« 不法移民を送還する準備はいかが? | トップページ | 気象操作ってあんの?科学者「未来に実現を向けて研究中」 »

2019年7月17日 (水)

国勢調査に国籍の確認の質問をねじ込みそこねたトランプやーいやーい。

今日はお気に入りのTheEpochTimesの記事を紹介しましょう。

 

Trump Fools Democrats Again, Is Still Winning Immigration Fight

 

という記事です。民主党の支持が強いリベラルな州では選挙権に関しても寛容なチェックしかないため、メキシコから昨日違法な方法できた人でも頑張れば投票できてしまうようなザルなシステムが民主党を支えているところへ、ちゃんと有権者がアメリカの市民権を持っているか確認して選挙権のない人には投票させないとなったらどうなるでしょうか?そうです、民主党は壊滅してしまいます。

共和党が強い州では割とちゃんと有権者登録やっているはずですが、それでも写真付きの身分証なしで投票できるはずなので、ザルといえばザル。それで共和党は有権者証明用の写真付きIDを作ろうと言ったりするのですがいつもメディアに無視されるか、人種差別であるとして批判されて終わりです。

そこで出てきたアイデアとして、国勢調査をつかって各州にどの程度アメリカ国籍をもっている人が住んでいるか実態調査しようなんてのはリベラルにとっては非常にまずいのです。メキシコから不法移民をサンクションシティーに連れてきて票田にするのが十八番な民主党はこれは絶対に許容できないわけですね。だって、有権者が100万人しかいないはずの州で民主党に120万票はいったらおかしいでしょ?そうなったらちゃんと調査することになってしまう。だからブレーキをかけながらギリギリ勝てるくらいの移民票しか使えないことになる。そうしたらリベラルな州ですら共和党候補が勝ってしまうかもしれない。

一番面白いのはトランプの勝ち方。私もツイッター傍観してただけだけど、このエポックタイムズの記事の分析はかなり正しいという印象です。記事では国勢調査に市民権の有無の確認する質問を入れろと要求していたトランプが、時間切れで国勢調査の用紙が印刷に回ってしまったので手遅れでまたもやトランプの子供じみた要求が通らないで癇癪おこしているトランプ・・・という主要メディアが描くナレティブは実態に即しておらず、実際には、トランプは国勢調査に質問を盛り込むことは出来なかったが、大統領令を出して政府機関から情報を集め、市民権の有無について確認することを可能にしたし、一緒に会談した司法長官ウィリアム・バーが、トランプの大統領令は合法であると太鼓判を押しているので覆ることもない。つまり、これは2つの意味で実際トランプの大勝利だ。という感じです。

その2つの勝利はなにかというと、1つめは一ヶ月くらいトランプが駄々をこねている間に、メディアや民主党は必死になってトランプを止めました。でも普通の市民からしたらトランプが要求していることは別におかしくはない感じがする訳です。だって市民じゃないのに投票できていいわけない気がするから。でもメディアが可愛そうだから質問するなと、アメリカは移民の国だ、移民の皆さんの居心地が悪くなるようなことをする人は白人至上主義のレイシストだというからそうなのかなあと思うわけです。そして、最終的にはトランプは国勢調査に盛り込む部分では折れて諦めたので、メディアはリベラルな政治家を褒めて一緒に勝利を祝うしかない状況に追い詰められていた訳で、実際そうしたわけですね。民主党やメディアの本性を晒した。これが一つ目の勝利。

でも、実際には大統領令でもって同様の効果を得られるのですからトランプは痛くも痒くもないのです。これが2つめの勝利。

民主党の本性を晒した上に、市民権の有無を他のデータで紐付けして判定するよってことをメディアが勝手に大々的に周知してくれたのです。完勝でしょ?違いますか?

こういう馬鹿騒ぎを一年中いろんなバージョンでやりながらトランプはメディアに負け続けているようにも、勝ちまくっているようにも見えるのが就任以来ずっと続いているのです。そしてこの乖離がどんどん大きく大げさになってきているので、鈍い人でもどうもメディアが間違っているのかもしれないと思い始めたりしているわけです。そしてこれがQ達の狙いなのですね。結局、大部分の人が洗脳から目覚めたらもう戦わずして勝ちですし、逆に言うと敵がある程度元気に活躍してくれる今じゃないと一般の人の学習の機会がないわけですね。

突然ですが、皆さんはローマの詩人であるユウェナリスをご存知でしょうか?有名な一節に「健全なる精神は健全なる身体(しんたい)に宿る」というのがあるというと聴いたことがありませんか?この節は誤訳らしく、ナチス労働党が台頭する前は訳が違っていたらしく、本来は権力批判と市民の啓蒙のメッセージが主眼だったようです。

ウィキペディアのパンとサーカスの項から引用しましょう。

地中海世界を支配したローマ帝国は、広大な属州を従えていた。それらの属州から搾取した莫大な富はローマに集積し、ローマ市民は労働から解放されていた。そして、権力者は市民を政治的無関心の状態にとどめるため、「パンとサーカス」を市民に無償で提供した。現在の社会福祉政策をイメージさせるが、あくまでも食料の配給は市民の権利ではなく為政者による恩寵として理解されていた。また食料の配布は公の場で行われ、受給者は受け取りの際には物乞い行為が大衆の視線に晒されるリスクを負わされた。この配給の仕組みによって無限の受給対象者の拡大を防ぐことが出来た。

食糧に困らなくなったローマ市民は、次に娯楽を求めた。これに対して、権力者はキルケンセス(競馬場)、アンフィテアトルム(円形闘技場)、スタディウム(競技場)などを用意し、毎日のように競技や剣闘士試合といった見世物を開催することで市民に娯楽を提供した。こうした娯楽の提供は当時の民衆からは支配者たるものの当然の責務と考えられるようになり、これをエヴェルジェティズム(英語版)(恵与行為)と呼ぶ。

私はこれ見て絶句しましたねwwローマ帝国は本当に今の政治と遜色ないですね。人類の腐敗の始まりがローマ帝国の様な感じです。パンとサーカス・・・まさに日本のスリーS政策(スポーツ・セックス・スクリーン)でしょうこれ。

つまり、今回トランプとその支持母体の米軍主流派が、あっさり民主党や腐敗した政治家を軍事裁判で葬っても良いんだけど、そうしてしまうとすぐにローマ帝国の市民のようにトランプが去った後の政治家に飼い慣らされるのが時間の問題なんですよね。人間の性です。だから出来るだけ教育・啓蒙して、支配構造を市民の手で暴き・葬ってもらいたい。人々に主権者の自覚をもってもらいたい。それがQのやり方だと私は思うんですね。

« 不法移民を送還する準備はいかが? | トップページ | 気象操作ってあんの?科学者「未来に実現を向けて研究中」 »

MAGA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 不法移民を送還する準備はいかが? | トップページ | 気象操作ってあんの?科学者「未来に実現を向けて研究中」 »

やっつけタイムライン

オススメたち

  • Librem One

    LibremOneでプライバシーを取り戻せ!VPN、eメール、チャット、ソーシャルメディア詰め合わせサービス

    follow us in feedly

    かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。RSSを表示

    超安定なLinux Mintを応援中



    超かっこいいジャズピアノ岩瀬章光

    Jenny Mayhem超おすすめ

    今読んでいる

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

はてブ

無料ブログはココログ