操作の微妙な変化は捉えにくく、見逃しがちです。数年前は、グリーンハウス効果の定義は

0:33:07.220,0:33:13.300
人間活動がCO2濃度上昇に寄与することを含んでいましたが、

0:33:13.700,0:33:16.640
現在では定義が変わりました。

0:33:16.860,0:33:21.380
グーグルで検索の結果によるとCO2汚染はグリーンハウス効果には関係亡くなったことになっています。

0:33:21.380,0:33:26.160
その代わり、問題なのは太陽光が強すぎて下層の大気に熱がたまりこむことが原因なのだそうです。

0:33:26.440,0:33:35.220
大気の透明性が高いために、太陽光の可視域の光がグリーンガスを温める効果が

0:33:35.420,0:33:38.860
地上からの赤外線放出よりも大きいのが理由だとされています。

0:33:39.860,0:33:41.680
結論を言うと、

0:33:41.680,0:33:46.880
地球工学の技術を使い、大衆操作で疑問を持たせないことが、

0:33:46.880,0:33:52.160
化石燃料からクリーンエネルギーへと移行するという正しい選択を上回ったのです。

0:33:53.640,0:34:00.420
賄賂をもらった政治家が人々の不安を和らげる間、市民は安心して石油会社から石油を買います。

0:34:00.420,0:34:07.140
そして科学者達は気象操作は将来に向けて研究が進んでいると宣伝します。

0:34:07.140,0:34:08.960
いいこでちゅから、空を見上ちゃだめでちゅよ。

0:34:09.440,0:34:17.080
もっとも巧妙なウソは、白昼に堂々と公衆の面前でつかれるものだ。

0:34:17.080,0:34:24.120
Dane Wigington氏は言います。「気象操作のウソは皆に気づいてもらうまでは、

0:34:24.120,0:34:28.860
どのくらい巨大じゃなくてはならないのだろう・・。」

0:34:29.900,0:34:35.960
かつて排気管や円筒を建設する時代は終わりを告げたと言われたものです

0:34:36.180,0:34:41.060
大気を人間活動のCO2ゴミ箱としてつかうのは終わりにしよう。

0:34:41.720,0:34:43.720
何十年もそう言われてきました。

0:34:43.720,0:34:47.859
でも、私達は生活を確保するために忙しく、

0:34:47.859,0:34:52.049
先延ばしにしてきました。

0:34:52.049,0:34:59.560
明らかに、この煮え切らない態度は、現状維持を招き権力者を権力の座に居座らせました。

0:35:00.220,0:35:05.900
そして私達が知らぬ間に、少数の権力者達によって

0:35:05.960,0:35:09.740
市民の同意も、認識すらないにも関わらず、

0:35:09.740,0:35:14.320
地球温暖化の対策として、そして少数の国の優位を保つために

0:35:14.320,0:35:17.460
気象操作を行うという重要な決定がなされていたのです。

0:35:17.780,0:35:22.400
国連はこの決定の透明性を確保する意図があるようではありますが、

0:35:22.440,0:35:25.280
強大な国々が走破させません。

0:35:25.500,0:35:33.700
私達市民が連携し、情報を知り、意思をとうさない限り、これらの強大な国々は譲らないでしょう。

0:35:34.540,0:35:37.400
我々は決してこの情報操作に対して非力ではありません。

0:35:37.840,0:35:42.140
もしなにかおかしい時には諦めてもう一方の頬を差し出すこともできます。

0:35:42.640,0:35:48.620
何かにレッテルを貼り、陰謀論であると攻撃することは非常に強力なプロパガンダの方法です。

0:35:48.620,0:35:52.900
これは真実がどこにあるか、人々を混乱させ、信用できるものを奪います。

0:35:53.440,0:35:58.320
これは権力の濫用であり、人間の尊厳にたいする冒涜です。

0:35:59.040,0:36:01.660
健全な地球環境を子どもたちに残したいでしょうか?

0:36:02.160,0:36:08.860
そうならば、人々が争い合うのではなく、聞き上手になり、お互いを理解し合う努力をするべきです。

0:36:10.260,0:36:12.840
より大きな視線から問題を考えるために、

0:36:13.220,0:36:19.980
石炭や石油などの化石燃料を燃やした時にCO2を排出すると習った時を思い出してみてください。

0:36:20.680,0:36:24.720
グリーンハウスのようにCO2は大気中に留まります。

0:36:24.720,0:36:30.800
年齢に関わらずおそらく皆さんが人間の生存とって不可欠であると習った事は、

0:36:30.800,0:36:35.700
エネルギー源をクリーンかつ再生可能な代替エネルギーへと

0:36:35.700,0:36:40.020
熱の蓄積が加速し過ぎて、生態系が機器に晒される前に転換することでしょう。

0:36:41.240,0:36:44.600
これがその努力がどれほど成功したかを示してます。

0:36:45.720,0:36:49.660
残念なことに、何十年もの善意と努力に関わらず、

0:36:50.000,0:36:54.060
石油、石炭産業はかつてない程強大になりました。

0:36:54.660,0:37:04.620
世界の75億人以上に登る人口のほぼ全てが石油、石炭産業に何らかの形で依存して生きています。

0:37:04.620,0:37:09.820
地球温暖化やSAIジェット燃料トレイルはデタラメではありません。

0:37:10.800,0:37:19.440
デタラメは過去100年間以上、政府がしてきたというクリーンエネルギーへの転換努力や

0:37:19.740,0:37:25.660
強大な石油産業から賄賂を貰わずにいるという約束でしょう。

0:37:25.720,0:37:32.480
あなたの真上で起きているSAIは陰謀論であると宣伝され、自分の感覚を信じることが難しい現状の中、

0:37:32.980,0:37:38.000
強国が気象兵器の異常気象によって他国を脅かす中、

0:37:38.000,0:37:44.640
環境汚染の元である化石燃料や軍事産業は盤石の繁栄を築いている。

0:37:44.980,0:37:54.400
有望なはずの再生可能エネルギー技術による地球温暖化対策はなぜか非現実とされ

0:37:54.920,0:38:06.800
気象操作の技術が石油産業や軍事産業を潤し、密かに暗躍することで盤石の支配体制を与えている。

0:38:08.540,0:38:16.320
地球工学は一時的には上手く行くでしょう。だがそれは、あまりにも大きなリスクを伴うでしょう。

0:38:17.080,0:38:21.440
皮肉にもこれは地球温暖化に対処するためとして発展した。

0:38:21.440,0:38:25.800
しかし、別の汚染を拡大することで長期的な問題を引き起こしつつある。

0:38:25.800,0:38:35.660
汚染は大気中、水資源、そして動植物と全てのレベルで起こっている。

0:38:36.080,0:38:41.760
火星をコロニーにしようというアイデアが人々の興味をこれ程までに惹くのにも理由があるのでしょう。

0:38:42.780,0:38:47.100
ガイアと私達の子どもたちは、我々大人が独りよがりの夢から目覚めることを必要としています。

0:38:47.840,0:38:52.560
再生可能エネルギーへと転換する時はすでに遅すぎるくらいです。

0:38:52.620,0:39:00.900
もしCO2の全量を今のままに保つことができるとするならば、地球はまだ救えるかもしれません。

0:39:01.500,0:39:09.380
ローマの詩人ユウェナリスは言いました「自然と知恵は相反する」

0:39:12.720,0:39:17.820
ご覧くださって有難うございます。気にいったら、いいねをお願いします。

0:39:17.840,0:39:23.820
チャネル登録もよろしくお願いします。新しい動画の通知は、鈴のボタンから通知設定をオンにしてください。

 

という訳で長い動画でしたが、もしかして本当に気象操作ってできるんじゃないかと思ってしまった方もいるかと思います。ワタシ自身もケムトレイルっぽいのはここ半年毎日みているし写真もよく取って気になっていたので大変参考になった動画なんですが、一つ重大な部分で意見が異なるのですね。

私としては気象操作の前に前提条件として「地球温暖化は人間活動により大気中CO2が上昇していることが原因である」という部分が引っかかるのですね。なので翻訳しながらモヤモヤしまくっていたわけです。地球温暖化に関しては以前書いた「地球寒冷化を否定する人々www」という記事がありますので、そちらを参考にしていただきたいのですが、どうやらCO2が原因という部分がでっち上げのようなんですね。例えば中世の頃は今より涼しい時期があるんですが、当時のCO2濃度って今よりもかなり高かったりするんですが、これは黒歴史として葬られています。そして温暖化のグラフはたいてい1940年から始まっているか、古くても1900年から始めるのですが、これはその黒歴史を隠すためにやっているっぽいです。

そういう訳で生データを見るとトニー・ヘラーさんが言うように地球は今温暖化どころか寒冷化している訳なんですが、なんか実感に沿わない訳です。現実に自分が経験した子供の頃の気候に比べて確実に熱くなっていると感じる訳です。その辺を説明するために気象操作ってどの程度可能なのかなと思っていたところこの動画が投稿されたので非常に参考になった訳ですね。つまり人口が多い地域にめがけて気象操作をすれば温暖化を多くの人が体感できるし、過疎の地域では寒冷化していても人々の印象としては温暖化しているとなるわけです。

動画を見た後で、私としてはどのくらい気象操作ができるのかは「保留」が結論なんですが、「かなりあり得る」とも思っています。ケムトレイルの雲をよく見るのであの不自然な波波うねり模様も自分の目で見ているので、何かしらの操作が行われているような感じはあるんですね。通常の飛行機雲は30秒程度で消えるのもよく見ているし、離陸していく飛行機が全く飛行機雲を残さないのもよく見ているのでケムトレイルというのがなにか特別なものだということまでは否定し難いです。で、あれが拡散して薄雲波波状態になって気象操作に使われているというあたりはちょっと否定も肯定もし難いかなというのが正直なところです。我々一般人には手に入れられる情報が限られているからですね。陰謀論的にはもちろん絶対怪しい訳で、一理ありますが、証明してみろというと難しいのが現実ですね。特許は一杯あるのが動画中でもありましたし、玉ちゃんにもとてもいい記事があります。

« 国勢調査に国籍の確認の質問をねじ込みそこねたトランプやーいやーい。 | トップページ

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 国勢調査に国籍の確認の質問をねじ込みそこねたトランプやーいやーい。 | トップページ

やっつけタイムライン

オススメたち

  • Librem One

    LibremOneでプライバシーを取り戻せ!VPN、eメール、チャット、ソーシャルメディア詰め合わせサービス

    follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。RSSを表示

    超安定なLinux Mintを応援中



    超かっこいいジャズピアノ岩瀬章光

    Jenny Mayhem超おすすめ

    今読んでいる

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

はてブ

無料ブログはココログ