カテゴリー「グルメ・クッキング」の9件の記事

2017年1月27日 (金)

アメリカでハマったコテコテのブルーチーズディップソースを作ってみる。

あまりにも更新していないので、小ネタを放出。というか、例によって自分用覚書。

アメリカにお住いの方や、出張が多い方はご存じでしょうけど、、ドミノ・ピザにはピザの付け合せとしてチキンウィングも売っている。

これについてくるソースにはブルーチーズのディップか、ガーリックソースか選べるんだったと思うけど、どっちもいかにもなアメリカの食い物的にコテコテに脂っこいし、またそれがうまい。たまに衝動的に食べたくなる。

上の写真はガーリックソースの方。ドミノ・ピザのものは見つからなかったので、適当にFlickerで見つけた画像を貼っておく。

Buffalo Wild Wings Boneless Wings & Fries

一応スーパーなんかに行くと、冷凍のチキンウィングは買えるので、あとはこのディップソースを作れれば、あのドミノ・ピザのウィングが再現できるかも!と胸が高鳴りつつ、なんどかやってみた結果、わりと良い物がかんたんに作れることが判明。しかし、毎回適当にググって見つけたレシピに頼るので出来にばらつきがある。

一番最近つかったこのバッファロー・ウイングのレシピが一番うまい気がするので覚書。

BLUE CHEESE DIP 1/2 cup sour cream 1/4 cup mayonnaise 1 small clove garlic, minced 1 tablespoon fresh lemon juice 1-2 tablespoons milk 4 ounces blue cheese, crumbled Kosher or sea salt, to taste Fresh cracked black pepper, to taste

レシピのままだと多すぎるので、比率を参考に必要分だけ作ればOK。

1 cupは236 mlで4 ozは118 mlなので

サワークリームとマヨネーズとブルーチーズを、2:1:2の割合で混ぜればいい。

私は二人前として5 ozのブルーチーズを買って、その半量をつかったので、サワークリーム75 gとマヨネーズ38 gとブルーチーズ75 gくらい。

それに牛乳を適当に小さじ1-2杯入れて伸ばす。にんにくを一欠片、すったりみじん切りして加えて、レモン汁を適当に小さじ1杯くらいいれ、塩コショウで味をみる。コショウは黒胡椒ではなく白が良い。

サワークリームがなければクリームチーズでも。ブルーチーズの代わりにゴーゴンゾーラでも。

結構再現できていて嬉しい。。

2016年9月19日 (月)

マジスパのカレーの素でらっきょっぽいスープカレーを再現。

東京に住んでいれば、下北沢までいってマジスパの美味しいスープカレーを頂くことも可能な今日このごろ。私のように海外にいるとスープカレーなんて夢のまた夢でしたが、いまはアマゾンでこんな便利なスープカレーの素がうっているのですね。

この商品を輸入してなんどか作ってみましたが、いまいち札幌で食べれる本物とは違う味というか、レシピ通りにつくると薄味すぎて残念な感じで、味はどっちかというと、らっきょの和風なスープカレーに近いと思います。

私はらっきょもかなり好きなので、オクラをいれて、らっきょとマジスパの間の子のような美味しい札幌カレーをねらって、数回試行錯誤して落ち着いたレシピを紹介します。

材料

(4人前)

  • 肉             お好みの種類・分量で。 例: 鳥肉300g
  • にんじん         大きいの一本。
  • 玉ねぎ          大きめ3つ。
  • おくら           ひとパック 10-15本くらい
  • ピーマン         大きいの1つか小さなの2-3つ。
  • マジックスパイススープカレーの素 2箱 (レシピ通りだと薄味なので2箱投入します。)
  • 鶏がらスープの素   1キューブ (顆粒なら大さじ3/4くらい)。マジスパのカレーの素もブイヨンみたいなものだが、薄味なので鶏がらスープで安く補強する。
  • 水             450mlから野菜からの水分を見ながら600mlを目指して必要におうじて足す。
  • オリーブオイル     大さじ2

作り方

  1. 玉ねぎを2つみじん切り。のこりの野菜は一口サイズ。オクラはながく斜めに半分に切る。玉ねぎのみじん切りからも野菜のふんだんにダシがでて、味が変わるので、他の野菜はなくとも玉ねぎだけは絶対に外してはいけない。たっぷり2つやっとけば効果が明らか。
  2. フライパンにオリーブオイルを熱して、玉ねぎを炒める。
  3. 玉ねぎに軽く火が通ったら、肉を炒める。
  4. 水を450mlと鶏がらスープの素を入れて、オクラ以外の野菜全部を10分煮る。
  5. オクラとマジスパのカレーの素2つを投入。5分程度火を入れる。箱には「あとで入れる」と書いてある特性ペーストもここで投入。特製スパイスミックスは2箱から計4つあるが、一つだけいれると私にはちょうどよい。
  6. 味をみて、水を追加。スープカレーは具よりもスープが命なので、濃厚なスープをたっぷり味わいたい。そのために鶏がらスープとカレーの素を2箱投入しているので、味が薄くならない程度まで入れていく。全体で水600mlが目安だが野菜からも水分があるので味を見ながら。

オクラは煮すぎると柔らかくなりすぎて歯ごたえがなくなるので最後に入れています。らっきょみたいに焼き海苔をラーメンにいれる感じで添えても良いと思います。とにかく二箱つかって倍量であとはレシピどうりにやるだけでかなり本物に近づきますが、これだと微調整が難しいので鶏がらスープで微調整するという発想です。

あとは玉ねぎのダシ。これは普通の日本のカレーでも応用の効く技で、私は絶対に欠かしません。鶏がらスープも同様に日本のカレールーを補う感じで使うとワンランクアップしたカレーになります。私はSBの中辛と熟カレーの辛口を半分づつ混ぜて、鶏がらスープ+玉ねぎみじん切りで野菜だしブーストしたカレーを普段作りますが、今回のレシピもそのまま応用しただけです。

かんたんな工夫ですが、効果は絶大ですので、ぜひお試しください。

2016年8月22日 (月)

抹茶アイスを作ってみる。

Homemade green tea ice cream

海外にいると抹茶アイスがなかなか売ってないので、寿司レストランにいって頼んだりとか割高感が異様にある。ハーゲンダッツにあるらしいが、見たこと無い。。

アイスは輸入難しそうなので作ってみるのが一番良いのかもしれないとやってみた。

Cpicon なめらか抹茶アイス*卵不使用です by まりも1016

はじめは大体このクックパッドにあった卵を使わないレシピの通り作ってみた。

生クリームだけ、ホイップクリームの缶のやつが冷蔵庫にあったのでこれで代用してみた。

こういうやつ。

だたこれ、甘くしてあるのでクリームからの砂糖の分をレシピのグラニュー糖から適当に引かないと甘すぎてしまう罠があって最初に作ったのは美味しかったが甘すぎた。

あとこのレシピは抹茶パウダーがかなり多めで、ちょっと市販の抹茶アイスよりもかなり濃厚な味だったし、抹茶パウダーは高いので節約したいところ。

あと、レシピは4人分とあるが、個人的には2人分くらいかなと思うので分量を増やしたいところ。

あと、溶かすときに、最後に入れる抹茶パウダーが溶けにくく、ダマになって非常に面倒だった。レシピの下の方に先にグラニュー糖と粉を混ぜると溶けやすいとあった。

レシピ

分量も適当に修正して、手順も簡単に溶けやすいように考えて、二回目はこういうレシピになった。

① 牛乳 150 ml

を弱火の鍋で温める。

② グラニュー糖 30 g コーンスターチ 10 g 抹茶パウダー 7 g

をボールで混ぜて、温まった牛乳にドバっといれる。

③ コーンスターチからとろみがでてくるまでひたすら混ぜる。7-10分くらいか。

④ さっきのボールに戻して、ホイップクリームの缶 40 gから60 g程度加えて混ぜる。缶を電子秤で重さを測って最初300グラムだったら260グラムに成るようにすると簡単。40 gくらいは最低必要だが、ちょっと固めにできる。柔らかいくて、なめらかなのが良ければグラニュー糖とホイップクリームを増やす。

⑤ 3時間くらい冷蔵庫にいれて完成。

うまい。かなり売れそうなクオリティ。最初のバージョンよりも滑らかさが減ったかな。グラニュー糖をだいぶ減らしたせいもあるが、甘さは調度良くなったし、これは増やしたくないので、ホイップクリームを40から10-20 gくらい増量してもいいかもしれない。次はそうしてみる。

卵使わないので気軽につくれて良いレシピ。ホイップクリーム缶は冷蔵庫でかなり持つので勝っておいて損はないし、生クリームってちゃんとやると面倒だと思うのでオススメ。

2014年1月20日 (月)

野菜たっぷりチーズ入りオムライス

またも料理ネタ。美味しかったので忘れないように変更点をメモです。

余って硬くなってきたご飯があったのでチャーハンかなとおもったが、結局オムライスになった。つくレポが多いこちらのレシピを参考に作った。

Cpicon 簡単に卵が巻け中はふわふわなオムライス♪ by よっこんこん♪

ご飯を減らして野菜たっぷりにしたかったのでキャベツを使ってみました。ピーマンも入れればよかったかな。

2-3人前

玉ねぎ一個、キャベツを1/4ほど大きめにみじん切り。
気持ち大きめにすると歯ごたえがよかった。
オリーブオイルで炒める。

ハムを同じくらいの大きさで切って追加して一緒に炒める。

お茶碗2杯程度のご飯。一度冷蔵庫にいれてパサパサに
しておいたのを、しゃもじでバラバラにほぐしてから投入すると
味付け・調理が楽。

粉末のコンソメ 大さじ1
塩 少々
醤油 一周
ケチャップ 2.5周
バター お好み量(1cm x 3cm x 4cmくらい使った。)

で味付けして取り出す。

卵2つ溶いて、バターで焼く。
半熟のうちにスライスチーズを手でちぎってまばらに乗せる。

あとは巻いて出来上がり。

秘伝1 ちなみに粉末になったコンソメはとーーーーーーーーーーーーっても便利で、どんな料理にも使ってしまいます。おすすめはカレー。野菜を煮込む段階で大さじ1-2程度、ドバっとコンソメを追加して、あとは熟カレーとS&Bのカレーを半分つづ使って普通に作るだけでコクが2レベルくらいアップする。

粉末コンソメはこんなおっきなのを買っておくと便利です。固まりやすいので湿気に気を付けましょう。

秘伝2 スライスチーズは普通ので大丈夫。これをスクランブルエッグとかに応用するとこれがスライスチーズなのか!というくらい味が変わって美味しい。日持ちがするのでスライスチーズは常備品。

2014年1月17日 (金)

健康な食事ランキングがひどい件。

"【調査/国際】「健康な食事」世界1位はオランダ、日本は21位 : ダイエット速報@2ちゃんねる"

このオックスファムというNGOがどんな所か、知りませんが書かれている基準に毎日チーズかヨーグルトを食べていることが健康な食事の定義らしい。無糖ヨーグルトなら納得だが、チーズって。。。毎朝納豆食べてる日本人は悪くないとおもうが。

あとはフルーツも毎日食べることが重要と有るが、これには納得。外国に住むとヨーロッパもアメリカもリンゴ、オレンジ、ぶどう、ブルーベリーなどなど果物はとっても安いことに気が付く。日本の果物は非常に高い。毎日食べるには高すぎて日本人はあまり食べてない。多分これが大きく響いたいと思う。自由化して、南米とか中国から安い果物バンバン輸入すればいいだけ。国内農業は打撃かもしれないが、ほんとに質の良い果物なら高く輸出できるのでは。

あとは塩分取りすぎなのは有名。日本の食生活に改善点はある。

しかし、それでもまだ世界有数の長寿なので日本の食生活が「不健康な食事」だとは思えない。

例えば、順位の高い2位のスイスは収入がえらい高いので果物や特産品のチーズが安く買えるので評価されているだけだと思う。

チーズってほんとに健康に良いのか疑問。塩分多いし、脂肪も半端ない。で、日本人には無理なくらい大量に食べる。太って当然だろう。肥満は万病の元だ。

日本発のランキングが見てみたいと思った。

2014年1月16日 (木)

肉じゃがまいう

久しぶりのお料理ネタ! 正月太りなのでご飯抜きでもいけそうなものということで、じゃがいもはご飯よりは炭水化物が少ないので肉じゃがを大量に作ってみた。

簡単なのでよく作る肉じゃが。レシピはいつもグーグルで検索して適当に作るので、いつも違うレシピ。大抵クックパッドのレシピになるが、今までのはどれもいまいちな感じだったが、Eレシピというサイトで見つけた肉じゃがレシピを参考にしたら結構うまくできちゃったので覚書。

D29a51ec714c145639409499a613eb5d1

しかし、ちょっと分量が変な気がする。沢山作りたかったので野菜を二倍つかったけども、だし汁はレシピ通りなら1リットルになるけど、600mlで十分だったし、調味料も塩抜きで、酒・醤油をレシピの半分、みりん・砂糖は1/4にしたけど調度良かった。肉も牛肉なかったので鶏ムネにしちゃった。

4人前

鶏ムネ・200g
ジャガイモ・6個
玉ネギ・3個
ニンジン・1本
糸コンニャク(小)・1袋
グリンピース(冷凍)・大さじ2

サラダ油・大さじ2
だし汁・600ml

<調味料>
  酒・大さじ2
  みりん・大さじ1
  砂糖・大さじ1
  しょうゆ・大さじ2

2013年3月31日 (日)

不二精機株式会社のパスタレシピがものすごく本気な件

Pasta

不二精機株式会社というおにぎりマシンとかパスタマシンとか作っているメーカーのホームページにある、パスタレシピが、やたら気合が入っている。

今月の一品は、菜の花でもって季節感をだして、「菜の花とガーリックのペペロンチーノ」だ。きっと機械を買ってくれたレストランのオーナー向けなんだろうなぁ。レシピに「不二パスタマシンMPM-2500で作る場合の麺の分量」:デュラムセモリナ粉:1kg 水:270g ダイス:リングイネとかあって面白い。

他のレシピも美味しそうで、フツーに参考になる。ちなみにペペロンチーノって、家庭でも意外に簡単につくれて、具があまり乗ってなくても形になるので、最近のお気に入りでよく作っております。

2013年2月16日 (土)

芽キャベツのにんにくレモン炒め

Brussel_sprout

レシピ第二弾。今日は芽キャベツのにんにくレモン炒めです。

苦くて美味しい芽キャベツが無性に食べたくなったので買ってみたものの、どう料理していいかわからなかったのでbrussels sprouts recipeで検索してでてきたこのおっさんのYouTubeビデオをみて、真似して作ってみました。

まずはこのクセのある面白いおっさんのビデオを紹介。

最後のほうで、I'm just a middle age guy trying not to have a heart attackとかなんとかいっているので、料理人とかじゃなく本当にただのおっさんみたいですが、にんにくとレモンで炒めるあたりなかなか面白いレシピです。

では、レシピを簡単に翻訳。

  • 500グラムの芽キャベツを洗って、半分に切ってさらに半分に切る。
  • オリーブオイルを熱して強火で4-5分炒める。
  • 中火にしてグリーンオニオン2-3本か玉ねぎ半分をみじん切りしたものを加える。
  • にんにくのみじん切りを加える。
  • 塩コショウする。
  • 水をカップ2分の1(120ml)加えて蓋をする
  • 4分まって、レモン汁をこれでもかと加えて出来上がり。
  • Cooked

    大体予想できる味。うまい。野菜だけなのに非常に満足感が高い。芽キャベツの苦みとレモンとにんにくがいい感じです。塩は結構入れたほうがいいな。

    2013年2月 4日 (月)

    香菜とトマトの野菜炒飯

    前通っていた台湾料理の店でvegetable fried riceを頼むとシャンツァイとトマトが入った野菜炒飯が出てきて非常に美味かった。海外の中華料理屋にはよくあることだけど、いいコックは引きぬかれて給料のいいところに行ってしまうので、一年くらいで同じメニュー・材料なのにベチョベチョでまずくなったのは悲しかった。でも、シャンツァイと炒飯って合うんだなぁ。トマトの酸味も意外に合う。

    もちろんレシピがわからないので適当にこのレシピを参考に酢を入れた酸辣炒飯というのにアレンジしながらやってみたら好評だったので、覚書。

    上のレシピでは塩とコショウ、酢、ぐらいしか調味料がなくて、塩がたりなかったのか味がいまいちだったので味の素の中華料理の素でごまかした。

    二人前

    ジャスミンライスを一合炊く。

    その間、玉ねぎ一個みじん切りしてハムとか肉と一緒に炒めて取り避けておく。

    シャンツァイ、ニラを適当に切り、レタスは適当にちぎって洗ってザルに避ける。

    炊き上がったら、フライパン温めてオリーブオイル投入。大さじ一杯くらいか。

    ご飯をかき混ぜて気持ち冷ましてから、溶き卵一個をなじませてからフライパンへ投入。(卵先だとタイミングが命なので、ヘタレなので失敗しないように先に混ぜる)

    ある程度炒めたら塩、コショウをたくさんと中華だしちょっといれて下味つける。

    玉ねぎ以外の野菜投入。

    避けた玉ねぎ投入。

    トマト一個を2cm角以下でダイス状にきって投入。温めてなじます程度でおけ。

    酢大さじ一杯投入。味をみて、塩、醤油(一周)、ナンプラー(多量投入した)、白コショウで調整。香りづけにゴマ油一周。

    完成。

    初めていれたけど酢が結構いける。トマトの酸味にも合う。シャンツァイまいう。

    冷蔵庫にあったのでレタスを使ったけど、中国人はレタスをよく炒める。日本人ならキャベツだろというところでレタス。歯ごたえないじゃんと思うけど気にしないらしい。

    広告欄


    やっつけタイムライン

    広告欄

    はてブ

    人目の訪問です。

    • follow us in feedly

      かなり更新が不定期なため、RSSリーダーをオススメします。現在Feedlyに122人登録頂いています。多謝!RSSを表示

      ブログランキング用 にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ ブログランキングならblogram






      Jenny Mayhem
    2017年9月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    IT技術注目記事

    無料ブログはココログ