« パトリック・バーン氏連載:第二章 選挙に海外勢力の介入はあったのか?(翻訳記事) | トップページ | パトリック・バーン氏連載:第四章 意気消沈のクリスマス (12/23-1/6正午)(翻訳記事) »

2021年2月 6日 (土)

パトリック・バーン氏連載:第三章 ホワイトハウス強襲 (12/18-12/22)(翻訳記事)

前書き・イントロ、そして第一章前編後編第二章と翻訳してきたこのシリーズも第三章に突入です。

How DJT Lost the White House, Chapter 3: Crashing the White House (December 18-22)

February 1, 2021 20 min read

ドナルド・J・トランプは如何にホワイトハウスを去ったか。 第三章 ホワイトハウス強襲
(12/18-12/22)

2021年2月1日(20分程度で読めます)

 

今回の主役級のお二人。



Photo_20210206204401

ホワイトハウス顧問弁護士
パット・シポローニ氏


大統領首席補佐官
マーク・メドウズ氏

 

12月18日金曜日の夕方、私はシドニー・パウエル、マイケル・フリン、シドニーのチームの優秀な女性弁護士(私は「アリッサ」と呼びます)と一緒に、SUVを借り出して、アイゼンハワー行政府の入り口に運転して行くことにしました。ここはホワイトハウスの敷地内であり、建物がホワイトハウスまで接続しています。私たちは、招待もなしに国会議事堂の警察、シークレットサービス、海兵隊のすべての警備をどのように通過するかについて漠然とした計画を立てました。シドニーとフリンは世界的な注目の的であるので、それを使ってでたらめな理由をゴリ押しして、大統領執務室までのらりくらりと目指すのです。そのあとの事は、初めて聞いた曲をいきなり演奏するような感じで出たとこ勝負でいくでしょう(私は計画が「曖昧」であると言いましたね)。私には前に知り合った立派な若いNSCスタッフがいて、彼は本当のメンシュ(人格者)で信用できたので、彼に電話して、いつでも彼のオフィスに立ち寄ってねという申し出に今度甘えてよいかい?というメッセージを残しました…。今度って、そうだね、例えば今直ぐ、午後6時15分はどう?彼が私が投げたボールを一緒にプレーしてくれるかかわからなかったので、私が誰と一緒にいるのかはあまりはっきり言わなかったかったかもしれません。

私たちはセキュリティゲートから1ブロックのところで下車し、暗闇に降る小雪の中を歩きました。最初のセキュリティブースに着き、シドニーとフリンが近づいて話をしました。警察とシークレットサービスは、それがフリン将軍(「国民の将軍」)であると見て、緊張してた様子でした。アポ無しだったので、彼らは明らかに混乱していて、何を言うべきかを絞り出そうとしていました。突然、私の知り合いNSCスタッフが中から出てきて、フリンとシドニーを見たとき、彼は凍りついて眉を上げて私を見ました。私はフリン達と一緒にいると身振りで示したら、彼は少しショックを受けたように見えました…。でもそれから彼は正しいことをしました。警備員に代わり、彼のIDをスキャンし、必要な書類がないにもかかわらず、私たち全員を入れるように手配しました。警備員は密かに落ち着いた安堵の中、すぐに「気をつけて、将軍」と言い、私たちは最初のセキュリティを通り抜けました。 2番目のセキュリティでは、NSCスタッフの私の相棒に加わった別の同僚が私たちの前のインナーリングへの入り口に足を踏み入れ、警備員に私達に変わって話しを通しはじめました。またも、警備員全員がフリンを見て、緊張で固まっていて、しばらく戸惑っていました。(訪問者リストに載ってもいないのに、このような特例訪問者がフリーパスできることはないと思います)そして、可能な限り迅速に、そして専門的に私たちの訪問手続きを処理して通過させてしまいました。警備員らは黙って質問もしませんでした。質問したら、私たちには良い答えがないかもしれないと推測していたのでしょう。私は最後に通過して、そして彼らが私のIDを私に返したとき、一人は身を乗り出し、静かにそして親密に「バーンさん、ありがとう」と言いました。驚いたことに、マイケル・フリンとシドニー・パウエルはきら星のスターですが、私自身もちょっとしたスターになりつつあることを初めて理解しました。

備考 この記事を公開してから、状況の全体像が不完全であることに気づきました。上記のスタッフ1とのコミュニケーションの他に、他の人もスタッフ2とコミュニケーションを取り、手配を行っていました。したがって、物事は私が理解したよりも手回しがされており、確かに誰もセキュリティプロセスをスキップしようとしていませんでした。

私たちはベースキャンプとして使用するために、あるオフィスに案内されました。

私の記憶が正しければ、私たちは約30分間ベースキャンプにいた後、大統領執務室に近い別のNSCスタッフ、別の若くて原理原則をもった人物のオフィスに引っ越しました。キャンプ2です。

そこに着くと、マイケル・フリンは国家安全保障補佐官として彼の短い任務で一緒に働いていた誰か、キャンプ3として役立つことができるオフィスを持っている誰かと連絡を取りました。 「はい、マイケルです。お元気ですか? …..おやおや、あなたの声も聞いてとても良かった…..ええ、信じられないほどでした…。ここはどこ?ああ、実は私はホワイトハウスにいます!ええ、来たばかりです…会いましょう?いいですよ、私がただ立ち寄るってのはどうですか…すぐに会いましょう。」

キャンプ3に向けて出発しました。確かに、そこに着いたとき、マイケル・フリンが前の同僚と話していると、シドニーと私の20フィート先には誰もいない大統領執務室が見えました……数分後、向こう側のプライベートドアからドナルド・トランプが大統領執務室に入ってきました。すでに午後7時30分でしたが、鋭く折り目が付いた青いスーツとネクタイを着ていました。彼は部屋の中を通り抜けて、シドニー・パウエルと私がすでに彼に向かって歩いていた出入り口をちらりと見た時に、我々はトランプが私たちを待ち構えているべきであるかのように挨拶をしてみました。トランプ大統領の眉毛は戸惑いで上ずったようでしたが、彼の表情は彼が私たちを認識していることを示し、しばらくすると彼は私たちを手招きしました。数秒以内にフリン将軍、シドニー・パウエル、そして私はドアが閉じた大統領執務室にドナルド・J・トランプ大統領と一緒に座っていました。

そう、我々はやった。本当に。

大統領はレゾリュートデスクの向こう側に座ってフリンとちょっとおしゃべりをし、彼がどうしていたか尋ねました。彼らがお互いに会ってからほぼ4年が経ちました(フリンがホワイトハウスを去ったとき、トランプの最初の任期の数週間後)。彼は次にシドニーにも尋ねました。私はうなずくだけで、フリンとシドニーに主導権を握らせました。私が以前にも述べたことがありますが、私がトランプについて最初に感じた印象は、メディアを通して何年も植え付けられた破天荒なキャラクターとは異なり、トランプがいかに自制し、優雅で、そして柔らかな口調でしゃべることでした。

やがて彼は再び私をちらりと見、眉を上げ、小さな笑い声をあげた。どうやら彼は私のことを知っていたようです。彼は静かに、丁重で親切なことを言った。私は「大統領に感謝します…」と言いました。彼は頭をクズリと鳴らし、穏やかに私が彼に投票しなかったし、多くの批判的を言ったことを知ってるぞという感じのことを言いいました。私は彼に真実を知らせました、私は2016年の選挙の前にいくつかの厳しいことを言っていましたが、彼が大統領であった間、彼の私の評価は高まりました、そしていずれにせよそれは関係ありませんでした、私は選挙が盗まれたと確信を持っていたのでここに来たのだと。私は彼に、「あなたのチームが追求しているよりもはるかに短いルートがあると思います。」と言いました。「しかし、起業家から起業家へ、私は言わなければならないことがあると感じています。ご存知かもしれませんが、私はあなたの政権の中を数ヶ月歩き回っています、そして私はあなたに言わなければなりません、私はホワイトハウスの多くの人々が十分にあなたに奉仕してるとは思わない。あなたの上級スタッフの中にはあなたに勝って欲しくないといっていると証言できる若いスタッフを複数連れてくることができますよ。彼らはあなたに敗北宣言して欲しいのです。」

大統領は私の率直な意見に眉をひそめた。それから、答えを知っている男のように、彼は静かに「なぜ?」と尋ねました。

「よくわかりません」と私は言いました。「しかし、噂では彼らがいい子として振る舞って、あなたを政権から連れ出せるなら、いい次の仕事が待っていると聞きます。そして、そうしないと彼等は、適切な法律事務所からオファーを受け取ったり、適切なカントリークラブから招待状を受け取ったり、マンハッタンの社交パーティーに招待されたりすることはありません…」トランプは顔をしかめた。 そして私達は次のステップに進みました。

シドニーとフリンは、私たちの視点から大統領に物事を説明し始めました。簡単に言えば、彼はまだ理解していないようだが、彼がすでに持っている権限でこの国家危機を迅速に解決する方法があるのだ。 2018年に署名した大統領令と、2015年にオバマ大統領が署名した別の大統領令の元で、彼は選挙への外国の干渉の十分な証拠があることを「見つける」ことができ、そうすることで彼に解決法を実行する強力な権限が与えられるのだ。彼がしなければならなかったのは、1つの小さなことだけでした。連邦の部隊に指示して(我々は連邦保安官局と州兵を提案しました)、問題の6つの郡に行き、バックアップとして保存された紙の投票用紙を再集計(TVで生放送)します。数日しかかかりません。さらに決定的なのは、ハードドライブのディスクイメージをコピーし、それらのイメージを法廷で調査できる場合です(アントリム郡のディスクイメージの暗号解読で我々は経験を積んでいるため、今後何をすべきかが正確にわかっており、プロジェクトは1週間以内で終了できる)。どちらの場合でも、不正が見つからなかった場合、トランプ大統領は選挙の敗北宣言をするのが条件です。しかし、(私たちが推測したように)問題の6つの郡のそれぞれで数十万の不適切な投票の証拠が見つかった場合、彼にはさまざまな選択肢があります。彼はそれらの6つの郡を含む州で再集計してもいいでしょう。あるいは、軍が生放送中に50の州で最集計した場合、アメリカは遂に「私たちの国はどのくらいの不正選挙に汚染されてきたのか」という実態を知るでしょう。あるいは、それをスキップして、州兵にこれら6つの州で選挙を再実行させるかもしれません。 12月18日、私たちが持ってきた書類に彼が署名すれば、クリスマス前に第1段階(問題のある6つの郡を振り返る)を終えることができると指摘しました。そして、結果がそれらの州で選挙の再実行を要求するほどひどいものであったとしても、1月20日の憲法上の期限を尊守することが可能だった。彼が決めかねる時間が長ければ長いほど、急ぐ必要がでてくるでしょう。しかし、1月6日の結果がどうなるかを待って、私たちのような計画に従うことにした場合、それは「痛々しい敗北主義」の印象をあたえるため、彼は迅速に行動しなければなりませんでした。そうでなければ、アメリカ人の47%が懐疑をもった選挙を受け入れることで、それは平和的に収まることはではありませんでした。

「ねえ、パット」と彼は私に言いました(私を「パット」と呼ぶのは子供の頃の友達か、私の家族のような付き合いのある男性だけです)、「ほら…」彼は私の目をとらえて少しユーモアを披露しました。 「ご存知のとおり、私はこんな場所を離れることができ、私の人生は本当に…上等でしょう。家族や友達と一緒にゴルフをすることもできました…」私たちはお互いを見て、CEOや他の「リーダー」にしか起こらない瞬間を共有しました。人々はCEOたちの生活は魅力的だと思っていますが、多くの点で実際は不快です。私は少しフラッシュバックしました。ニューハンプシャーで24人の産業用トーチチップの会社を初めて経営したとき、私はヨーロッパへの販売旅行に行きました。何人かの素晴らしい同僚(エンジニア)と私は、スペインの造船所、ベルギーのクレーン製造業者のプラズママシンで数週間這い回り、ハンブルクの工場のドアをノックし、エッセンでの巨大な会議に出席して、自分の営業ブースを買う余裕がなかったので、名刺とベーグルを持って私たちと一緒に座って売り込みを聞いたが、次の四半期に給与を払うために大きな注文が必要だった。それから数週間後、私たちはニューハンプシャーに戻ってみると、私たちが王族のような豪遊をしてたように同僚に受け入れられました。 「ああスペイン!スペインはどうでしたか?ベルギー!ドイツ!…まあ、私はいつも旅行したかったのですが、どんな感じでしたか?」その時、そのような指導的立場にいることは、一般的に人々が考えるほど楽しくはないことを人々が理解していないことに気づきました。それは、自分の判断で人生が台無しになるかもしれない従業員(私の場合は数十人 、トランプの場合、何億人もの人々)の心配をせずに気楽に散歩できることを夢見てしまうような境遇なのです。私はトランプが笑っている理由を理解し、私は彼と一緒にうなずいて笑いました。私は彼がほのめかしていることを理解しました。彼は、個人的な(74歳の)観点から、ホワイトハウスを離れてフロリダに行き、ゴルフでもする生活が本当に魅力的だと考えていました。「それで、パット、1月20日に私はマリーンワンに歩いて乗り込み、本当に良い生活を送ることができました…。」彼は続けて、私に直接、そっと話しました。 "でもこれは?私がだまされたことを知って、彼らがこの選挙を不正に行ったことを知ってながら?どうすればそこから離れることができますか?」

それ以外は、大統領と一人で過ごした最初の30分間は、ほとんどが大統領、フリン、シドニーの間で行われたので、トランプ大統領を見て勉強する時間がたくさんあり、多くの方面で驚きを得ました。彼がシドニーが主張するような権限を持っているという法的理由に疑問を呈したとき、彼女は彼が2018年に署名した大統領令を取り出し、2015年にオバマが署名したものも説明しました:トランプは大統領令をすばやく流し読みして、適切な質問をし始めました。彼が署名する必要があることに関しても同様です。彼はシドニー(合法性に関して)とフリン(実行手順に関して)の両者に質問をしました。そして、彼は前の章でカバーされた外国の干渉に関する種類の情報を彼と話しました。私が見たのは、情報をすばやく取り込み、意思決定ツリーを計算するという鋭い経営者の心でした。私を印象づけるのは大変ですが、私が見たのは鋭い心の持ち主が仕事をしている姿でした。4年間だれからも聞いたことがなかったのには驚きました。

最後に、トランプは私たち3人を止めて見渡して、簡単に尋ねました。 「それで、あなた方の結論はなんですか?」私がフリンとシドニーで経験に裏打ちされて高度に組織化された規律あるアプローチと、トランプ選挙キャンペーンとルディ・ジュリアーニのまるで大学2年生の闘牛的アプローチとの違いを考えて、私は再び話しました。「大統領、私はあなたがこれらの選挙問題についてあなたの特別検察官をシドニー・パウエルに任命し、そしてフリン将軍を全努力を通してあなたの陸軍元帥にするべきだと思います。私はルディがあなたの弁護士であり友人であることを知っています、そして彼はこれにおいて大きな役割を果たすことができます。ルディはあなたに個人的にアドバイスするべきです、そして私たちは彼を当惑させる事は何もしたくありません。しかし、これについてはシドニーが法律面で指揮をとる必要があります。そして、本当に勝ちたいのなら、ここでフリン将軍を現場監督にしてください。もしそうなら、私はあなたのチャンスをおよそ50-75%と予想します。彼がこれをどれだけうまく計画しているかがわかるはずです。時計仕掛けのように動作します…」

大統領は私を振り払い、「いやいや、ルディでなければならない」と言った。

しばらくして(20〜30分)、3人の弁護士が一緒に現れました。彼らは自己紹介をせず、大統領執務室の後ろに群がって耳を傾けていた。さらに、マーク・メドウズと他の誰かが電話で私たちに加わった。結局、後ろの弁護士は彼らの不快感と不一致を明らかにするために物事をつぶやき始めました。最後に、トランプ大統領は、これが彼にとって聞いたことのない戦略だという意味のことをいい、なぜ誰も彼に行き詰まりを通る抜けるこのルートの話をしなかったのか疑問に思ったといいました。私はもう一度言いました。「大統領、CEOからCEOへいいます、あなたはホワイトハウスであなた自身のスタッフから十分なサービスを受けていません。私はあなたのホワイトハウスのスタッフと知り合いになりました、そして彼ら若手は上の方はあなたに敗北宣言させるように仕向けてると私に言いました。」

トランプはフリンとシドニーに何かを言い始めました、しかし彼はそれを中断し、私に向かっていいました。 "誰だ?"彼は怒っていて、「誰が私に敗北宣言して欲しいのですか?」と尋ねました。

私が彼に言っていることはとっくに常識だと思ったので、私は彼の怒りに驚いた。ホワイトハウスの約半分が彼に敗北宣言させる任務に参加していることはだれでも理解していると思っていました。それは私が繰り返し聞いた見方でした。 「大統領、あなたが驚いたことに私は驚いています…。あなたのホワイトハウスの上級スタッフは、どこでもこれを若手スタッフに伝えています。この仲間のパット・シポローニ[私が話しているときに私の後ろにいる弁護士を示し、どちらがシポローニであるかわからない]は11月4日から人々に「大統領に敗北宣言させるのを手伝ってください」と言っていると言われています。そしてここ数週間、マーク・メドウズはスタッフに「大統領を政権移行モードにするのを手伝ってください」と言ってきました。

トランプは、くすぶり始めたホワイトハウス顧問弁護士パット・シポローニに目を向けた。 「大統領、あなたは私がどれほど一生懸命働いているか、あなたは私が何時間と時間を費やしてきたかを知っています…」トランプは彼を直視し、顔は怒りで暗くなった。

「大統領」と私は続けました。「30分以内に、ホワイトハウス内から多くのスタッフから、パット・シポローニとマーク・メドウズの発言を引き出すことができます。この男は彼の歯を通してあなたに嘘をついています。彼らはあなたに負けて欲しいのです。」

私が正しかったことを知って、トランプは向きを変えた。彼は他の弁護士の一人を指して、「今日が彼の最後の日であることを知っていましたか?彼は月曜日から通りの上の法律事務所で仕事をしていて、私がここで彼に支払うことができる額の10倍の支払いを受けています。」彼は、「パット、私が自分のスタッフと戦っていなかったら、この4年間で何ができたのか想像できますか?」と物憂げに続けました。

シポローニと他の2人の弁護士は、大統領執務室の裏口へ急いで駆け出しました。彼らが控室に留まっているのが聴こえた。その間、大統領、シドニー、フリン、アリッサ、そして私はしばらくの間、プランの詳細をたどり、以前に言ったことのいくつかを確認しました。ある時点で、シドニーを補佐するその静かでかみそりのように鋭い女性弁護士であるアリッサは、いくつかの点の説明を引き継ぎ、大統領命令の側面を簡潔に説明し、明確にする必要があるものは何でも常に非常に正確に明確にしました。

10分後、3人の弁護士が部屋に戻り、今度は後ろではなく、4人の訪問者の左側に並んで立っていました。アリッサ、私、フリン、シドニーが半月の間に椅子に座っていました。レゾリュートデスクの正面。フリンは発せられた運用上の質問を引き続き受け、シドニーとアリッサはは発せられた法的質問を処理しました。 3人の男性弁護士は正面に近づき、それからまるで隠された合図のように、彼ら全員が愚痴を始めました。

最初は、州兵を使用することが正しくないというコメントでした。 「世間的がひどいです、大統領。」とある人は言いました。「それは国土安全保障DHSでなければならないでしょう。」選挙過程でアメリカ国民の信頼を再確立する必要があり、最も信頼できるアメリカの機関は軍服を着ている機関であるため、私は州兵を望みました。そもそも、州兵は地元にいて、彼らは私たちの周りにいて、私たちの同僚、私たちの「市民兵士」です。しかし、おそらく柔軟性の兆候として、フリンとシドニーは、州兵の代わりに国土安全保障DHSを使用することを許可しました。

「マスコミはあなたを引き裂くでしょう」と、会話のあるターンでパット・シポローニは予測しました。シドニーはフリンと私が両方とも考えていたことを言った:マスコミは彼を引き裂くつもりですか?本当に?今彼らは何をしていますか?

ある時点で、シポローニは「アメリカの歴史の中で、このような選挙への挑戦は一度もありませんでした!」と反対しました。フリンは、「アメリカの歴史の中で、カウントが何時間もシャットダウンされたり、外国人が私たちの機器に接続したりするなど、このような状況は一度もありませんでした…..」などと答えました。

「彼にはこれを行う権限がありません!」シポローニはやがて雷鳴を上げた。大統領令13848(およびオバマが署名した他の何か)を引用して、「もちろん彼は持っている」とシドニーが応戦しはじめ、「疑いもなく、彼には権威があります。」といい切った。アリッサは再びEO13848を取り出し、先ほど取り上げた関連言語を示しました。トランプは、「あなたはこれを私に知らせることさえなかった、パット」という表現でシポローニを見ました。彼はシポローニに言った、「ねえ、パット、少なくともシドニー達は私のために戦いたいと思っています。シポローニは私のために戦うことはありません。あなたは私にこれはできないあればできないとすべて不可能なことだけを教えてくれます。」

この時点で、シポローニは襟の下で熱くなっていました。大統領に声を上げて、「ねえ、これをやりたいのなら、私の許可は必要ない。ペンや紙も必要ありません。 「私はシドニー・パウエルをホワイトハウスの特別検察官として雇っています」と言うだけで、それは完了です。」しかしその後、彼は聞いていたすべてのものに対してさらに反対を続け、そのすべてが無理難題のように聞こえ続けました。軽薄ですら。

ホワイトハウスの法務顧問からのそのような軽薄な異議の半ダースの後、フリンと私はお互いにばかげた顔をしました。フリンは落ち着いて静かになり、彼の額は困惑した様子でした。最後に私は静かに部屋に言い放ちました:「これは私が今まで経験した中で最もシュールな会話です。」

その頃、アリッサは法的な点について話しました。彼は明らかに、問題のある6つの郡が選挙で十分な特殊性を持っていることを発見するのに十分な根拠を持っていました。 6つの郡。それは防御可能で合理的な行動でした(彼女は合法的に言った)。その後何が起こったかは、何が見つかったかによって決まります。しかし今、立ち上がっていた3人の男性弁護士が彼女に無礼に話し始めました。彼らは彼女に挑戦し、「あなたは法律について何を知っているというのですか?」のようなことを尋ねました。彼女は答えました。「まあ、私は弁護士です。私はシドニーの元で働いています、そして-」彼らは彼女を断ち切り、ばかげて鼻を鳴らしました。

フリンはサーファーが彼のボードに立ち上がるような優雅さ軽やかさで立ち上がり、私を驚かせた。彼はアリッサに向かって吠えている3人の弁護士と向き合った。彼は3人の弁護士に自制された口調で尋ねました。「ここで明確にしましょう。11月3日に何が起こったと思いますか?公正な選挙だったと思いますか?あなたの目には何も異常はありませんでしたか?」

三人の弁護士は見下ろし、つま先を土に突き刺し、目の隅からお互いをちらっと見たが、答えを出さなかった。

トランプ大統領は私を直接見て、優しく言いました。「パット、私の人生ではいつも最高の弁護士が助けてくれました。世界中から人々が私を呼んでいます。「これにはどの弁護士を使うべきですか?その上でどの弁護士を使うべきですか?」しかし、ここでは…。知っているでしょう、リベラル側はすべての規則を破ります、しかし私は…。?私の弁護士ときたら、「大統領、あなたはこれを行うことはできません、あなたはそれを行うことはできません…」と私に言うだけです。私が4年間一緒に働いてきたものがわかりますか?私が何を成し遂げることができたのか想像できますか……」彼は中断し、シポローニに目を向け、「私のダーラムの報告はどこにありますか?どこだ…。」そして彼の法的な失望をガタガタ鳴らし始めました。

2人の同僚の隣に立っていたシポローニは、まだ立ち上がったままフリンと大統領に向かって叫び始めました。まだ叫びながら、彼は私たちに向かって無礼に足を踏み入れ、後ろからアリッサの上に立った(そして不適切に近づいた)。それを知る前に、私はフリンと肩を並べて、主に大統領に戻って、シポローニがフリン、アリッサ、または私に向かってさらに1インチ移動した場合、握りこぶしを彼に埋めるつもりだったという精神的なトリガーを持っていました喉。

トランプ大統領は、「ねえねえねえ!」と言いました。私たちは皆向きを変えた。両手が落ち着くために私たちに手を振って、彼の顔に4分の1の笑顔と不信感を抱きながら、彼は「ねえ、落ち着いて…」と言いました。シポローニは再びドアを襲い、2人の同僚を引きずりました。彼が出かける前に、シドニーは言いました。「彼を行かせて。私がその仕事を引き受け、大統領が勝ちます。」トランプは彼の後に言った、「パット、行きなさい。去りなさい。私にとって、戻ってこないで構わない。」ドアが閉まると、トランプはそっと言いました。「ああ、そういう意味ではありません。パットは友達だし…」彼の声は途切れた。私は理解の夜明けでたじろいだ。

私は大統領と一緒にもう一度プランをひと押しした。 「繰り返しになりますが、ルディはあなたの友達です。彼は素晴らしいです。彼はアメリカの市長です。私はルディが大好きです、彼を当惑させたくありません。しかし、フリンとシドニーが如何に進捗しているかを確認する必要があります。それはとても組織的で、とてもよく計画されています-」再び彼は私を断ち切り、「いや、それはルディでなければならない…」と言った。心の中で私は落ち込んだ。

弁護士が戻ってきて、私たちの残りの人が話していることに介入する第3ラウンドがありました。軽薄なプッシュバックの第3ラウンドですが、今回は、トランプ大統領が自分のスタッフから押し返され(疲れたような方法で)、反対できるものをあら捜しされたのでした。再び、彼は私に何かをつぶやきました。「私がこれに我慢する必要がなかったならば、私がこの4年間を達成することができたであろうことを想像できますか?」最後に、トランプ大統領が、シドニーが提案していたそのような行動方針がシポローニによって調査されなかった理由を尋ねたとき、シポローニ弁護士は「私たちは選挙キャンペーンの弁護士ではありませんから」とだけ答えました。

私は彼がそれが答えになっているのかさえ知りませんでしたが、シポローニが「どうすればこれを止めることができるか?」ということしか頭にない純粋に妨害者であったことは痛々しいほど明白でした。

トランプはため息をつき、シポローニにうんざりして言いました。「数分前、あなたは私が言うだけでそれをすることができると言いました。えーと、OK。私は決めました、今私はそれを言っています。 「シドニーパウエルはここにホワイトハウス特別検察官に任命されます。」ほら、言ったよ。」

「彼女にはセキュリティクリアランスが必要です!」他の弁護士の一人が介入した。「彼女が許可を得るには数か月かかるでしょう!」

私でさえ、その異議がいかに軽薄であるかを知っていましたが、フリンは不信感を顕に答えました。 「大統領」とフリンは言った、「あなたはクリアランスでも同じことをすることができます。口頭で、その場で必要なクリアランスを与えることができます。」

悲しいことに、そして反抗的に、トランプ大統領は彼の3人の弁護士を見て、「私はここにシドニー・パウエルに極秘のセキュリティクリアランスを与えます」と言いました。

再び彼らは部屋から勢い良く出ていった。再び、大統領、シドニー、フリン、アリッサ、そして私の間で会話が続きました。そこで、今までとかなり違う感情的な反応をしていることに気づきました。本当の思いやりの瞬間があり、私は大統領のことを一人の人間として見つめました:74歳の男性は、彼が再選から押しのけられたことを知っていて、敗北感にひたり、彼のした誤りをのろい、何が起こったのかについて考えていました。私は彼の机の後ろへ行って、腕を彼の周りに置いて、彼に言いたかった、「はい、私はあなたが直面している状況を今理解しています。」

結局、トランプ大統領は、私たち全員が「イエローオーバル(黄色い楕円形オフィス)」の居住区で30分以内に会うと言いました(部屋はそう呼ばれていると思います)。その間、ルディがやって来て、私たちはルディとシドニーの間で物事を円滑にする方法を見つけなければなりませんでした。私たちが別れたとき、トランプは言った、「ねえ、200年の歴史で、たった今起こったような会議はおそらくこの部屋でなかったでしょう…」。彼が去るとき、彼はかき分けて私の前で立ち止まり、低く静かに話し、とても親切で意味のあることを言って、私が思っていたよりも私についてもっとよく知っていることを示しました。

数分後、シドニー、フリン、アリッサ、そして私は内閣室にいました。ルディを待っています。暗くて、点灯するランプをいくつか見つけなければなりませんでした。フリンと私は、シドニーとルディの間で会議がうまく行われるようにすることに熱心でした。そうすれば、誰もが楽しく一緒に仕事をすることができます。

10分後、ルディはネクタイを結び、入って来て、あまり不機嫌ではないように言いましたが、おそらく彼の夕食から邪魔された男の不機嫌さで、「ねえシドニー、私たちが一緒に働くならあなたは情報を共有しなければなりません。」私は彼の口調をあまりにも攻撃的だとは思わなかったが、おそらく関係の中で新しい葉をひっくり返そうとしたものだろう。

シドニーはすぐに彼に言いました。「私は情報を共有してるわ、ルディ。あなたは決して私のメールを読んだり、テキストを読まないじゃないの。」

「それは本当のではありません、シドニー!私を暗闇の中に閉じ込めるのをやめる必要があります-」

「ルディ私はあなたを暗闇の中に閉じ込めたりしません!あなたは-」

「シドニー、あなたはすべてを自分自身に留めるのをやめなければなりません!あなたが私と分かち合わなければ、私はあなたと一緒に働くことができません!」

すぐに会話は制御不能になりました。ちょっと会話が停滞した時、私は何か役に立つ話題を挿入しようとしました。 "ルディ市長、確かに私が到着して以来、私たちが渡したものはなんでも、「これをすぐにルディに渡してください」とシドニーはいつも言っていました。それは本当です。絶対に私たちが見つけたすべてのもの、彼女はあなたと共有するように私たちに言いました。彼女は私たちに何かについてあなたを暗闇の中に保つように頼んだことは一度もありませんでした。」しかし、これはうまくいきませんでした。ぎくしゃくしながら、私たちは皆ホワイトハウスの居住区に行きました。

大統領がそこにいて待っていて、私たちが入った後、3人の弁護士が再び加わった。ミドーズも加わりました。ウェイターは、シェアプレート付きの小さなボトルキャップサイズのスウェーデン風のミートボールのボウルを持ち出しました。トランプは、誰もが楽しめるように小さなテーブルに置くように指示したが、テーブルはちょうど私の前にあり、私はラッキーと感謝した。私は実際に時々、特に旅行するときに菜食主義者を維持しますが、大統領が祖母のレシピからミートボールを勧める機会ってどれくらいの頻度であるでしょう?そして、それは美味しかった。残りの会議では、ミートボールを食べているのは2人だけでした。私はポップコーンのようにミートボールを胃に落とし、時には大統領が立ち上がって私に近づき、小さなシェアプレートを補充しました。他に誰も手を付けなかった。

そこでの会議は、それらの2時間ちょっと続きました。とくに新しいことはありません。大統領執務室ですでに説明したプランについて、もう一度説明しました。トランプ大統領は断固として乗り気で、もう他の誰も反対しませんでした。代わりに、彼らはそのようなことがどのように行われるべきかについて不機嫌な様子でいくつかの質問をしました、そしてフリンまたはシドニーは説明しました。最後に、午前12時15分頃、私たちは皆、疲労し始めて、お開きにしました。大統領が別れを告げるまで、私たちはホールの外を歩いて待っていました。私たちはそれぞれ彼と会話をもちました、そして再び彼は私に意味のあるそしてとても親切なことを言いました。でも、みんな疲れ果てて、会議が終わってよかったと思います。

夕方や議論のどの部分においても、戒厳令や反乱法などの言及はなかったことを強調したいと思います。そうでない主張はすべて嘘であり、(複数の情報源によると)パット・シポローニが定期的にNYTのマギー・ハバーマンにリークして噂が広められています。ホワイトハウスに関するハーバーマンの寄稿の大雑把なレビューでさえ、(シポローニに心臓発作を引き起こしますが)、その主張を支持するでしょう。

数分後、アリッサ、シドニー、フリン、そして私はホワイトハウスの前の歩道を歩いていましたが、まだ暗闇の中で小雪が降っていました。メドウズとルディが別の入り口を出て、一緒に西に歩いていくのを見ました。私たち4人は東に向かって歩き、大喜びしました。シドニー・パウエルがホワイトハウスの特別検察官に就任し、フリン(外部からでも)が組織的なスキルとDCに関する彼の幅広い専門知識を提供してくれたので、私たちは良好な状態でした。私たちは皆、成功の可能性を高く評価しました。雪が降る中で家に帰ると、お互いに打ち明けました。私にとって、これはトランプのことではありません。しかし、不正選挙を支持することはできません。もしそうなら、それは内戦、そして中国による我が国の乗っ取りさえも意味するかもしれません。私たちがする必要があるのは、この計画に従い、投票用紙をチェックして、これら6つの郡で何が起こったかを明らかにすることです。何も問題がなければ、トランプはヘリコプターに乗って出発し、内戦はありません。しかし、もし私たちがごまかしを見つければ、それはこの不正計画を暴く機会を与えるでしょう。米国の選挙でどれほどの詐欺が発生するか誰が知っていますか?私は「たくさん」と思いますが、あなたはどう思いますか?アヴェ・マリアが投げられてエンディゾーンで捕まえられたように、私たちは会議での成功に興奮して行きました。数ブロック後、私たちは雪の中に長い間忘れられていたSUVを見つけ、私たちは乗り込み、そして彼は私たちをホテルまでの残りの道を運転しました。数週間で初めていい眠りを得ました。

次の日、土曜日、シドニーはメドウズに電話し、「私はホワイトハウスの特別検察官になったので、事務所が必要になるでしょう」と言いました。

メドウズは彼女に言った、「ええ、私たちはそれを調査しています。いまは何も用意できてませんが、すぐに見つけます…」

「それなら、ホワイトハウスのIDバッチが必要です、毎日行き来するために」とシドニーは答えました。

「ええ、私たちもそれに取り組んでいます。ただ問題があるかもしれません。現在、調べています…」とメドウズは言いました。

私たちは皆ひどい沈没感を持っていました、そして月曜日か火曜日までに、私たちはシドニーの「ホワイトハウス特別検察官」の立場が実現しないであろうことを知りました。私たちがホワイトハウスで非常に広範囲に議論した計画は、クリスマス前にゴーサインを得た計画、それは、見つかった証拠に応じて、平和的な政権交代を実現するか、もしくはより広範な連邦政府の調査を正当化して、徹底的に投票結果の真相を突き止めるか)、そういう計画は、どういう訳か中止されました。

代わりに、ルディは州レベルの法廷での争いとホテルの部屋で行う非公式の重議会の公聴会を通して彼の主張を広げる争いを続けるつもりでした…。

(訳者つぶやき: あまりに長いので機械翻訳を手直しする方針でやりました。最低意味は通じるまでは直せたと思いますが、ちょっと味気ないですね。)

« パトリック・バーン氏連載:第二章 選挙に海外勢力の介入はあったのか?(翻訳記事) | トップページ | パトリック・バーン氏連載:第四章 意気消沈のクリスマス (12/23-1/6正午)(翻訳記事) »

MAGA」カテゴリの記事

コメント

感想ありがとうございまーす。
パトリック氏やフリン氏のコメントはあくまで表の情報です。フリン自身の言葉でも敵に作戦をしらせるような情報は出さないべきだというようなインタビューがありますし、出せる情報をギリギリで出してくれているのでしょう。

軍の関与は私のツイートにもしたんですが、3つ目のアカウントも消えてしまったので見れませんが、基本はFEMAという非常事態宣言中に働く軍が連邦予算を握る法案が去年民主党から出されて通過して、今年1月1日から施行になりましたので、連邦予算の配分をしているのがFEMAだろうと思います。

軍がクーデターをしたとかではないですが、合法的に手綱を握っているというのが現状なのかなと思いますよ。

はじめまして。twitterから流れてこちらのブログを知りました。
自分が知りたかった情報と考察にあふれていてとても感激しています。

パトリック氏の記事の更新と合わせるようにフリン氏のインタビューが公開されましたね。どちらも軍事オプションについては否定していますし、法廷戦術がうまく行かなかったというストーリーで一致していますね。
でもそれは表立っての、あくまでたてまえだろうと思っています。裁判所なども今更動き出しましたし後ろで何かが動いていないとは考えられないです。

とはいえ、こうやって軍事オプションは動いてませんよ、とわざわざ表でいっているということは、まだまだ裏で軍隊を使ってやらないといけないことがたくさんある、進んでるけど終わってない、ということなのかなと思います。

これからも記事を楽しみにしてます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パトリック・バーン氏連載:第二章 選挙に海外勢力の介入はあったのか?(翻訳記事) | トップページ | パトリック・バーン氏連載:第四章 意気消沈のクリスマス (12/23-1/6正午)(翻訳記事) »

しろののツイッタータイムライン(凍結中)

オススメたち

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

はてブ

無料ブログはココログ